家庭菜園の基礎知識

スポンサーリンク

各種野菜は、それぞれに合った方法で育てることが大切です。

しかし、種まき、苗の植えつけ、石灰の知識、肥料の知識、さらには病気や害虫の防除など、多くの野菜に共通する作業もあります。

ここでは、野菜づくりを行うにあたって、知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめました。

基本をしっかりマスターできれば、誰でもおいしい野菜が収穫できます!

作付け計画
作付け計画
楽しい家庭菜園にするためには、菜園をいくつかのブロックに分け、育てる野菜をローテーションさせることが大切です。そのためには、畑の条件、作りたい野菜の栽培難易度を知り、量、時期、育てる場所などを考え、計画を立てます。

詳しく見る

土づくり
土づくり
野菜づくりは土づくりから、といわれるほど、土は野菜づくりの基本です。よい土をつくることが、野菜を健康に育て、おいしい野菜の収穫につながるのです。最初に土づくりをしっかりやっておくと、その後の作業が楽になります。

詳しく見る

畑の土の性質・種類
畑の土の性質・種類
畑の土にはいろいろな種類があり、それぞれ性質が異なります。土によって通気性、保水性、排水性が違います。畑の土が砂質なのか、粘土質なのか、それとも中間なのか、土の性質を知ることからはじめましょう。

詳しく見る

連作障害と輪作
連作障害と輪作
家庭菜園は、連作障害といって、同じ場所で同じ科の野菜ばかりを続けてつくっていると、土壌病害が出やすくなります。同じ科の野菜を続けてつくる連作を避け、いくつかの科の野菜を順にローテーションする輪作が基本です。

詳しく見る

害虫と対策
害虫と対策
おいしい野菜は虫たちも大好きで、家庭菜園をしているとたくさんの虫が発生して悩まされます。それぞれ好む野菜や発生時期、食害する部分などが決まっているので、習性を知れば適切な防除を行うことができます。

詳しく見る

病気と対策
病気と対策
野菜は病気に一度かかると、症状が確実に進行し、ひどい場合には枯れてしまうこともあります。こまめに野菜の状態をチェックして、早めの対処で被害が広がるのを防ぎましょう。

詳しく見る

道具
道具
ホームセンターや農協の売り場に行くと、たくさんの種類の道具が並んでいて、どれを選んだらよいか迷ってしまうことと思います。道具は、いろいろあるに越したことはありませんが、必要なものから少しずつそろえてきましょう。

詳しく見る

スポンサーリンク