家庭菜園の基礎知識

スポンサーリンク

土の種類
土の種類
野菜を育てるにはまず土のことを知らなければなりません。土の種類により通気性、保水性、排水性が違いますから、栽培する野菜に応じて適切な土を選びます。

詳しく見る

土づくり
土づくり
野菜を育てようとするときには、まず土づくりをしなければなりません。野菜の収穫量の大小は、植えてある土がいい土かどうかで決まるといってもいいほどです。

詳しく見る

肥料の種類と使い方
肥料の種類と使い方
植物体を構成する元素は多く、なかでも多く必要とするのが、炭素、酸素、水素、窒素、リン酸、カリです。炭素、酸素、水素は空気と水から取り込めますが、窒素、リン酸、カリの3元素は補給が必要です。

詳しく見る

畝の種類と役割
畝の種類と役割
これから種をまいて野菜を育てるには、野菜が生育しやすいように畝を作る必要があります。これを疎かにすると、「野菜を育ててる場所が分からなくなる」など、野菜の生育に悪影響を及ぼすことになります。

詳しく見る

マルチの種類と効果
マルチの種類と効果
土の表面を有機物やポリエチレンフィルムなどで覆うことを総称してマルチと呼び、覆う資材のことをマルチ資材と呼びます。資材には、さまざまな種類や色があり、野菜づくりに欠かすことのできない資材です。

詳しく見る

連作障害とは
連作障害とは
同じ場所で、同じ種類の野菜や同じ科の野菜を続けて栽培すると、生育が悪くなったり、収量が低下したり、特定の病害虫が発生したりします。主な原因は、土壌中の病原菌やセンチュウです。

詳しく見る

品種の性質
品種の性質
「思うように野菜が育たない」と悩んでませんか?その原因は、作物や品種の性質かもしれません。種や苗を買うとき、品種の性質を気にしてますか?大きく育てたいと思っているのに、早生の品種を育ててませんか?

詳しく見る

苗作り
苗作り
野菜の種を畑にまいて育てるよりも、苗を作って畑に植えつけた方が、畑を効率よく利用できます。しかも、苗を自分で作った方が経済的な場合が多く、なによりも収穫の時の喜びはひとしおです。

詳しく見る

セル苗の作り方
セル苗の作り方
仕切られた小さい穴の並んだ容器をセルトレイといって、そのトレイで育てた苗のことをセル苗(セル成型苗)と呼びます。少ないスペースで苗を作ることができ、用土が少なくてすむなど、コスト面での大きいメリットがあります。

詳しく見る

ポット苗の作り方
ポット苗の作り方
軟質プラスチックの鉢をポリポット(またはビニールポット)といって、そのポットで育てた苗のことをポット苗と呼びます。セルトレイと比べて、水切れや肥料切れを起こしにくいなど、苗の育てやすさでのメリットがあります。

詳しく見る

接ぎ木苗
接ぎ木苗
植物には2本の枝を強く隣接していると、互いに癒着して1本の枝になるという性質があります。この性質を利用して、人工的に枝をつないで、よい実を成らせる方法が接ぎ木です。

詳しく見る

水やり
水やり
植物に占める水分量は植物全体の8~9割にも達します。植物は根から吸収する養分と共に、光と二酸化炭素による光合成を行って必要な栄養分を供給しています。

詳しく見る

農薬の基礎知識
農薬の基礎知識
現在栽培されている野菜の品種では、次の3つの理由により農薬が不可欠となっています。「農耕地の生物多様性の欠如」「品種改良により病害虫への抵抗力を失った農作物」「栄養価の高い農作物の栽培」

詳しく見る

防寒・防風対策
防寒・防風対策
冬の寒さから野菜を守るには、保温効果の高い素材を使った通気性と保水性のある不織布や寒冷紗などで、畝全体をトンネル状に覆うといいでしょう。

詳しく見る

家庭菜園に発生する害虫
家庭菜園に発生する害虫
植物に発生しやすい病気や害虫は、いくつかの種類に限られます。育てている植物に発生しやすい病気や害虫を知っておけば、早期防除が可能になり、発生を予防する対策を講じることもできます。

詳しく見る

家庭菜園に発生する病気
家庭菜園に発生する病気
植物の病気は、カビや細菌、ウィルスが原因でかかります。植物が病気にかかると、ひどい場合には枯れてしまいます。

詳しく見る

雑草対策
雑草対策
雑草は放っておくと大きくはびこって、養分や水分、光を奪い、野菜が育たなくなるので、早めに除去します。雑草は野菜づくりの敵とされ、抜き取って畑から排除するのが普通です。

詳しく見る

スポンサーリンク