知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 秋・冬の野菜 」 一覧

サツマイモの特徴

サツマイモは、ビタミンCと食物繊維がたっぷり!カロリー控えめ!女性にファンが多い野菜です。 原産地は、アメリカ大陸の熱帯・亜熱帯地方で間違いありませんが、中央アメリカや南アメリカが原産という説があり、 ...

サツマイモの種類

サツマイモは世界に4000種あるといわれていますが、日本で栽培されているのは約40種です。 ベニアズマ、鳴門金時、紅はるかなどが市場に多く出回っています。 サツマイモは地域によって味が違い、徳島の鳴門 ...

サツマイモの旬

[サツマイモの旬] 収穫は9月から11月ごろ 貯蔵されて甘みが強くなるのは1月~2月ごろ サツマイモが収穫されるのは9月から11月ですが、甘みが増しておいしくなるのは1月から2月にかけてです。 収穫し ...

サツマイモの栄養・効能

ビタミンCたっぷり!食物繊維たっぷり!カロリー控えめ! サツマイモは、女性にうれしい美容食です。 ホクホクで甘いサツマイモの主成分はデンプンで、加熱することによって一部が糖質に変わり甘みが増します。 ...

サツマイモの選び方のポイント

サツマイモの収穫時期は9月から11月ごろで、収穫したばかりのものは、みずみずしくフレッシュな味わいです。 貯蔵されて甘みが増しておいしくなるのは1月から2月にかけてです。 ベニアズマは、関東地方の代表 ...

サツマイモの下ごしらえ

サツマイモに土がついている場合は、水できれいに洗い流します。 たわしなどでこすると皮がむけてしまうので、指でこすって洗います。 サツマイモの皮の下にアクの成分を多く含み、皮の黒い部分はとくに強いアクを ...

サツマイモのおいしい食べ方

サツマイモのおいしさで重要なのは、甘さと食感です。 収穫したてのものはみずみずしくフレッシュな味わいですが、貯蔵されて2か月ほど経ったものは甘みが増します。 ベニアズマは、関東地方の代表的な品種で、ほ ...

サツマイモを甘くするには低温加熱

サツマイモは、水分を除くと90%が糖質で、イモ類の中ではもっとも甘さがあります。 しかし、生のサツマイモは、糖類がほとんど含まれていないため、食べてもほとんど甘みは感じません。 甘さを最大限に引き出す ...

サツマイモは葉柄もおいしい

サツマイモの葉柄(葉の下の茎のような部分)は、東南アジアでは野菜として食べられています。 日本でも、飢饉のさいには食べられていました。 現在でも、一部の地域では野菜として売られています。 イモだけでな ...

サツマイモの保存のポイント

サツマイモは低温にとても弱いので、冷蔵庫に入れるのは避けます。 乾燥しないように、紙袋に入れるか、新聞紙にくるみ、日のあたらない涼しい場所で保存します。 使いかけのものはラップに包んで冷蔵庫に入れ、早 ...

菜園でサツマイモを作ろう

サツマイモははじめてでも育てやすい野菜です。 5月に市販される葉つきの茎を購入して植えつけます。 収穫は10月下旬から始まります。 サツマイモは低温に弱いので、遅くとも霜が降りる前までに収穫しましょう ...

ニンニクを食べよう!

夏バテや風邪予防に欠かせないスタミナ食材といえばニンニク。 原産は西アジアから中央アジアのあたりといわれ、同じくスタミナ食材であるネギやニラと同じユリ科ネギ属に分類される野菜です。 昔から、疲労回復、 ...

ニンニクの原産地

ニンニクの原産地は、西アジアから中央アジアあたりといわれていますが、明らかになっていません。 しかし、ニンニク栽培の歴史は非常に古く、はるか昔の古代エジプト、ギリシャの時代には、ピラミッド建設の労働者 ...

ニンニクの旬

ニンニクは、生育の早い暖地型と、生育の遅い寒地型に大きく分けられ、収穫の時期が少し異なります。 寒地型は、1個あたり6片前後と少なく1片が大きいのが特徴で、寒さに強くて生育は遅く、9月下旬に種球を植え ...

ニンニクの栄養・効能

[カロリー] 134kcal/100g [主な栄養] タンパク質、糖質、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシン、C [主な効能] ・疲労回復 ・風邪の予防 ・殺菌作用 ・解毒 ...

黒ニンニクって知ってる?熟成のスーパーパワーで免疫力向上!

黒ニンニクをご存知ですか? 文字通り、ニンニクを黒くしたものです。 ニンニクのパワーはみなさんご存知だと思います。 ニンニクを食べると、エネルギーがわいてきて、元気になりますよね。 黒ニンニクは、その ...

おいしいニンニクの選び方

[見分け方] ・薄皮の色が白くてツヤがある。 ・頭の茎の部分がよく締まっている。 ・粒が大きく、かたく重いもの。 皮が白く、上から見たときに1片1片のふくらみが均一で、粒が大きく、手で持ったときに重み ...

ニンニクの部分で使い分けよう

食用となる部分は鱗茎(りんけい)で、地下茎が肥大したものです。 球ニンニクの利用が中心になっていますが、食の多様化により、「ニンニクの芽」と呼ばれる花茎や、「葉ニンニク」と呼ばれる葉を若どりしたものも ...

ニンニクの下ごしらえ

ニンニクの味と香りを料理に加えたいときは、すりおろしやみじん切りにして調理します。 料理に香りのみを移したいときは、薄切りにすれば後でとり出しやすくなります。 ニンニクの強いかおりが苦手な人は、ちょっ ...

小松菜の特徴

小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科に属する漬け菜の一種です。 原産は南ヨーロッパ地中海沿岸で、中国を経て渡ってきたカブが小松菜の祖先とされています。 江戸時代に下町の小松川(現在の東京都江戸川区) ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2020 All Rights Reserved.