チンゲンサイの育て方とコツ|条(すじ)まきで、間引きながら長く楽しむ

スポンサーリンク

チンゲンサイ

チンゲンサイは中国原産の結球しない白菜の仲間で、葉から軸まで緑色(緑軸)のものをチンゲンサイ、軸が白い(白軸)ものをパクチョイと呼びます。

葉や肉厚の葉柄は熱を加えると鮮やかな緑色になり、シャキシャキした歯ざわりで、クセもなく、中国料理だけでなくいろいろな料理に利用できます。

栄養的にも優れていて、カルシウムや鉄、ビタミン類が豊富な緑黄色野菜です。

チンゲンサイは品種改良が進み、暑さ寒さに強く、周年栽培も可能ですが、秋まきが作りやすくておすすめです。

パンダとともにやってきた?

チンゲンサイは、1970年代の日中友好ムードのころ、中国からパンダとともに日本にやってきた野菜で、今では最もポピュラーな中国野菜です。

ほかに日本に定着した中国野菜には、タアサイ、パクチョイ、ツルムラサキなどがあります。

チンゲンサイの栄養

カロテン、カルシウム、鉄、ビタミンB1、B2、C、Eなどが豊富で、ビタミンCは白菜の2倍、カルシウムが4倍、鉄分も4倍含み、栄養価の高い緑黄色野菜です。

カロテンとビタミンCがガンを予防し、カルシウムと鉄分が骨粗鬆症と貧血の改善に効果があります。

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイ

チンゲンサイは、冷涼な気候を好み、暑さにも強く、周年栽培も可能ですが、夏の高温期は病害虫が多くて難しいため、春と秋に栽培するのが一般的です。

とくに秋まきが育てやすく、春まきはトウ立ちしやすく、病害虫も多くなります。

初心者でも育てやすく、間引きながら収穫すると長く楽しめて、家庭菜園向きの青菜です。

概要

生育温度 15~20℃。
連作障害 あり。1年以上あける。
土壌酸度 6.0~6.5。
育てやすい品種 チンゲンサイ青帝(せいてい)、長陽(ちょうよう)、シャオパオ(ミニ)など。
元肥 苦土石灰と元肥を入れる。
種まき時期 春と秋。
種まき方法 畝幅:90cm。
マルチ:しなくてもいいが、した方が管理が楽に行え、防寒対策にもなる。
種まき方法:条(すじ)まき。
条間:20cm。
栽培中の管理 間引き:葉が触れ合うようになったら間引き、本葉5~6枚までに株間15~20cmにする。
追肥:秋まきでは本葉5~6枚になったころ。
収穫 背丈が15~20cmになったら。
病害虫 害虫:アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシ、コナガなど。
病気:根こぶ病、白さび病、菌核病、白斑病、微量要素欠乏症状など。

ポイント

  • 秋まきが育てやすい。
  • 連作しない。
  • 酸性土は中和する。
  • 防虫ネットでトンネルして害虫を防除する。

栽培時期

チンゲンサイの栽培時期

※品種や地域によって栽培時期は異なります。事前に確認してください。

春から秋まで種まきできますが、夏の高温期は難しく、病害虫も発生しやすいので、避けた方がよいでしょう。

とくに秋まきが育てやすく、春まきはトウ立ちしやすいので注意が必要です。

育てやすい品種

チンゲンサイ青帝(せいてい)、長陽(ちょうよう)、シャオパオ(ミニ)など。

畑の準備

p9160285

チンゲンサイは連作を嫌うので、1年以上あけます。

酸性の土壌を嫌うので、酸性に強く傾いた土壌ではかならず石灰を施し、土壌酸度を調整します。

種まきの2週間前に苦土石灰をまいて耕し、1週間前になったら堆肥と化成肥料を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

黒マルチは、雑草の抑制や、地温を上げる効果に期待できます。

種まき

チンゲンサイの種まき

マルチを20cm間隔ですじ状にカットし、切り込みに支柱などを押し当てて浅い溝を作ります。

溝に5cm間隔くらいで種をまき、薄く(1cm以下)土を被せて軽く鎮圧し、水をたっぷりやります。

害虫対策

防虫ネットでトンネル

チンゲンサイはアブラナ科で、コナガなどのイモムシがつきやすいため、防虫ネットでトンネルすると安心です。

発芽するとすぐに葉に卵を産み付けられるので、種まきを終えたらすぐにトンネルして予防しましょう。

間引き

葉が触れ合うころ

葉が触れ合うようになったら間引き、本葉5~6枚までに株間15~20cmにします。

追肥

本葉5~6枚のころ

秋まきでは生育期間が長いので、本葉5~6枚になったころに化成肥料で追肥します。

収穫

収穫期のチンゲンサイ

背丈が15~20cmになったら、株元から切り取って収穫します。

春まきでは、トウ立ちしないうちに早めに収穫します。

秋まきでは、霜にあてると美味しくなりますが、冬越しすると傷むので、早めに収穫するか、不織布などかけて霜よけをします。

収穫したチンゲンサイ

病害虫

チンゲンサイはアブラナ科で、アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシ、コナガなどの害虫がつきます。

防虫ネットでトンネルして予防し、害虫を見つけたら早めに取り除きます。

病気では、根こぶ病、白さび病、菌核病、白斑病、微量要素欠乏症状などが出ます。

連作を避け、病気に強い品種を使用し、酸性土は中和します。

コンパニオンプランツ

チンゲンサイと春菊は相性がよく、混植すると害虫を忌避する効果があります。

時期をずらして種まき

種を一度にたくさんまかず、2週間おきくらいにまくと、収穫時期がずれて、長く楽しむことができます。

春まきはトウ立ちに注意

春まきはトウ立ちが早いので、背丈が15cmになるまでに全部収穫します。

苗を作る場合

3号ポットに培養土を入れ、種を4~5粒ずつまき、土を1cmくらい被せ、水をたっぷりやります。

本葉1~2枚くらいのころに間引いて2~3本にします。

本葉3枚のころ、条間20cm、株間15cmで植えます。

チンゲンサイは移植に強いので、苗を多めに作っておき、後作に植えると便利です。

また、トレーやプランターなどに種を筋(すじ)まきやばらまきし、間引きして苗を作ると簡単です。

チンゲンサイの苗を植えたところ

株が倒れる場合

間引きをすると倒れやすくなるので、株元に土を寄せて株を安定させます。

大株にするには

背丈30cmの大株に育てるには、株間を20~30cmとり、早めに間引きを行います。

ただし、春まきではトウ立ちしやすいので、あまり大株にしないで、背丈15cmくらいまでに収穫しましょう。

防寒対策

秋まきでは、大株にするためや、種まきが遅れて冬越しすると、霜にあたって傷みます。

11月上旬~中旬から、不織布をかけるか、ビニールでトンネルして保温するとよいものがとれます。

ミニチンゲンサイ

ミニチンゲンサイは、草丈10~15cmで収穫する手のひらサイズのチンゲンサイです。

生育日数は20~30日と短く、切らずに丸ごと料理に使え、家庭菜園向きといえます。

ミニチンゲンサイの品種:シャオパオなど。

スポンサーリンク