意外と知られていない「里芋の催芽(さいが)」の効果と方法

スポンサーリンク

里芋は十分に地温が上がる4月中旬~下旬に直接畝に植えるのが一般的ですが、芽が地上に出る(出芽)までにはかなりの時間を必要とします。一か月以上も要します。

そこで、あらかじめ種芋の芽を出してから畑に植えつけをすることで、出芽(地上に芽が出る)までの期間を短縮させます。発芽している、または発芽を始める状態を「催芽(さいが)」といって、催芽させてから畑に植え付けることで、さまざまな効果があります。

里芋の催芽(さいが)の効果

種芋を植え付ける前に「催芽(さいが)」(芽出し)させておくと、さまざまな効果が得られます。

初期の生育を早める

高温を好み、発芽温度が15℃と高い里芋は、4月中旬~下旬の暖かくなってきたころに種芋を植え付けるので、まだ地温が適温に達せず、発芽までにかなりの日数が必要になります。

ビニールなどを覆って保温することで発芽が早まり、植え付け後の初期の生育が早くなります。初期の生育が早まることで生育期間が長くなり、芋を大きくさせることができます。

欠株がなくなる

里芋を直接植え付けると、いくつか発芽不良が発生し、欠株することがあります。催芽させて発芽したものだけを植えることで、欠株がなくなり、揃いも良くなります。

畝を有効利用できる

直植えでは4月中旬~下旬に植え付けますが、催芽させる場合は5月初旬~中旬に植え付ければよいため、5月中旬ごろまで他の野菜を栽培することができ、畝を有効利用することができます。

里芋の催芽の方法

催芽の方法はいくつかありますが、簡単でおすすめなのは、ポットやプランターに種芋を植えて、暖かい場所や、温室、またはビニールをベタ掛けするなど、保温して催芽させる方法です。

Step1:催芽の時期

催芽の時期

※品種や地域によって催芽の時期は異なります。事前に確認してください。

Step2:ポットに植える

ポットやプランターに培養土を半分ほど入れて、芽を上にして種芋を置き、さらに培養土を入れます。

Step3:保温して催芽(発芽)させる

苗床で保温するか、ポットを日中は外へ出し、夜は室内に入れて保温しながら催芽(発芽)させます。日中にビニールで覆って保温するのも効果的です。

Step4:管理

催芽(発芽)したら、水やりをしながら育てます。

Step5:植え付けの目安

本葉が3枚になったころに畑に植え付けます。

スポンサーリンク