葉茎を食べる野菜まとめ一覧

スポンサーリンク

葉の部分や茎の部分、花の蕾などを食べる野菜のグループ。

青ジソ(大葉)の育て方とコツ
青ジソ(大葉)の育て方とコツ
青ジソ(大葉)は丈夫で、畑の空いたスペースに種をばらまけば発芽して勝手に育ち、種がこぼれて翌年は自然に生えてよく育ちます。手入れの必要はとくになく、栽培方法も簡単で、空いた場所で育てれば重宝します。

詳しく見る

キャベツの育て方まとめ
キャベツの育て方まとめ
キャベツの特性や作型などの基本的な育て方、キャベツが割れる原因と対処方法、栽培時期に適した初心者でも育てやすい品種など、家庭菜園ならではのキャベツの育て方を紹介します。

詳しく見る

空芯菜の育て方とコツ
空芯菜の育て方とコツ
空芯菜は熱帯性で暑さに強く、葉もの野菜を作りづらい夏に重宝する野菜です。病害虫の被害が少なく、手間もほとんどかかりません。

詳しく見る

黒キャベツの育て方とコツ
黒キャベツの育て方とコツ
黒キャベツは、生育は旺盛で、1株で40枚以上の葉をつけます。結球はせず、次々とは葉が出てくるタイプなので、その都度かきとりながら収穫していきます。家庭菜園でも育てやすく、人気急上昇中の野菜です。

詳しく見る

小松菜の育て方とコツ
小松菜の育て方とコツ
小松菜は、厳寒期に寒冷紗でトンネルすれば周年栽培できますが、もっとも作りやすいのは秋まきで、11月になると病害虫がぐっと減り、栽培しやすくなります。

詳しく見る

サニーレタスの育て方とコツ
サニーレタスの育て方とコツ
サニーレタスは結球しないリーフレタスのひとつで、玉レタスに比べて生育期間が短く、栽培が容易です。比較的暑さ寒さに強く、生育期間も短いので、初心者でも育てやすい野菜です。

詳しく見る

サラダ菜の育て方とコツ
サラダ菜の育て方とコツ
サラダ菜は、一般的に涼しい気候を好み、暑さに弱く、温度が高いと生育は抑制され、病気が多くなります。春まきもできますが、生育後期に温度が高くなっていくため、家庭菜園では夏秋まきが適しています。

詳しく見る

サンチュの育て方とコツ
サンチュの育て方とコツ
サンチュは暑さや寒さに比較的強く、手間もあまりかからず、害虫の被害も少なくて育てやすい野菜です。結球せずに茎が伸び、葉を1枚ずつかきとって収穫するので、少しずつ、長い間収穫を楽しめます。

詳しく見る

シュンギクの育て方とコツ
シュンギクの育て方とコツ
シュンギクは、病害虫の発生が少なく、作りやすい野菜です。丈夫で生育が早いので、真夏を除いていつでも栽培できますが、涼しい気候を好み、15~20度のころによく育ちますから、秋まきすればほとんど失敗なく作れます。

詳しく見る

タアサイの育て方とコツ
タアサイの育て方とコツ
タアサイは、秋まきでは葉が地面を這うように育ち、緑の花が咲いたように葉が広がり、独特の形の大株に育ちます。春と秋に栽培できますが、春まきではトウ立ちしやすく、病害虫も多くなるので、まずは秋まきで育ててみましょう。

詳しく見る

葉大根の育て方とコツ
葉大根の育て方とコツ
葉大根は冷涼な気候を好み、寒さにも暑さにも強く、周年栽培が可能ですが、秋まきが育てやすくておすすめです。栽培は容易で、生育が早くて種まきから約一か月で収穫でき、葉が立ち性で密栽培もできます。

詳しく見る

高菜の育て方とコツ
高菜の育て方とコツ
高菜はアブラナ科の野菜で害虫のつきやすい作物ですが、防虫ネットでトンネルしてイモムシ類を防除すれば、誰にでも簡単につくれます。

詳しく見る

タマネギの育て方まとめ
タマネギの育て方まとめ
肉料理や魚料理と相性がよく、なくてはならない存在のタマネギ。根野菜に見えますが、ネギ類のため、食べているのは茎の根元がふくらんで大きくなった鱗茎(りんけい)で、厳密にいうと葉ということになります。

詳しく見る

玉レタスの育て方とコツ
玉レタスの育て方とコツ
キク科の玉レタスは、病害虫の心配が少なく、害虫のつきやすいアブラナ科の野菜のコンパニオンプランツとして混植するのもおすすめです。比較的病気や虫に強く、活着もしやすいので、植えつけさえすれば、あとはそれほど難しくありません。

詳しく見る

ミニチンゲンサイの育て方とコツ
ミニチンゲンサイの育て方とコツ
手のひらにのるほどの小型のミニチンゲンサイ。暑さや病気に強く、種まきから約一か月で収穫と栽培期間も短いので、初心者にも育てやすい野菜です。

詳しく見る

チンゲンサイの育て方とコツ
チンゲンサイの育て方とコツ
チンゲンサイは、暑さ寒さに強く、周年栽培も可能ですが、夏の高温期は病害虫が多くて難しいため、春と秋に栽培するのが一般的です。初心者でも育てやすく、間引きながら収穫すると長く楽しめて、家庭菜園向きの青菜です。

詳しく見る

ツルムラサキの育て方とコツ
ツルムラサキの育て方とコツ
ツルムラサキは、熱帯アジアが原産で暑さを好み、寒さには弱いので、種まきはじゅうぶん暖かくなってから行います。早めに収穫してわき芽の発生を促せば、長い間収穫できます。どんなところでもよく育ち、病害虫の心配もほとんどありません。

詳しく見る

長ネギの育て方とコツ
長ネギの育て方とコツ
長ネギは、春に種をまいて、夏に苗を植え、冬に収穫するのがもっとも作りやすく、定番の作型です。暑さ寒さに強く、あまり手間もかからなくて育てやすい作物ですが、生育期間が長いので、肥料を切らさずにうまく育てることがポイントです。

詳しく見る

ニラの育て方とコツ
ニラの育て方とコツ
ニラは多年草で、ほとんど手をかけなくても分けつして大株に育ち、場所も選ばない重宝な野菜です。一度植えつければ2~3年収穫でき、株分けして植えかえれば、また収穫できるようになります。

詳しく見る

ニンニクの育て方とコツ
ニンニクの育て方とコツ
ニンニクは、ほかの作物よりも生育期間が長くかかりますが、病害虫の心配は少なく、植えつけてしまえばその後の手間がほとんどかからないので、初心者でも育てやすい作物です。

詳しく見る

野沢菜の育て方とコツ
野沢菜の育て方とコツ
野沢菜はアブラナ科で害虫の発生しやすい野菜ですが、防虫ネットでトンネルしてしっかり防除すれば、寒さに比較的強く、初心者でも手軽に育てることができます。

詳しく見る

のらぼうの育て方とコツ
のらぼうの育て方とコツ
のらぼうは寒さに強く、氷点下になっても枯死することはなく、寒さの厳しい冬の間も生育します。春に伸びてきたトウを摘むと、柔らかくて美味しいわき芽が次々と出てきます。

詳しく見る

白菜の育て方まとめ
白菜の育て方まとめ
白菜は病害虫の発生が多くて育てにくい野菜ですが、害虫対策をしっかり行い、ポイントをきちんと守れば、それほど心配はいりません。育てやすい品種や、苗の作り方、白菜を長期保存する方法など、白菜の育て方についてまとめました。

詳しく見る

ベカナの育て方とコツ
ベカナの育て方とコツ
ベカナは、作りやすく、短期間で収穫できるので、空いた場所を有効利用する間作もできます。また、白菜ができるまでのつなぎや代わりの野菜として育てるのもよいでしょう。

詳しく見る

ホウレンソウの育て方とコツ
ホウレンソウの育て方とコツ
ホウレンソウは、酸性土壌では生育がいちじるしく劣るので、種まきの前に石灰などで調整します。季節ごとに適した品種を選べば、ほぼ一年中育てられますが、秋に種をまいて冬に収穫するのが育てやすくておすすめです。

詳しく見る

ミズナの育て方とコツ
ミズナの育て方とコツ
ミズナは、種まきから1~2カ月程度のやわらかいうちにサラダに、大きく育てれば1株が4~6kgにもなります。寒さ暑さに強く、比較的病害虫も少なく、乾燥に気を付ければ、手軽に楽しめる冬場の京野菜です。

詳しく見る

ミブナの育て方とコツ
ミブナの育て方とコツ
ミブナはミズナの自然交雑によって生まれた変種で、ミズナと同様に水を好み、乾燥に弱いので、乾燥する時期は水やりをすると旺盛に育ちます。大きく育てれば1株が4kg以上になりますが、家庭菜園では間引き菜、小株、大株、このみの大きさで収穫が楽しめます。

詳しく見る

芽キャベツの育て方とコツ
芽キャベツの育て方とコツ
茎は伸びながら葉のつけ根に小さなキャベツをつけ、結球は下からはじまって上へと進み、11月ごろから2月ごろまで収穫を楽しめます。ブロッコリーと同じような性質なので、いっしょに2~4株くらいつくっておくと重宝します。

詳しく見る

モロヘイヤの育て方とコツ
モロヘイヤの育て方とコツ
モロヘイヤは、暑さに強く、気温の高い真夏にグングン元気に育ちます。生育が旺盛で、虫がつきにくく、秋に花が咲くまで収穫でき、初心者でも簡単につくれます。

詳しく見る

わさび菜の育て方とコツ
わさび菜の育て方とコツ
わさび菜は、点まきして育てれば大株になりますが、すじまきして、小株で間引き収穫しながら大株に育てるのがおすすめです。収穫までの期間も種まきから約1か月と短いので、初心者でも簡単に育てることができます。

詳しく見る

スポンサーリンク