知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 投稿者アーカイブ:佐々木 」 一覧

サツマイモの特徴

サツマイモは、ビタミンCと食物繊維がたっぷり!カロリー控えめ!女性にファンが多い野菜です。 原産地は、アメリカ大陸の熱帯・亜熱帯地方で間違いありませんが、中央アメリカや南アメリカが原産という説があり、 ...

サツマイモの種類

サツマイモは世界に4000種あるといわれていますが、日本で栽培されているのは約40種です。 ベニアズマ、鳴門金時、紅はるかなどが市場に多く出回っています。 サツマイモは地域によって味が違い、徳島の鳴門 ...

サツマイモの旬

[サツマイモの旬] 収穫は9月から11月ごろ 貯蔵されて甘みが強くなるのは1月~2月ごろ サツマイモが収穫されるのは9月から11月ですが、甘みが増しておいしくなるのは1月から2月にかけてです。 収穫し ...

サツマイモの栄養・効能

ビタミンCたっぷり!食物繊維たっぷり!カロリー控えめ! サツマイモは、女性にうれしい美容食です。 ホクホクで甘いサツマイモの主成分はデンプンで、加熱することによって一部が糖質に変わり甘みが増します。 ...

サツマイモの選び方のポイント

サツマイモの収穫時期は9月から11月ごろで、収穫したばかりのものは、みずみずしくフレッシュな味わいです。 貯蔵されて甘みが増しておいしくなるのは1月から2月にかけてです。 ベニアズマは、関東地方の代表 ...

サツマイモの下ごしらえ

サツマイモに土がついている場合は、水できれいに洗い流します。 たわしなどでこすると皮がむけてしまうので、指でこすって洗います。 サツマイモの皮の下にアクの成分を多く含み、皮の黒い部分はとくに強いアクを ...

サツマイモのおいしい食べ方

サツマイモのおいしさで重要なのは、甘さと食感です。 収穫したてのものはみずみずしくフレッシュな味わいですが、貯蔵されて2か月ほど経ったものは甘みが増します。 ベニアズマは、関東地方の代表的な品種で、ほ ...

サツマイモを甘くするには低温加熱

サツマイモは、水分を除くと90%が糖質で、イモ類の中ではもっとも甘さがあります。 しかし、生のサツマイモは、糖類がほとんど含まれていないため、食べてもほとんど甘みは感じません。 甘さを最大限に引き出す ...

サツマイモは葉柄もおいしい

サツマイモの葉柄(葉の下の茎のような部分)は、東南アジアでは野菜として食べられています。 日本でも、飢饉のさいには食べられていました。 現在でも、一部の地域では野菜として売られています。 イモだけでな ...

サツマイモの保存のポイント

サツマイモは低温にとても弱いので、冷蔵庫に入れるのは避けます。 乾燥しないように、紙袋に入れるか、新聞紙にくるみ、日のあたらない涼しい場所で保存します。 使いかけのものはラップに包んで冷蔵庫に入れ、早 ...

菜園でサツマイモを作ろう

サツマイモははじめてでも育てやすい野菜です。 5月に市販される葉つきの茎を購入して植えつけます。 収穫は10月下旬から始まります。 サツマイモは低温に弱いので、遅くとも霜が降りる前までに収穫しましょう ...

ナスの特徴

縁起のいい夢「一富士、二鷹、三茄子」ということわざに登場するナス。 ナスの原産地はインドで、日本へは奈良時代に中国から伝わりました。 奈良時代の東大寺正倉院の古文書にナスの名前があり、日本最古の農書で ...

オクラの特徴

刻むと独特のネバネバが出るオクラ。 原産地はアフリカ東北部で、「オクラ」の名も現地語に由来しています。 エジプトでは2千年前に栽培されていた記録があるそうです。 日本には江戸時代末期にアメリカ人によっ ...

オクラの種類

オクラの形はどれも同じもののように見えますが、オクラにはさまざまな種類(品種)があります。 種類は形状によって区別され、五角種、丸サヤ種、多角種などがあり、角のある五角種が好まれ、一般的に多く出回って ...

オクラの旬

東南アジアからの輸入が多く、ハウス栽培も盛んで通年出回っています。 本来の旬は7~8月の真夏で、味が最高によく、価格も安くなります。 長さ6~8cmのものがやわらかく、濃い緑色でうぶ毛がびっしり生えて ...

オクラの栄養・効能

[おもな成分] ペクチン、ムチン、カロテン、ビタミンCなど。 [おもな効能] ・整腸作用 ・コレステロールの上昇抑制 ・血糖値の上昇抑制 ・胃腸病の予防 スタミナ野菜の代表格であるオクラ。 切ったり刻 ...

おいしいオクラの選び方

オクラの旬は7~8月の真夏で、味も最高です。 鮮度が落ちると風味が落ちるので、できるだけその日のうちに使いきりましょう。 [鮮度] ヘタの切り口がみずみずしく、へたが黒ずんでいなくて、しおれていないも ...

オクラの下ごしらえ

うぶ毛があると口当たりが悪くなるため、塩をふってまな板の上でころがしてうぶ毛をとります。 緑のネットに入っていたら、ネットごと流水の中でこすりあわせると、簡単にうぶ毛がとれます。 種には苦みがあるため ...

オクラのおいしい食べ方

くせがなく特有の風味があるオクラ。 オクラのネバネバのもととなっているのは、食物繊維として働くペクチンと、糖たんぱく質のムチンです。 ムチンには、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸と ...

オクラの保存方法

オクラは、鮮度が落ちると風味が落ちるので、できるだけその日のうちに使いきります。 オクラは暑い地方が原産の野菜です。 暑すぎなければ常温でも日のあたらない場所で保存できます。 5℃以下の場所だと低温障 ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2021 All Rights Reserved.