野沢菜の育て方とコツ|葉柄を大きく育てれば1mにもなる!

スポンサーリンク

野沢菜

野沢菜は、北信州の野沢温泉特産の野沢菜漬けに使う漬菜の一種で、上手に育てると1mにもなる大型のアブラナ科の野菜です。

今から260年ほど前、野沢温泉村のお寺の住職が京都から天王寺蕪(大きな蕪)の種を持ち帰って植えて育てたところ、茎丈の高い蕪菜になりました。

野沢温泉は、年平均気温9.5℃という高冷地です。京都の年平均気温15.9℃で温暖な気候で育つ天王寺蕪は、野沢温泉の冷涼な気候で変異し、野沢菜が生まれました。

野沢菜は天王寺蕪の変異であることから本来は蕪で、根の部分が蕪のように肥大しますが、この肥大した根は食べず、葉柄の部分を大きく育てることがポイントです。

野沢菜の育て方

野沢菜はアブラナ科で害虫の発生しやすい野菜ですが、防虫ネットでトンネルしてしっかり防除すれば、寒さに比較的強く、初心者でも手軽に育てることができます。

春まき栽培と秋まき栽培ができますが、春まきはトウ立ちが早くて大株にならないため、秋まき栽培がおすすめです。

概要

生育温度 15~25℃。
連作障害 あり。1年以上あける。
育てやすい品種 品種として成立したものはない。
元肥 苦土石灰と元肥を入れる。
種まき時期 春まき:3月中旬。
秋まき:8月下旬~9月下旬。
種まき方法 畝幅:90cm。
マルチ:しなくてもできるが、した方が管理が楽に行える。
株間:条間20~45cm(大きく育てたい場合は条間を広めに)ですじまき。
栽培中の管理 害虫対策:種まきをしたらすぐに防虫ネットでトンネルする。
追肥:最後の間引きが終えたら。
収穫 葉が50~60cmくらいになったら。

ポイント

  • 秋まきが栽培しやすい。
  • 連作をしない。
  • 酸性に強く傾いた土壌ではかならず石灰を施す。
  • 種まきを終えたらすぐに防虫ネットでトンネルする
  • 発芽したら葉が触れ合わないように順次間引く。
  • あまり長くおくと硬くなるので早めに収穫する。

品種

野沢菜は漬菜の一種なので、品種として成立したものはありません。

栽培時期

準備中…。

※地域によって栽培時期は異なります。事前に確認してください。

畑の準備

野沢菜は連作障害の出る野菜です。野沢菜を含むアブラナ科の野菜を1年以上は栽培していない場所を選びます。

また、酸性の土壌を嫌います。酸性に強く傾いた土壌ではかならず石灰を施し、土壌酸度を調整します。

種まきの2週間前に苦土石灰をまいて耕し、1週間前になったら堆肥と化成肥料を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

野沢菜の種まきはすじまきであることから、マルチを張らずに栽培するのが一般的です。しかし、マルチをすじ状にカットすればすじまきできます。雑草の抑制や地温を上げる効果に期待できるマルチ栽培をおすすめします。

種まき

野沢菜の種まき

マルチを20~45cm間隔(大きく育てたい場合は条間を広めに)ですじ状にカットし、切り込みに支柱などを押し当てて浅い溝を作ります。

溝にできるだけ均一になるように種をまき、薄く(1cmほど)土を被せて軽く鎮圧し、水をたっぷりやります。

害虫対策

野沢菜の害虫対策に防虫ネットでトンネル

野沢菜はアブラナ科で、害虫の発生しやすい野菜です。生育初期に害虫に食害されると著しく生育が阻害されます。

そのため、防虫ネットでトンネルして防除します。発芽して数日すると葉に卵を産み付けられますので、種まきを終えたらすぐにトンネルすると安心です。

間引き

発芽

発芽したら葉が触れ合わないように順次間引きを行い、最終的に20cmくらいの株間にします。

追肥

最後の間引きが終えたところ

最後の間引きが終えたら、化成肥料を追肥します。

収穫

収穫適期の野沢菜

葉が50~60cmくらいになったら早めに収穫します。

霜に数回あてるとアクが抜け、甘みがでて食味が良くなります。

ただし、あまり長くおくと硬くなり、積雪にも弱いので、その前までに収穫します。

収穫した野沢菜

スポンサーリンク