里芋の保存方法|土を厚く盛れば翌年まで、穴に埋めれば春まで保存できる

スポンサーリンク

里芋は低温に弱い野菜で、収穫が遅れたり、収穫せずに放っておくと、せっかく育った芋が腐ってしまいます。厳寒期に入る前までにすべて収穫してしまうか、地中に埋めて保存して上手に利用しましょう。

簡単な長期保存の方法を二つ紹介します。1つは、栽培した場所にそのまま残して保存します。もう1つは、畑の隅などに穴を掘り、芋を埋めて保存します。

上手に保存できれば、いつでも掘り出して利用することができて便利です。

里芋の保存期間

里芋は5℃以下になると、低温障害を起こし、芋が腐敗しやすくなります。何も手を施さなかった場合の芋の保存期間は、霜が降りるまでとなります。

ただし、土を厚く盛っておけば翌年まで保存でき、穴を掘って芋を埋めておけば春まで保存することができます。

栽培した場所にそのまま残す方法

土を厚く盛っておけば、翌年まで保存できます。

穴に埋めるよりも保存力は落ちますが、手間がほとんどかからず、収穫量が少なく、春まで後作の予定がない場合などに最適です。

ただし、芋が地表に近い位置にありますので、寒さの厳しい寒冷地での保存には向きません。

[保存方法]

芋を掘り上げず、そのまま芋の上に土を厚く(できれば30cmくらい)被せます。後に掘りだす時のために、株の位置に棒や細い支柱などをさして目印にしておきます。

芋を穴に埋める方法

穴に埋めて上手に保存できれば春まで保存できます。

けれども、一度里芋を掘り上げること、穴を掘ること、芋を利用するのに掘り起こさなければならないなど、労力を必要とします。

寒さの厳しい寒冷地や、たくさん保存する必要がある場合に最適です。

[保存方法]

畑の隅などに60cm~1mくらいの穴を掘り、種芋と子芋は離さずに下向き(逆さ)にして重ねるように並べます。できれば、藁を芋の上に敷き詰め、土を被せます。さらに、その上に藁やもみ殻を被せ、土を盛ってビニールを被せておきます。

スポンサーリンク