家庭菜園のモデルプラン

スポンサーリンク

家庭菜園の面積は、事情によりさまざまです。

狭いスペースでの家庭菜園では、短期間で収穫できる野菜を育てるのがおすすめです。

広い畑であれば、野菜の種類を増やしたり、品種の違うものを作ってみることもできます。

これから家庭菜園をはじめたい方や、初心者の方のために、狭い菜園から大規模菜園までのモデルプランを紹介します。

庭の片隅での家庭菜園(狭い菜園)

家の敷地内で家庭菜園を行うケースです。

畑を借りなくても、庭に1㎡以上のスペースがあれば、家庭菜園をはじめられます。

狭いスペースでも、工夫しだいで家庭菜園を楽しめます。

庭で行う家庭菜園は、毎日野菜を観察することできます。

日当たりのよい場所を確保しましょう。

欲張りすぎず、野菜の種類を厳選することが大切です。

狭い菜園でのプラン

小さな区画で仕切り、いろいろな野菜を少しずつ育てるのがおすすめです。

面積が狭いため、1株当たりの占有面積を知っておくことが大切です。

それぞれの野菜でどのくらいの面積があれば育てられるのか、調べてから計画を立てましょう。

区画での家庭菜園(中規模菜園)

中規模菜園

市民農園や貸農園など、10坪(約30㎡)程度の区画で仕切られたタイプです。

連作障害を避けるための輪作計画をしっかり立ててから栽培をスタートしましょう。

トマトやナスなどの実もの野菜は接ぎ木の苗を選ぶと連作障害の被害を減らすことができます。

中規模菜園のプラン

1畳ほどの畝を立てるのがおすすめです。

畝を立てることで通路を確保でき、収穫などの作業がしやすくなります。

カボチャやスイカ、サツマイモのように広い面積を必要とする野菜では、小玉スイカの空中栽培やサツマイモの支柱栽培がおすすめです。

独立した畑での家庭菜園(大規模菜園)

大規模菜園

家庭菜園としてはかなり広い100坪以上の畑です。

ニンニクやネギなどの栽培期間の長い野菜を育てることもできます。

広い畑であれば、野菜の種類を増やしたり、品種の違うものを作ることもできます。

作付け計画をしっかり立ててから栽培をスタートしましょう。

大規模菜園のプラン

畑の中央に通路を設け、畝は長く立てるのがおすすめです。

通路を設けることで肥料などの運び入れや、収穫した野菜の運び出しがしやすくなります。

畝を長く立てることで、畝立て、マルチ張り、防虫ネットでトンネルするなどの作業がしやすくなります。

自宅に隣接した家庭菜園

家の敷地内や、家の近くに畑を確保できた場合は、こまめに作業ができるため、誘引を必要とする野菜や、毎日収穫する野菜も育てられます。

自宅から離れた家庭菜園

休日しか作業や収穫ができないため、できるだけ手間のかからない野菜を育てます。

[手間のかからない野菜]
ジャガイモ、ニンジン、サツマイモ、里芋、タマネギ、カボチャ、スイカなど。

スポンサーリンク