野菜の育て方一覧

スポンサーリンク

野菜の育て方を五十音順で一覧にしました。

青ジソ(大葉)の育て方
青ジソ(大葉)の育て方
丈夫で育てやすく、畑の空いたスペースに種をばらまけば、次々と発芽して勝手に育ち、翌年はこぼれ種が自然に生えて育ちます。とくに手入れの必要はなく、栽培方法も簡単で、空いた場所に植えておけば重宝します。

詳しく見る

イチゴの育て方
イチゴの育て方
イチゴは栽培期間が長いわりに収穫時期が一月しかなく、しかも保存も効かないので家庭菜園では取り入れにくいものですが、一度栽培してみると、採りたての味わいや赤い実の可愛らしさからまた栽培したくなります。

詳しく見る

【つるなし】インゲンの育て方
【つるなし】インゲンの育て方
つるなしインゲンは、つるありのように長期期間収穫することはできませんが、支柱の必要がないので手軽に栽培でき、初心者でも手軽に楽しめます。

詳しく見る

【つるあり】インゲンの育て方
【つるあり】インゲンの育て方
つるありインゲンは、高い支柱やネットを張る必要がありますが、収穫期間が長く、収量も多くなります。作型を3つ組み合わせれば、収穫の始まる6月下旬から秋まで切れ目なく収穫できます。

詳しく見る

枝豆の育て方
枝豆の育て方
枝豆の栽培は簡単で、カメムシによる被害に手こずることがありますが、害虫対策をしっかり行えば、それほど手間はかからず、比較的どこでも育つので、初心者にもおすすめです。

詳しく見る

エンドウの育て方
エンドウの育て方
エンドウの種類には、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピース、実エンドウがあり、いづれも栽培方法は同じです。秋に種をまいて小苗の状態で越冬させると、寒い間に根を深くに張り、春先から地上部が一気に生育して次々と実を付けます。

詳しく見る

オクラの育て方
オクラの育て方
オクラは、根が真下に伸びるので移植を嫌い、畑に直まきするのが一般的ですが、地温が低いうちは発芽に日数がかかり、低温によって初期の生育も遅いので、ポットで苗を作ってから畑に植えます。

詳しく見る

小カブの育て方
小カブの育て方
根径5cm程度でとるカブを小カブと呼び、種まきから1~2カ月と短期間で収穫でき、間引き菜を利用しながら育てます。栽培期間が短く、手軽にだれでもつくることができ、初心者でも収穫を楽しめる野菜です。

詳しく見る

大カブの育て方
大カブの育て方
大カブは、種まきが遅いと根が十分に肥大しないので、種まき時期をしっかり守ることがポイントです。生育期間が長く、生育後半に根が急激に肥大するので、肥料を切らさないように追肥して、しっかり効かせましょう。

詳しく見る

ミニカボチャの育て方
ミニカボチャの育て方
ミニカボチャは地這いの放任栽培でもよく、1株から10~15個くらい収穫でき、1~2株あれば十分なので、家庭菜園に最適です。狭い菜園では、高さのある丈夫な支柱を立て、立体的に仕立てるのもよいでしょう。

詳しく見る

カリフラワーの育て方
カリフラワーの育て方
カリフラワーはブロッコリーと性質がよく似ていて、栽培方法はほぼ同じです。夏の暑い時期に植えるため、活着するまでこまめに水をやり、害虫も多い時期なので、苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルして保護します。

詳しく見る

キャベツの育て方
キャベツの育て方
キャベツは品種改良されてさまざま作型があり、それぞれ適した品種があります。季節に合った品種を選べば一年中栽培できますが、本来は冷涼な気候を好むので、家庭菜園では夏まき冬どりが一般的です。

詳しく見る

地這いキュウリの育て方
地這いキュウリの育て方
地這いキュウリは丈夫で暑さに強く、支柱栽培に比べて病害虫の発生もしにくいので、家庭菜園でキュウリを育てるのに適しています。

詳しく見る

ゴーヤの育て方
ゴーヤの育て方
ゴーヤは、蔓性の野菜なので、支柱を立ててキュウリ用のネットを張っておけば、勝手によじ登って広がり、つぎつぎと実をつけます。丈夫で、あまり手をかけなくても育つので、緑のカーテンとしてもよく栽培されます。

詳しく見る

小松菜の育て方
小松菜の育て方
小松菜は、厳寒期に寒冷紗でトンネルすれば周年栽培できますが、もっとも作りやすいのは秋まきで、11月になると病害虫がぐっと減り、栽培しやすくなります。

詳しく見る

ゴマの育て方
ゴマの育て方
ゴマは熱帯性植物で高温、乾燥に強く、日が照るほどに豊作になることから、「日照りゴマに不作なし」といわれます。日あたりと水はけのよい場所を選び、気温が20度以上になってから種をまきましょう。

詳しく見る

サツマイモの育て方
サツマイモの育て方
「サツマイモを育ててみたいけど、広い場所がないから」と、サツマイモを敬遠していませんか?サツマイモは放っておくと蔓がどんどん伸びて広がっていきますが、定期的に「つる返し」を行うこだけで、狭いスペースでもサツマイモを育てることができます。

詳しく見る

里芋の育て方
里芋の育て方
里芋は、高温で雨の多い気候を好み、夏の暑さでもグングン生長していき、やや栽培期間が長いですが、手間はあまりかからず、無農薬栽培や放任栽培にも向いています。梅雨明けまでに生育に合わせて土寄せして、芋を太らせるのがポイントです。

詳しく見る

サンチュの育て方
サンチュの育て方
サンチュは暑さや寒さに比較的強く、手間もあまりかからず、害虫の被害も少なくて育てやすい野菜です。結球せずに茎が伸び、葉を1枚ずつかきとって収穫するので、少しずつ、長い間収穫を楽しめます。

詳しく見る

シシトウの育て方
シシトウの育て方
シシトウは、辛みのない甘み種のトウガラシで、完熟すると赤くなりますが、通常は未熟な緑色の実のうちに収穫します。シシトウは栽培期間が5月から10月と長いので、肥料切れさせないように、追肥をこまめに行うことがポイントです。

詳しく見る

【春作】ジャイガモの育て方
【春作】ジャイガモの育て方
ジャガイモは弱酸性の土壌を好みます。土壌がアルカリ性に傾くと、芋の表皮がざらざらになる「そうか病」が発生しやすくなるので、強い酸性の土壌でなければ、石灰を入れる必要はありません。芽は霜に弱く、あたるとダメになります。無理な早植えは避けましょう。

詳しく見る

【秋作】ジャイガモの育て方
【秋作】ジャイガモの育て方
秋作を行うには、夏の猛暑が和らぐ9月上旬に種芋を植えつけ、霜が降りるまでに収穫します。品種は、秋作に適しているニシユタカ、デジマ、アンデスレッドなどの休眠期間が短く、早く発芽する品種を選びます。

詳しく見る

シュンギクの育て方
シュンギクの育て方
シュンギクは、病害虫の発生が少なく、作りやすい野菜です。丈夫で生育が早いので、真夏を除いていつでも栽培できますが、涼しい気候を好み、15~20度のころによく育ちますから、秋まきすればほとんど失敗なく作れます。

詳しく見る

小玉スイカの育て方
小玉スイカの育て方
スイカは、南アフリカが原産地で、強い光を好み、暑い夏ほど甘みが増して美味しくなります。スイカの栽培で初心者におすすめしたいのは、大玉スイカよりも育てやすい小玉スイカです。ぜひ挑戦してみたい、小玉スイカの育て方を紹介します。

詳しく見る

タアサイの育て方
タアサイの育て方
タアサイは、秋まきでは葉が地面を這うように育ち、緑の花が咲いたように葉が広がり、独特の形の大株に育ちます。春と秋に栽培できますが、春まきではトウ立ちしやすく、病害虫も多くなるので、まずは秋まきで育ててみましょう。

詳しく見る

大根の育て方
大根の育て方
15~20℃の冷涼な気候を好み、暑さには比較的弱いものの、寒さには強く、適期に種をまけば、家庭菜園でもつくりやすい野菜です。もっともポピュラーな大根は青首大根ですが、いろいろとつくってみるのもよいでしょう。

詳しく見る

大豆の育て方
大豆の育て方
大豆の栽培を成功させるポイントは、大豆用の品種を使用して、適期に種をまき、条件のよい時期に生育を合わせることです。大豆はあらゆる作物の中で窒素吸収量が最も多く、窒素成分が多いと葉ばかりが茂って実がつかないので、肥料成分が少ない畑を選びましょう。

詳しく見る

高菜の育て方
高菜の育て方
高菜はアブラナ科の野菜で害虫のつきやすい作物ですが、防虫ネットでトンネルしてイモムシ類を防除すれば、誰にでも簡単に作れます。

詳しく見る

【トウガラシ】鷹の爪の育て方
【トウガラシ】鷹の爪の育て方
トウガラシはシシトウやピーマンなどの仲間で、栽培方法もほとんど同じですが、整枝をする必要がなく、簡単に育てられます。高温性で暑さに強く、病害虫の心配もあまりないので、初心者でも育てやすい野菜です。

詳しく見る

タマネギの育て方
タマネギの育て方
秋に苗を植えつけてしまえば、特に手入れの必要なく、初心者でも簡単に育てることができます。外皮が赤紫色でアントシアニンが豊富な赤タマネギを栽培してみるのも楽しいです。

詳しく見る

チンゲンサイの育て方
チンゲンサイの育て方
チンゲンサイは、暑さ寒さに強く、周年栽培も可能ですが、夏の高温期は病害虫が多くて難しいため、春と秋に栽培するのが一般的です。初心者でも育てやすく、間引きながら収穫すると長く楽しめて、家庭菜園向きの青菜です。

詳しく見る

トウモロコシの育て方まとめ
トウモロコシの育て方まとめ
トウモロコシは、土質はあまり選びませんが、肥料の吸収力が強いうえに、多くの肥料を必要とします。病気はほとんどありませんが、実をアワノメイガの幼虫やカメムシなどの害虫が食害しますので、実につくのを防ぐことが大切です。

詳しく見る

トマトの育て方
トマトの育て方
夏を代表する野菜の一つ、トマト。家庭菜園では、苗を買って植え付けるのが簡単でおすすめです。冷涼で乾燥した気候を好み、根が深く伸びますので、日当たりがよく、深く耕せる場所を選びましょう。

詳しく見る

ナスの育て方
ナスの育て方
ナスは、肥料成分を多く必要とする野菜なので、元肥にたっぷり堆肥を施し、株間をやや広くとって、主枝と側枝2~3本を伸ばして3~4本仕立てにします。肥料を切らさないようにこまめに追肥を施し、株を疲れさせないようにします。

詳しく見る

ニラの育て方
ニラの育て方
ニラは苗を購入して植え付けておけば2~3年は収穫できます。収量が落ちてきたら、株分けをして植え替えれば、また収穫できるようになり、面白いようにどんどん増えていきます。

詳しく見る

人参の育て方
人参の育て方
人参は根の長さによって三寸人参、四寸人参、五寸人参、それ以上に長い大長人参に分けられ、ソーセージ型のミニニンジンなど、楽しい品種も増えてきました。初心者には夏まきが育てやすくておすすめです。

詳しく見る

ニンニクの育て方
ニンニクの育て方
冷涼な気候を好みますが、寒さにそれほど強くなく、暑さには弱いですから、植え付けの時期をしっかり守ることが大切です。また、寒地向き、暖地向きの品種がありますので、購入するときに確認します。

詳しく見る

長ネギの育て方
長ネギの育て方
関東地方で好まれる長ネギ(根深ネギ)は、暑さや寒さに強くて育てやすい半面、生育期間の長い作物の一つです。栽培期間が長くて手間もかかりますが、収穫した時の嬉しさは倍増します。

詳しく見る

野沢菜の育て方
野沢菜の育て方
野沢菜はアブラナ科で害虫の発生しやすい野菜ですが、防虫ネットでトンネルしてしっかり防除すれば、寒さに比較的強く、初心者でも手軽に育てることができます。

詳しく見る

白菜の育て方
白菜の育て方
白菜は病害虫が多く、初心者には作りにくい野菜ですが、育てやすい品種を選び、適期に種をまき、元肥を多目に入れ、害虫対策をしっかり行えば、心配はありません。

詳しく見る

ピーマンの育て方
ピーマンの育て方
ピーマンは、同じナス科のトマトやナスと比べて育てやすい野菜です。1本でも間に合うほどにたくさんの実がなり重宝します。大きな実をたくさん収穫するには整枝が必要ですが、家庭菜園では植えつけてから放っておいてもよく育ちます。

詳しく見る

ブロッコリーの育て方
ブロッコリーの育て方
ブロッコリーは頭頂部の蕾(つぼみ)を食べますが、家庭菜園では、わき芽が出て小さい蕾も食べられる品種がおすすめです。アオムシがつきやすいので、防虫ネットでトンネルしてできるだけ予防するほか、こまめに観察して見つけたら取り除きます。

詳しく見る

ホウレンソウの育て方
ホウレンソウの育て方
ホウレンソウは耐寒性が強く、冬でも育てられる一方、高温な夏は育てにくい作物です。また、春まきでの夏どりではとう立ちする心配があるため、初心者は秋まきして冬に収穫するのが簡単でおすすめです。

詳しく見る

ミズナの育て方
ミズナの育て方
ミズナは、種まきから1~2カ月程度のやわらかいうちにサラダに、大きく育てれば1株が4~6kgにもなります。寒さ暑さに強く、比較的病害虫も少なく、乾燥に気を付ければ、手軽に楽しめる冬場の京野菜です。

詳しく見る

芽キャベツの育て方
芽キャベツの育て方
茎は伸びながら葉のつけ根に小さなキャベツをつけ、結球は下からはじまって上へと進み、11月ごろから2月ごろまで収穫を楽しめます。ブロッコリーと同じような性質なので、いっしょに2~4株くらいつくっておくと重宝します。

詳しく見る

ミニメロンの育て方
ミニメロンの育て方
家庭菜園で育てやすいのは露地のミニメロンで、ネットのでない「プリンス」や、ネットの入るメロンを作りたければ「ころたん」などが育てやすいです。メロンは高温乾燥を好み、ウリハムシやうどんこ病などの病害虫の発生が多く、上手に作るにはかなりの技術を必要とします。

詳しく見る

モロヘイヤの育て方
モロヘイヤの育て方
モロヘイヤは病害虫の心配があまりなく、丈夫で作りやすい野菜です。ただし、果実や種には毒があるので、誤って食べないように注意します。

詳しく見る

落花生の育て方
落花生の育て方
落花生は受粉して花が萎むと、子房の付け根にある子房柄(しぼうへい)と呼ばれる部分が伸びて地中に潜り込み、やがて先端が膨らんで実になるという、珍しい育ち方をします。これらを観察できるのも、家庭菜園ならではの楽しみのひとつです。

詳しく見る

ラディッシュの育て方
ラディッシュの育て方
ラディッシュは小型の大根で、種まきは一年中可能ですが、大根同様に冷涼な気候を好むため、夏場や冬場は避けた方がよいでしょう。収穫までの期間が短く、収穫が終わった空きスペースや、畝の隅などで育てることも可能です。

詳しく見る

ハーブの育て方を五十音順で一覧にしました。

青ジソ(大葉)の育て方
青ジソ(大葉)の育て方
丈夫で育てやすく、畑の空いたスペースに種をばらまけば、次々と発芽して勝手に育ち、翌年はこぼれ種が自然に生えて育ちます。とくに手入れの必要はなく、栽培方法も簡単で、空いた場所に植えておけば重宝します。

詳しく見る

バジルの育て方
バジルの育て方
バジルは生育旺盛で暑さに強く、草丈は30~60cm程度とあまり高くならないので、初心者にも育てやすいハーブです。トマトと混作すると互いの生育を良くしますので、トマトと一緒に育ててみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

ルッコラの育て方
ルッコラの育て方
ルッコラは冷涼な気候を好み、寒さに強く、秋まきでは翌春まで収穫を楽しめます。病気はほとんどなく、栽培は簡単ですが、アブラナ科に共通するコナガなどの害虫が発生しますので、防虫ネットでトンネルして栽培すると安心です。

詳しく見る

ルバーブの育て方
ルバーブの育て方
ルバーブは、シベリア南部が原産で、高さ1m以上にもなる大型のハーブです。食用にするところは太い葉柄で、特有の香りと強い酸味があり、ヨーロッパなどではジャムにして食べる習慣があります。

詳しく見る

スポンサーリンク