白菜の育て方まとめ

スポンサーリンク

栽培中の白菜

白菜は病害虫の発生が多く、育てにくい野菜とされていますが、害虫対策をしっかりと行い、ポイントをきちんと守れば、それほど難しくありません。

春まきと秋まきができますが、春まきは結球しにくく難しいので、家庭菜園では育てやすい秋に種まきして冬に収穫するのがおすすめです。

育てやすい品種や、苗の作り方、白菜を長期保存する方法など、白菜の育て方についてまとめました。

白菜の育てやすい品種
白菜の育てやすい品種
白菜は、根こぶ病、ウィルス病、軟腐病などの病気に弱いので、病気に強い品種を選びます。また、低温でも肥大し、耐寒性に優れ、結球しやすい品種を選ぶと育てやすいです。

詳しく見る

白菜の苗の作り方
白菜の苗の作り方
ポットやトレーで苗を育て、ある程度大きくしてから畑に植えるのが簡単です。ポットやトレーであれば害虫の予防が手軽にでき、発芽直後の致命的な被害を避けることができます。ポイントをおさえれば簡単に作れますので、是非、挑戦してみてください。

詳しく見る

白菜の育て方
白菜の育て方
白菜は病害虫が多く、初心者には難しい野菜ですが、育てやすい品種を選ぶことで、栽培はぐんと楽にできます。また、栽培適期を守り、元肥を多目に入れるなどのポイントをおさえ、害虫対策をしっかりと行えば、家庭菜園でも十分つくることは可能です。

詳しく見る

白菜の害虫対策
白菜の害虫対策
白菜は害虫が発生しやすい野菜です。せっかくネットをしても、害虫が外からネットの中に入ってしまえば意味がありません。白菜に卵を産みつけさせない、ネットの中に侵入させないためのポイントがあります。

詳しく見る

白菜の保存方法
白菜の保存方法
白菜は結球すると耐寒性が弱くなり、畑でそのままにしておくと厳しい寒さや霜によって腐ってしまいます。株がかなり残っている場合には、霜が降りる前までに、畑で防寒対策を行うか、収穫して家で保存しましょう。

詳しく見る

白菜の育ててみたい品種
白菜の育ててみたい品種
白菜といえば、大きく結球した白菜をイメージしますが、その他にも、白菜には珍しいものから実用的なものまで、たくさんの品種があります。

詳しく見る

白菜の黒い点
白菜の黒い点
たまに白菜の葉の白い芯の部分に黒い点がついているものがあります。多いものではゴマをふったように見えることから、ゴマ症と呼びます。 黒い点の原因は、栄養過多による生理障害です。

詳しく見る

スポンサーリンク