タマネギの育て方まとめ

スポンサーリンク

肉料理や魚料理と相性がよく、なくてはならない存在のタマネギ。

秋~冬は一般的なタマネギ、4~6月はフレッシュな味わいの新タマネギと旬が二度ありますが、日本で多く栽培されている黄タマネギは貯蔵性に富むため、一年を通じて市場に流通しています。

根野菜に見えますが、ネギ類のため、食べているのは茎の根元がふくらんで大きくなった鱗茎(りんけい)で、厳密にいうと葉ということになります。

貯蔵性が高く、いまでは一年中欠かせない重要な野菜になっています。

タマネギの育てやすい品種
タマネギの育てやすい品種
タマネギは種をまいてから収穫までの栽培期間が長いので、病気に強く、強勢で作りやすい品種を選ばれたほうがよいでしょう。また、品種によって貯蔵できる期間が異なるので、家庭菜園では長期保存できる品種を選びましょう。

詳しく見る

タマネギの苗の作り方
タマネギの苗の作り方
プランターを使ってタマネギの苗を作る方法がおすすめです。家でプランターに種をまいて苗を育てれば、病害虫の被害を受けにくく、簡単にタマネギの苗を作ることができます。

詳しく見る

タマネギの育て方とコツ
タマネギの育て方とコツ
晩夏に種まきして苗をつくり、本格的に寒くなる前の11月中旬に苗を畑に植えます。かならず適期に種をまき、植えつけ適期までに太さ5~6mmくらい(鉛筆より少し細い)の苗をつくるのがポイントです。

詳しく見る

タマネギの貯蔵用と一緒に育ててみたい品種
タマネギの貯蔵用と一緒に育ててみたい品種
最近は、さまざまなタマネギの品種が楽しめるようになりました。スーパーなどでは手に入りにくい品種や、変わった色や形の品種に挑戦してみたりするのも、家庭菜園ならではの楽しみです。

詳しく見る

スポンサーリンク