実を食べる野菜まとめ一覧

スポンサーリンク

トマトやナス、さやいんげんなど、若い莢や実を食べるグループ。

イチゴの育て方まとめ
イチゴの育て方まとめ
甘くて美味しいイチゴは、子供に人気ナンバーワンの野菜です。家庭菜園でイチゴを育てる場合は、10月下旬に苗を購入して露地に植えつけて、翌年の5月頃から収穫します。

詳しく見る

インゲンの育て方まとめ
インゲンの育て方まとめ
つるありインゲンは支柱が必要でやや手がかかりますが、収穫期間が長くて収穫量が多くなります。つるなしインゲンは手軽に育てられ、種まき時期をずらして長く収穫できます。

詳しく見る

枝豆の育て方まとめ
枝豆の育て方まとめ
枝豆は、大豆の若い未熟な実を収穫したもので、良質なたんぱく質を含み、夏のビールのお供に最適です。最近は輸入の冷凍物が一年中出回っていますが、採れたて、茹でたての枝豆の味は格別です。

詳しく見る

エンドウの育て方まとめ
エンドウの育て方まとめ
エンドウといえば、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピース、実エンドウですが、中でもスナップエンドウは甘みが強く、子供にも人気です。秋に植えて小苗の状態で冬越しさせると、寒い間に根を張り、春先からグングン大きくなります。

詳しく見る

オクラの育て方まとめ
オクラの育て方まとめ
オクラは、独特のネバネバと食感が特徴で、野菜の中では群を抜いて花が美しい栄養野菜です。実の断面が五角形や六角形などの角オクラと、角がない丸オクラがあり、丸オクラは実が大きくなっても硬くなりにくいので、家庭菜園に向いています。

詳しく見る

カリフラワーの育て方とコツ
カリフラワーの育て方とコツ
カリフラワーはブロッコリーと性質がよく似ていて、栽培方法はほぼ同じです。夏の暑い時期に植えるため、活着するまでこまめに水をやり、害虫も多い時期なので、苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルして保護します。

詳しく見る

ゴーヤの育て方とコツ
ゴーヤの育て方とコツ
ゴーヤは、蔓性の野菜なので、支柱を立ててキュウリ用のネットを張っておけば、勝手によじ登って広がり、つぎつぎと実をつけます。丈夫で、あまり手をかけなくても育つので、緑のカーテンとしてもよく栽培されます。

詳しく見る

小玉スイカの育て方まとめ
小玉スイカの育て方まとめ
スイカは、大玉、中玉、小玉などさまざまな大きさの品種がありますが、家庭菜園の小さな畑で育てるには、小型の小玉スイカがよいでしょう。本来、小玉スイカは高温性の野菜で、夏の日照りが多く、猛暑が続くほどおいしい実ができます。

詳しく見る

ゴマの育て方とコツ
ゴマの育て方とコツ
ゴマは熱帯性植物で高温、乾燥に強く、日が照るほどに豊作になることから、「日照りゴマに不作なし」といわれます。日あたりと水はけのよい場所を選び、気温が20度以上になってから種をまきましょう。

詳しく見る

シシトウの育て方とコツ
シシトウの育て方とコツ
シシトウは、辛みのない甘み種のトウガラシで、完熟すると赤くなりますが、通常は未熟な緑色の実のうちに収穫します。シシトウは栽培期間が5月から10月と長いので、肥料切れさせないように、追肥をこまめに行うことがポイントです。

詳しく見る

ズッキーニの育て方とコツ
ズッキーニの育て方とコツ
ズッキーニは、ウリ科でも蔓が伸びないので、狭いスペースの家庭菜園でも作ることができます。花が次々と咲き、たくさんの実が採れるので、肥料を切らさないようにこまめに追肥をしましょう。

詳しく見る

大豆の育て方とコツ
大豆の育て方とコツ
大豆の栽培を成功させるポイントは、大豆用の品種を使用して、適期に種をまき、条件のよい時期に生育を合わせることです。大豆はあらゆる作物の中で窒素吸収量が最も多く、窒素成分が多いと葉ばかりが茂って実がつかないので、肥料成分が少ない畑を選びましょう。

詳しく見る

【地這い】キュウリの育て方とコツ
【地這い】キュウリの育て方とコツ
地這いキュウリは丈夫で暑さに強く、支柱栽培に比べて病害虫の発生もしにくいので、家庭菜園でキュウリを育てるのに適しています。

詳しく見る

トウガラシ(鷹の爪)の育て方とコツ
トウガラシ(鷹の爪)の育て方とコツ
トウガラシはシシトウやピーマンなどの仲間で、栽培方法もほとんど同じですが、トウガラシは整枝をする必要がなく、簡単に育てられます。生育適温が25~30℃と高温性で暑さに強く、病害虫の心配もあまりないので、初心者でも育てやすい野菜です。

詳しく見る

トウモロコシの育て方まとめ
トウモロコシの育て方まとめ
トウモロコシは、米、小麦粉と並ぶ世界三大穀物のひとつに数えられる作物ですが、一般的に食用とされているのは、実に含まれる糖分が多い甘み種のスイートコーンです。5月の初旬に種をまけば、あとはほとんど世話をしなくても、夏においしいトウモロコシが収穫できます。

詳しく見る

トマトの育て方まとめ
トマトの育て方まとめ
畑で育った真っ赤なトマトは、買ったものとはくらべものにならないおいしさがあります。子供たちも大好きな野菜ですから、家庭菜園にぜひ加えたい野菜のひとつです。

詳しく見る

ナスの育て方まとめ
ナスの育て方まとめ
インドが原産地で高温多湿を好むナスは、日本の夏の気候にあったつくりやすい野菜です。日本全国で栽培されており、地方ごとに形や大きさ、色もさまざまな種類があるため、珍しい品種に挑戦するのもおすすめです。

詳しく見る

ピーマンの育て方まとめ
ピーマンの育て方まとめ
ピーマンは、トマト、ナスに比べて簡単で育てやすく、収穫も多いので初心者向けの夏野菜です。家庭菜園では1番果の下の節の枝分かれ(最初に出た強い側枝)の下の脇芽をかきとるくらいで、後は放任しても十分な量を収穫できます。

詳しく見る

ブロッコリーの育て方とコツ
ブロッコリーの育て方とコツ
ブロッコリーは頭頂部の蕾(つぼみ)を食べますが、家庭菜園では、わき芽が出て小さい蕾も食べられる品種がおすすめです。アオムシがつきやすいので、防虫ネットでトンネルしてできるだけ予防するほか、こまめに観察して見つけたら取り除きます。

詳しく見る

ミニカボチャの育て方とコツ
ミニカボチャの育て方とコツ
ミニカボチャは地這いの放任栽培でもよく、1株から10~15個くらい収穫でき、1~2株あれば十分なので、家庭菜園に最適です。狭い菜園では、高さのある丈夫な支柱を立て、立体的に仕立てるのもよいでしょう。

詳しく見る

ミニメロンの育て方とコツ
ミニメロンの育て方とコツ
家庭菜園で育てやすいのは露地のミニメロンで、ネットのでない「プリンス」や、ネットの入るメロンを作りたければ「ころたん」などが育てやすいです。メロンは高温乾燥を好み、ウリハムシやうどんこ病などの病害虫の発生が多く、上手に作るにはかなりの技術を必要とします。

詳しく見る

落花生の育て方とコツ
落花生の育て方とコツ
落花生は受粉して花が萎むと、子房の付け根にある子房柄(しぼうへい)と呼ばれる部分が伸びて地中に潜り込み、やがて先端が膨らんで実になるという、珍しい育ち方をします。これらを観察できるのも、家庭菜園ならではの楽しみのひとつです。

詳しく見る

スポンサーリンク