春の菜園計画を立てよう

人によって若干の違いはあるものの、健康で丈夫な体を維持するためには、1日に緑黄色野菜150グラム、淡色野菜150グラム、イモ類100グラム、あわせて400グラム程度が必要だといわれています。 これを年…

家庭菜園の6月|梅雨に入る前に病気の予防に力を入れる

6月からは夏野菜の整枝や誘引の作業に追われ、収穫の方も忙しくなってきます。 気温も上がって野菜もよく成長しますが、雑草もよく育ちます。早めの除草がポイントです。 6月の中旬には多くの地域で梅雨入りし、…

家庭菜園の春|3月~5月は野菜の栽培にいちばん適した時期

本格的な家庭菜園シーズンの到来となる春は、家庭菜園の一年が始まったと感じるときです。 野菜の栽培にいちばん適した時期です。多くの農園の使用開始時期が4月からであることもあり、春から家庭菜園をはじめよ…

家庭菜園の5月|夏野菜の植えつけ、丈が伸びたら支柱を立てる

5月になると、遅霜の心配もなくなります。適期を逃さないよう、夏野菜の苗を植えましょう。 葉もの野菜は、5月になると気温が上がって次々トウ立ちします。あまり大きくせずに、小さいうちに収穫しましょう。 […

家庭菜園の1月、2月|寒さの厳しいこの時期にやっておきたいこと

農家では2月ごろからキャベツやブロッコリー、トウモロコシやレタスなどの苗づくりをはじめます。 ただし、この時期に苗を作るにはビニールハウスや園芸マット(保温マット)などの加温資材が必要なので、家庭菜…

体を温める冬の野菜

野菜によって、体を温めてくれるものもあれば、冷やしてしまうものもあります。 土の中でできる野菜、つまり根菜類など、冬が旬のにんじん、ごぼう、しょうがなどは体を温めてくれる効果があります。 しょうがなど…

冬の間に土づくりをしよう!

家庭菜園における土づくりはハードです。 まず、家庭菜園は面積的に広くありません。 そのため、そこに多種多様な野菜を頻繁に作つけするため、土は野菜畑に比べると、相当消耗しています。 土の生産力を意味する…

家庭菜園での梅雨対策|梅雨をうまく乗り切るために早めの対策

6月上中旬~7月中下旬の梅雨時期は、気温が高く、しかも雨や曇りの日が多くなり、水はけのよい畑であっても、なにも対策しなければ病気や生育障害が発生しやすくなり、蔓延することもあります。 梅雨明けからは、…