野菜の種のまき方

スポンサーリンク

種まき中の様子

トマトやナスなどの夏野菜は、数株あればじゅうぶんなので、苗を購入して植えるのが一般的ですが、小松菜やホウレンソウなど、株数の多くなる野菜は、種をまいて育てます。

また、珍しい野菜や珍しい品種など、苗の入手ができないものも、種から育てる必要があります。

植物の種をまく瞬間は、いくつになっても誰もがワクワクするものです。

けれども、「せっかくまいた種の芽が出ない」のでは、その先どうにもなりません。

そこで、発芽からその後の生育へとスムーズに進むために、基本的な種まきの仕方をしっかり身につけましょう。

ここでは、野菜の種まきの「基本」を解説しています。

野菜の性質による種まきの違いについては、各野菜の育て方の中で詳しく解説していますので、参考にしてください。

種をまいて育てるもの

ナスやトマトなど、数株あればじゅうぶんなものは、苗を購入して植えるのが便利です。

小松菜やホウレンソウ、シュンギク、ミズナ、チンゲンサイなど小型の野菜は、株数が多くなるので、種をまいて育てます。

また、大根やニンジンなど直根の野菜は、移植を嫌うため、株数が少ないとしても種から育てる必要があります。

白菜やキャベツなどは、種からでも育てられますし、苗を購入して植えることもできます。

たくさん育てる場合は種から、少し育てる場合は苗を購入して植えるとよいでしょう。

直まきとポットまき

種まきの方法は、畑に直接種をまく直(じか)まきと、苗を作るためにポットに種をまくポットまきに分けられます。

前作が畑に植わっていて畑が空かない場合などは、ポットに種をまいて育苗してから畑に植えます。

小松菜やホウレンソウなど株数の多くなる野菜や、大根やニンジンなど移植を嫌う野菜は直まきして育てます。

発芽温度

種が発芽するためには、野菜ごとに必要な温度があります。

発芽温度から外れていると、せっかく種をまいても芽が出ません。

種袋の裏などに種まき時期が記載されていますので、必ず守りましょう。

好光性の種子に注意

種をまいたら土を被せますが、土を厚く被せてしまうと芽が出ない野菜があります。

この種子を好光性種子といって、発芽に光を必要とするため、土を薄く被せないと発芽しません。

[好光性種子]
インゲン、ニンジン、シュンギク、ミツバ、レタス、ゴボウなど。

逆に、光を嫌う種子もあり、土を厚く被せないと芽が出ない野菜があります。

この種子を嫌光性種子といって、しっかり土を被せないと発芽しません。

[嫌光性種子]
大根、ネギ、タマネギ、カボチャ、キュウリなど。

種まきの前までに調べておきましょう。

準備するもの

  • 野菜の種
  • 紐、ロープ、メジャーから準備できるもの(種まきの位置を決める)

基本的な野菜の種のまき方

3つの種まき方法

種まきには、「点まき」、「すじまき」、「ばらまき」の3つの方法があります。

[点まき]
枝豆や大根など、株間を広くとる野菜に向く種まき方法です。
株間はそれぞれの野菜に適した間隔をとります。
種をまく位置に指などでくぼみをつけ、種をまきます。
種をまき終えたら、くぼみに土をかけて埋めます。

[すじまき]
ホウレンソウや小松菜など、間引き収穫しながら収穫する野菜に向く種まき方法です。
畝に数本のまき溝をつけ、溝に沿って種をまきます。
種の間隔は種類によって異なります。
種をまき終えたら、溝の両側の土を指先でつまむようにして種に土をかけます。

[ばらまき]
ベビーリーフなど、小さいスペースで密に育てる野菜に向く種まき方法です。
予定していたスペースに種をばらまきます。
密になりすぎないように、均一に種をまきます。
種をまき終えたら、ふるいを使って種に土をかけます。

野菜の性質に適した方法を選択して行います。

Step1:種まきの位置に印をする

種まきの位置決め

作物にはそれぞれ栽培に適した間隔があります。

株の間隔を「株間」、列の間隔を「条間」と呼びます。

種まき前に株間と条間を調べておき、紐とメジャーを使って種まきする位置に印をします。

Step2:種をまく

印をしておいた位置に種をまきます。

[点まき]

点まき

一箇所に数粒ずつ種をまきます。

[すじまき]

すじまき

すじ上(直線)に種をまきます。

[ばらまき]

ばらまき

畝の表面にまんべんなく種をまきます。

Step3:土をかぶせる

種の大きさの2倍~3倍の土を被せるようにします。

ただし、発芽に光を必要とする好光性の種の場合(ニンジン、インゲン、シュンギクなど)は、ごく薄く土を被せるだけにします。

Step4:かぶせた土を鎮圧する

かぶせた土を手のひらで軽く押して鎮圧します。

それにより、水やりで種が流れ出るのを防止できます。

また、発芽に必要な水分を逃げにくくさせる効果もあります。

Step5:水をやる

最後に水をやります。

水の勢いが強すぎると、種が流れてしまいます。

優しく丁寧に行います。

余った種の保存

家庭菜園では、育てる株数が少ないため、種を使いきるのは難しいことです。

春にまいて、残った種を秋にまくなど、できればその年のうちに使いきってしまいましょう。

それでも種が余ってしまった場合には、袋の口をセロハンテープなどでしっかりとめて、冷蔵庫で保存すれば、翌年も使用できます。

ただし、野菜の種類によって寿命が異なり、短命のものは寿命が1年しかなく、翌年には使用できませんので、注意してください。

[短命の種子]
ネギ、タマネギ、ニンジン、ミツバ、落花生など。

スポンサーリンク