知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 投稿者アーカイブ:佐々木 」 一覧

オクラの特徴

刻むと独特のネバネバが出るオクラ。 原産地はアフリカ東北部で、「オクラ」の名も現地語に由来しています。 エジプトでは2千年前に栽培されていた記録があるそうです。 日本には江戸時代末期にアメリカ人によっ ...

オクラの種類

オクラの形はどれも同じもののように見えますが、オクラにはさまざまな種類(品種)があります。 種類は形状によって区別され、五角種、丸サヤ種、多角種などがあり、角のある五角種が好まれ、一般的に多く出回って ...

オクラの旬

東南アジアからの輸入が多く、ハウス栽培も盛んで通年出回っています。 本来の旬は7~8月の真夏で、味が最高によく、価格も安くなります。 長さ6~8cmのものがやわらかく、濃い緑色でうぶ毛がびっしり生えて ...

オクラの栄養・効能

[おもな成分] ペクチン、ムチン、カロテン、ビタミンCなど。 [おもな効能] ・整腸作用 ・コレステロールの上昇抑制 ・血糖値の上昇抑制 ・胃腸病の予防 スタミナ野菜の代表格であるオクラ。 切ったり刻 ...

おいしいオクラの選び方

オクラの旬は7~8月の真夏で、味も最高です。 鮮度が落ちると風味が落ちるので、できるだけその日のうちに使いきりましょう。 [鮮度] ヘタの切り口がみずみずしく、へたが黒ずんでいなくて、しおれていないも ...

オクラの下ごしらえ

うぶ毛があると口当たりが悪くなるため、塩をふってまな板の上でころがしてうぶ毛をとります。 緑のネットに入っていたら、ネットごと流水の中でこすりあわせると、簡単にうぶ毛がとれます。 種には苦みがあるため ...

オクラのおいしい食べ方

くせがなく特有の風味があるオクラ。 オクラのネバネバのもととなっているのは、食物繊維として働くペクチンと、糖たんぱく質のムチンです。 ムチンには、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸と ...

オクラの保存方法

オクラは、鮮度が落ちると風味が落ちるので、できるだけその日のうちに使いきります。 オクラは暑い地方が原産の野菜です。 暑すぎなければ常温でも日のあたらない場所で保存できます。 5℃以下の場所だと低温障 ...

菜園でオクラを作ろう

オクラの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。 ⇒ オクラの育て方を徹底解説!|イチからわかる野菜の育て方 プランターでのオクラの育て方はこちら。 ⇒ プランターでオクラを育てよう ...

ニンニクを食べよう!

夏バテや風邪予防に欠かせないスタミナ食材といえばニンニク。 原産は西アジアから中央アジアのあたりといわれ、同じくスタミナ食材であるネギやニラと同じユリ科ネギ属に分類される野菜です。 昔から、疲労回復、 ...

ニンニクの原産地

ニンニクの原産地は、西アジアから中央アジアあたりといわれていますが、明らかになっていません。 しかし、ニンニク栽培の歴史は非常に古く、はるか昔の古代エジプト、ギリシャの時代には、ピラミッド建設の労働者 ...

ニンニクの種類

ニンニクの種類は、寒地型と暖地型に大きく分けられ、生育に大きな違いがみられます。 [寒地型] ニンニク1個あたり6片前後と少ないですが、1片が大きいのが特徴です。 生育は遅く、収穫まで時間がかかります ...

ニンニクの旬

ニンニクは、生育の早い暖地型と、生育の遅い寒地型に大きく分けられ、収穫の時期が少し異なります。 寒地型は、1個あたり6片前後と少なく1片が大きいのが特徴で、寒さに強くて生育は遅く、9月下旬に種球を植え ...

ニンニクの栄養・効能

[カロリー] 134kcal/100g [主な栄養] タンパク質、糖質、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシン、C [主な効能] ・疲労回復 ・風邪の予防 ・殺菌作用 ・解毒 ...

黒ニンニクって知ってる?熟成のスーパーパワーで免疫力向上!

黒ニンニクをご存知ですか? 文字通り、ニンニクを黒くしたものです。 ニンニクのパワーはみなさんご存知だと思います。 ニンニクを食べると、エネルギーがわいてきて、元気になりますよね。 黒ニンニクは、その ...

おいしいニンニクの選び方

[見分け方] ・薄皮の色が白くてツヤがある。 ・頭の茎の部分がよく締まっている。 ・粒が大きく、かたく重いもの。 皮が白く、上から見たときに1片1片のふくらみが均一で、粒が大きく、手で持ったときに重み ...

ニンニクの部分で使い分けよう

食用となる部分は鱗茎(りんけい)で、地下茎が肥大したものです。 球ニンニクの利用が中心になっていますが、食の多様化により、「ニンニクの芽」と呼ばれる花茎や、「葉ニンニク」と呼ばれる葉を若どりしたものも ...

ニンニクの下ごしらえ

ニンニクの味と香りを料理に加えたいときは、すりおろしやみじん切りにして調理します。 料理に香りのみを移したいときは、薄切りにすれば後でとり出しやすくなります。 ニンニクの強いかおりが苦手な人は、ちょっ ...

小松菜の特徴

小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科に属する漬け菜の一種です。 原産は南ヨーロッパ地中海沿岸で、中国を経て渡ってきたカブが小松菜の祖先とされています。 江戸時代に下町の小松川(現在の東京都江戸川区) ...

小松菜の種類

小松菜のシャキシャキとした歯ざわりとクセのなさが好まれ、品種改良が進められています。 小松菜とチンゲンサイと掛け合わせた「べんり菜」、ターサイと掛け合わせた「ちょうほう菜」、さぬき菜と掛け合わせた「食 ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2020 All Rights Reserved.