里芋の栽培は水分が重要|夏場の水の確保が増収のポイント

スポンサーリンク

里芋の栽培で最も大切なのは、梅雨明け後、夏場に土壌を乾燥させないことです。

里芋は高温多湿を好み乾燥に弱く、水が不足すると葉がしおれてしまい、灌水しても戻ることはありません。すると、葉が傷み、芋の肥大に大きく影響します。

また、芋を肥大させるために夏には葉を大きく広げますので、たくさんの水を必要とします。

そこで、梅雨が明けて乾燥が進む頃から株元に敷き藁などをして極度の乾燥を防ぎ、晴天が続いたら一週間に一度の間隔で潅水します。潅水は土の表面が濡れる程度の量ではなく、畝の中までしっかり濡れるようにたっぷりやります。潅水する量の目安は、1株当たり20リットルとして、畝間にたっぷりやります。

ただし、潅水しすぎると葉がひょろひょろと伸びすぎて軟弱になり、強風などで倒れてしまいます。畑が乾いているのを確認し、午前中か夕方に潅水します。

潅水する時期は、梅雨明けの7月中旬以降から収穫時期までです。梅雨の時期であっても、晴天が続いて土壌が乾燥すれば潅水します。

里芋は他の作物と違い、乾燥して葉が枯れると立ち直れませんので、特に夏場の乾燥には注意し、定期的な潅水を心がけましょう。

スポンサーリンク