野菜づくりに使う道具

スポンサーリンク

野菜づくりに必要な道具

ホームセンターや農協の売り場に行くと、たくさんの種類の道具が並んでいて、どれを選んだらよいか迷ってしまうことと思います。

道具は、いろいろあるに越したことはありませんが、必要なものから少しずつ、自分の作業に合わせてそろえてきましょう。

また、道具はよく手入れをして使うと、何年も使用することができます。

貸農園では道具を貸してもらえることもありますので、買う前に確認しましょう。

ここでは、最低限そろえておきたい道具を紹介します。

道具の選び方

まずは、形にとらわれず、とにかく丈夫なものを選びましょう。

丈夫な道具は壊れにくく、手入れをすれば何年でも使えます。

クワなどは、柄がとれやすいので、柄のつけ根部分がしっかりしているものを選びます。

次に、自分の体格や体力にあったものを選びます。

柄の太さ、長さ、全体の重さなど、実際に手に取ってみてしっくりくるものを選ぶことが大切です。

家庭菜園で使う道具はとくに大きさと重さが重要です。

最低限必要な道具

畑を耕して種まきや植えつけの準備、その後の資材の設置や水やりなど、農作業を効率よく、楽しく行うためには、野菜作りに必要な道具を用意します。

道具はいろいろあるに越したことはありませんが、一度にそろえると費用もかかりますし、置く場所にも困ります。

また、家庭菜園の規模によっても必要な道具は変わってきます。

最初からすべての道具をそろえる必要はありませんので、必要な道具からそろえていきましょう。

[クワ(鍬)]
クワ
畝を立てたり、土寄せをしたり、溝をつくったり、除草など、すべての作業に使える道具です。

[備中グワ(備中鍬)]
備中グワ
刃が3本と4本に分かれているクワで、石灰や肥料を施したあと、土を耕すのに使います。
3本の刃が扱いやすくておすすめです。
クワは軽くて疲れにくい半面、刃の面積が大きく、重さもないので硬い土に入りにくく耕すのには不便です。
備中グワは刃が分かれているので土に接する面積が少なく、重さもあるため、硬い土でも入りやすく畑を耕すのに向いています。
また、ジャガイモや里芋など、芋類の収穫などにも使えます。

[スコップ(大型)]
スコップ(大)
土を起こしたり、堆肥をすき込んだり、深く耕すのに必要な道具です。
そのほか、里芋やジャガイモなどの根菜類の収穫にも使います。
丈夫なものを選びます。

[スコップ(小)]
スコップ(小)
苗の植え付け、芋類の収穫のときに使います。

[メジャー]
メジャー
畝幅や畝間、種まきや植え付けの間隔など、測るのに使います。

[ジョウロ]
苗の植えつけ時の水やりや、乾燥時期の水やりなどに使います。
潅水などに使う大きいジョウロと、種まきなどに使う小ぶりジョウロがあるとよいでしょう。
ハス口が取り外せるものが便利です。
容量の大きいものがよいでしょう。

[カマ]
除草のほか、葉もの野菜の収穫や、イモ類の地上部を刈り取るのに便利です。

[ハサミ]
ハサミ
紐などを切ったり、野菜の枝の切り落としや、収穫などに使います。
手になじむ形のものを選びましょう。

[手袋]
手袋
作業時にはめて手荒れとケガを防止します。
手にぴったりフィットするサイズを選びましょう。

あると便利な道具

三角ホーや大型のスコップ、さくり縄やマルチ穴あけ器などがあると便利です。

ここでは、あると便利な道具を紹介します。

[三角ホー]
三角ホー
溝切りや土寄せ、土の表面をかいて除草するなど、細かい作業に便利です。

[レーキ]
レーキ
畝の表面をならして平らにしたり、除草した草や収穫後の残渣を集めるのに便利です。

[さくり縄]
さくり縄
畝立てや、種まきや植えつけのときなど、直線を出すのに便利です。
売られていないので、手作りします。

[マルチ穴あけ器]
マルチ穴あけ器

マルチの穴あけや、土の穴あけに便利です。
売られていますが、空き缶を使って簡単に手作りできます。

[バケツ]
水や肥料などを運んだり、収穫した野菜を集めるのに便利です。

[その他]
とくに夏場は、熱中症対策グッズや、防虫グッズが重宝します。

手づくり道具

身近なものを使って道具を作りましょう。

[防虫ネット押さえ]
ハンガーの肩の部分を切り落とし、形を整えて防虫ネット押さえに使います。

[マルチ穴あけ器]
マルチ穴あけ器
空き缶の縁をギザギザにカットして、マルチの穴をあけるのに使用します。

[ホットキャップ]
2リットルのペットボトルの底から30cmくらいのところをカットし、ボトルの上の方を使います。
種まきや苗の植えつけをした株の上にかぶせて使用します。

[レーキ]
角材
塩ビパイプ、鉄パイプ、角材など、畝の表面を平らにしたり、畝の側面を圧迫して整えたり、さまざまな場面で使うことができます。

[定規]
ひもに30cmごとに赤ペンで印をつけ、20cmごとに黒ペンで印をつけます。
種まきや苗の植えつけのときに便利です。

道具のメンテナンス

農作業で使う道具は、手入れをして大切に使うことで長く使えます。

道具を使い終わったら、泥などを落として、雨のかからない場所や、道具箱に収納して保管するように心がけます。

シーズンが終わったら、クワやハサミを研いでおきます。

収納場所を決めてきちんと整理しておくと、次に使用するときにすぐ使えます。

服装

畑で作業をするときは、季節に合わせた服装を用意しましょう。

また、動きやすく、汚れが気にならない服装をすることも大切です。

日焼けや虫さされを防ぐためにも、長袖、長ズボンがおすすめです。

さらに、帽子や、風があるときはマスクなどもあると便利です。

スポンサーリンク