家庭菜園の基礎知識

スポンサーリンク

各種野菜は、それぞれに合った方法で育てることが大切です。

しかし、種まき、苗の植えつけ、石灰の知識、肥料の知識、さらには病気や害虫の防除など、多くの野菜に共通する作業もあります。

ここでは、野菜づくりを行うにあたって、知っておいたほうがよい基礎知識についてまとめました。

基本をしっかりマスターできれば、誰でもおいしい野菜が収穫できます!

作付け計画
作付け計画
楽しい家庭菜園にするためには、菜園をいくつかのブロックに分け、育てる野菜をローテーションさせることが大切です。そのためには、畑の条件、作りたい野菜の栽培難易度を知り、量、時期、育てる場所などを考え、計画を立てます。

詳しく見る

土づくり
土づくり
野菜づくりは土づくりから、といわれるほど、土は野菜づくりの基本です。よい土をつくることが、野菜を健康に育て、おいしい野菜の収穫につながるのです。最初に土づくりをしっかりやっておくと、その後の作業が楽になります。

詳しく見る

土の性質・種類
土の性質・種類
畑の土にはいろいろな種類があり、それぞれ性質が異なります。土によって通気性、保水性、排水性が違います。畑の土が砂質なのか、粘土質なのか、それとも中間なのか、土の性質を知ることからはじめましょう。

詳しく見る

連作障害と輪作
連作障害と輪作
家庭菜園は、連作障害といって、同じ場所で同じ科の野菜ばかりを続けてつくっていると、土壌病害が出やすくなります。同じ科の野菜を続けてつくる連作を避け、いくつかの科の野菜を順にローテーションする輪作が基本です。

詳しく見る

道具
道具
ホームセンターや農協の売り場に行くと、たくさんの種類の道具が並んでいて、どれを選んだらよいか迷ってしまうことと思います。道具は、いろいろあるに越したことはありませんが、必要なものから少しずつそろえてきましょう。

詳しく見る

資材
資材
資材を活用することで、虫から野菜を守る、保温する、雑草を抑制するなどの効果が上がり、野菜づくりの幅がぐんと広がります。

詳しく見る

栽培適期
栽培適期
野菜には、それぞれ栽培に適した時期というものがあります。さらに同じ野菜でも、品種によって栽培の時期が異なることもあります。かならず栽培に適した時期に栽培するようにしましょう。

詳しく見る

野菜の栽培時期・期間
野菜の栽培時期・期間
野菜の栽培に適した時期というのは、種類によって異なります。収穫までにかかる期間や難易度も様々です。野菜の栽培時期・期間の基本について解説しています。

詳しく見る

品種の性質
品種の性質
「思うように野菜が育たない」と悩んでませんか?その原因は、作物や品種の性質かもしれません。種や苗を買うとき、作物や品種の性質を気にしてますか?

詳しく見る

種や苗の入手方法
種や苗の入手方法
野菜の種や苗は、近くのホームセンターや園芸店などで購入するのが普通ですが、ネットの通信這売でも購入することができます。

詳しく見る

農具の使い方
農具の使い方
家庭菜園をはじめるには農具の使い方を覚えましょう。農具を使うにはそれぞれコツがあります。基本的な農具の役割や使い方を紹介します。

詳しく見る

畑の準備
畑の準備
家庭菜園でおいしい野菜をたくさん収穫するためには、野菜がすくすく育つ環境をつくることが大切です。野菜づくりをはじめる前に、畑の準備を念入りに行います。よい環境であれば、野菜は健康で元気よく育ってくれます。

詳しく見る

耕し方
耕し方
野菜を栽培するうえで基本になるのが、通気性と保水性の良い土づくりです。まずは耕して柔らかい土にすることから始めましょう。良い土を作るための第一歩である、畑の耕し方を解説します。

詳しく見る

土壌酸度
土壌酸度
酸性土になると土の成分のアルミニウムが活性化してアルミニウムイオンになりやすく、根を痛めます。また、リン酸と結合してリン酸アルミニウムとなって根がリン酸を吸収できず、リン酸欠乏症になる恐れがあります。

詳しく見る

肥料の種類
肥料の種類
植物体を構成する元素は多く、なかでも多く必要とするのが、炭素、酸素、水素、窒素、リン酸、カリです。炭素、酸素、水素は空気と水から取り込めますが、窒素、リン酸、カリの3元素は補給が必要です。

詳しく見る

肥料の与え方
肥料の与え方
肥料が不足すると、野菜の生育が悪くなり、実が小さくなってしまったり、枯れてしまうこともあります。だからといって肥料をたくさん施すのもダメです。肥料はたくさん与えればよいというものではなく、適した量をタイミングよく与えることが大切です。

詳しく見る

畝の種類と役割
畝の種類と役割
種をまいて野菜を育てるには、野菜が生育しやすいように畝を作る必要があります。これを疎かにすると、野菜の生育に悪影響を及ぼすことになります。

詳しく見る

畝の立て方
畝の立て方
農家さんがクワで畝を立てているところを見れば「なんだ簡単じゃないか」と思われるかもしれません。しかし、実際にやってみると、意外に難しいものです。いざやってみて「どうだったっけ」と思うことのないように、最低限のポイントは押さえておきましょう。

詳しく見る

マルチの種類と効果
マルチの種類と効果
土の表面を有機物やポリエチレンフィルムなどで覆うことを総称してマルチと呼びます。マルチには優れた効果が沢山あり、種類や色を季節や用途に応じて使い分けることで、地温の上昇をコントロールできるようになります。

詳しく見る

マルチの張り方
マルチの張り方
強風でマルチが剥がれて暴れてしまい、野菜を傷つけているのを見ることがあります。また、風で飛ばされたマルチが、周辺に迷惑をかけることもあります。そうならないためにも、マルチフィルムを地面にしっかりと固定することが重要です。

詳しく見る

種の選び方
種の選び方
野菜の種は、様々なメーカーから、多数の品種の種が出ています。品種ごとに良い特徴があり、どの品種が絶対的に一番良いということはありません。また、季節によって品種を変えることもあります。園芸店やホームセンターには多くの品種が並んでおり、どれを買えば良いだろうか?

詳しく見る

苗の選び方
苗の選び方
良い苗とはどういった苗だろうか?園芸店やホームセンターに並んだ苗から、良い苗を見分けるポイントを解説します。

詳しく見る

接ぎ木苗とは
接ぎ木苗とは
植物には2本の枝を強く隣接していると、互いに癒着して1本の枝になるという性質があります。この性質を利用して、人工的に枝をつないで、よい実を成らせる方法が接ぎ木です。

詳しく見る

苗の作り方
苗の作り方
野菜の種を畑にまいて育てるよりも、苗を作って畑に植えつけた方が、畑を効率よく利用できます。しかも、苗を自分で作った方が経済的な場合が多く、なによりも収穫の時の喜びはひとしおです。

詳しく見る

セル苗の作り方
セル苗の作り方
仕切られた小さい穴の並んだ容器をセルトレイといって、そのトレイで育てた苗のことをセル苗(セル成型苗)と呼びます。少ないスペースで苗を作ることができ、用土が少なくてすむなど、コスト面での大きいメリットがあります

詳しく見る

ポット苗の作り方
ポット苗の作り方
軟質プラスチックの鉢をポリポット(またはビニールポット)といって、そのポットで育てた苗のことをポット苗と呼びます。セルトレイと比べて、水切れや肥料切れを起こしにくいなど、苗の育てやすさでのメリットがあります。

詳しく見る

種のまき方
種のまき方
野菜の種をまく瞬間は、大人になってもワクワクするものです。けれども、「せっかく種をまいたのに芽が出ない」では、たまったものではありません。 できるだけ、発芽からその後の生育へとスムーズに進むためにも、基本的な種まきの仕方をしっかり覚えましょう。

詳しく見る

苗の植え方
苗の植え方
5月は、夏野菜の植えつけが集中し、一年で最も忙しい時期です。できるだけスムーズに作業を行うためにも、苗の植えつけ方法をマスターして、忙しい時期を上手に乗り切りましょう。

詳しく見る

防虫ネットでトンネル
防虫ネットでトンネル
害虫を防ぐには防虫ネットでトンネルするのが効果的です。種まきや苗の植えつけを終えたら、できるだけ速やかに防虫ネットでトンネルすることが重要です。

詳しく見る

トンネルやベタがけ
トンネルやベタがけ
トンネルやベタがけは、暑さや寒さ、害虫から野菜を守るのにとても効果があります。農薬の使用を減らすためにもっとも効果的な方法ですので、その効果を知って活用しましょう。

詳しく見る

間引き
間引き
双葉が開き本葉が出てくるようになると株間が少し込み合ってきます。このとき間引きをします。間引きを怠ると株が密集して日当たりが悪くなり、徒長してしまいます。

詳しく見る

支柱・誘引
支柱・誘引
支柱立てや誘引は、ツルを上へ伸ばすためや、茎が重さで倒れないようにするなど、野菜の生育にとって必要となる作業です。

詳しく見る

除草
除草
いつでも雑草が生え、しばらく放っておくと畑一面に雑草が広がってしまいます。雑草は土の肥料を吸収し、放っておくと野菜の生育が妨げられてしまうので、早めにとり除くことが大切です。

詳しく見る

追肥
追肥
生育などによって土壌中の肥料分が失われるため、不足した肥料分を補うために追肥を行います。追肥のポイントは、野菜の生育に合わせて、必要なときに必要な量を与えることです。正しく追肥を行うことで、野菜の生育は促進されます。

詳しく見る

水やり
水やり
植物に占める水分量は植物全体の8~9割にも達します。植物は根から吸収する養分と共に、光と二酸化炭素による光合成を行って必要な栄養分を供給しています。

詳しく見る

芽かき・摘芯
芽かき・摘芯
野菜は放っておくと枝や蔓が伸び放題になり、日当たりや風通しが悪くなって病気や害虫が発生しやすくなります。そこで、余計なわき芽や蔓をかきとる「わき芽かき」や、茎の先端の生長点を摘み取る「摘芯」などを行い、株を充実させます。

詳しく見る

人工授粉
人工授粉
風や昆虫の働きによって自然に受粉するものですが、畑が小さく、株数が少ない家庭菜園では、人工授粉をして確実に受精させます。

詳しく見る

収穫
収穫
野菜の収穫では、いちばんおいしいときを逃さないのが大切なポイントです。野菜にはそれぞれ収穫に適したタイミングがあります。家庭菜園では、食べごろのタイミングで収穫できるのが魅力です。

詳しく見る

害虫と対策
害虫と対策
おいしい野菜は虫たちも大好きで、家庭菜園をしているとたくさんの虫が発生して悩まされます。それぞれ好む野菜や発生時期、食害する部分などが決まっているので、習性を知れば適切な防除を行うことができます。

詳しく見る

病気と対策
病気と対策
野菜は病気に一度かかると、症状が確実に進行し、ひどい場合には枯れてしまうこともあります。こまめに野菜の状態をチェックして、早めの対処で被害が広がるのを防ぎましょう。

詳しく見る

コンパニオンプランツ
コンパニオンプランツ
一般的に、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士をコンパニオンプランツ(共栄植物)と呼びます。コンパニオンプランツの原点は、安定した生態系の組み合わせを利用することです。

詳しく見る

農薬を使わない病害虫防除
農薬を使わない病害虫防除
病害虫の発生は野菜を作るうえで避けては通れない問題です。病害虫を防ぐための工夫をすることで、被害を少なくすることはできます。

詳しく見る

農薬の基礎知識
農薬の基礎知識
現在栽培されている野菜の品種では、次の3つの理由により農薬が不可欠となっています。「農耕地の生物多様性の欠如」「品種改良により病害虫への抵抗力を失った農作物」「栄養価の高い農作物の栽培」

詳しく見る

雑草対策
雑草対策
雑草は放っておくと大きくはびこって、養分や水分、光を奪い、野菜が育たなくなります。雑草は野菜づくりの敵とされ、抜き取って畑から排除するのが普通です。

詳しく見る

梅雨対策
梅雨対策
6月上中旬~7月中下旬の梅雨時期は、気温が高く、しかも雨や曇りの日が多くなります。水はけのよい畑であっても、なにも対策しなければ病気や生育障害が発生しやすくなり、蔓延することもあります。梅雨をうまく乗り切るために、しっかり対策をしましょう。

詳しく見る

台風対策
台風対策
台風は、野菜に襲いかかる猛威の一つで、家庭菜園に大きな被害をもたらします。夏を元気に乗り切るために、夏前から台風対策を意識し、台風の予報がでたらできるかぎりの備えをしましょう。

詳しく見る

防寒対策・防風対策
防寒対策・防風対策
冬の寒さから野菜を守るには、保温効果の高い素材を使った通気性と保水性のある不織布や寒冷紗などで、畝全体をトンネル状に覆うといいでしょう。

詳しく見る

天地返し
天地返し
貸し農園を借りたときや、長年野菜を栽培した畑、病害虫がひどい場合などは、上層の土と下層の土を入れ替える天地返しがおすすめです。

詳しく見る

太陽熱消毒
太陽熱消毒
土を太陽熱で消毒することによって、土の中に潜む病原菌や害虫が死滅して少なくなったり、雑草が生えにくくなるなどの効果が期待できます。

詳しく見る

寒起こし
寒起こし
1~2月の厳寒期に、スコップやクワで土を掘り起こし、かたくなった土の塊を寒気にさらします。病原菌や害虫が寒風にさらされて死滅します。

詳しく見る

栽培計画を立てよう
栽培計画を立てよう
作業効率はグングン良くなってます。もちろん慣れもありますが、それだけではありません。劇的に作業効率が良くなったのは、栽培計画を立てるようになってからです。

詳しく見る

通信販売で注意したいこと
通信販売で注意したいこと
近くに野菜の種や苗を売っているお店がないなどでお困りでしたら、通信販売を利用するのも一つの手です。インターネットが普及した今、野菜の種や苗の通信販売も活発に行われています。ただし、通信販売は良い点ばかりではありません。

詳しく見る

スポンサーリンク