知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 秋・冬の野菜 」 一覧

ニンニクの特徴

夏バテや風邪予防に欠かせないスタミナ食材といえばニンニク。 同じくスタミナ食材であるネギやニラと同じユリ科ネギ属で、調理方法によってさまざまな味を楽しめます。 原産は西アジアから中央アジアのあたりとい ...

小松菜の特徴

小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科に属する漬け菜の一種です。 原産は南ヨーロッパ地中海沿岸で、中国を経て渡ってきたカブが小松菜の祖先とされています。 江戸時代に下町の小松川(現在の東京都江戸川区) ...

小松菜の種類

小松菜のシャキシャキとした歯ざわりとクセのなさが好まれ、品種改良が進められています。 小松菜とチンゲンサイと掛け合わせた「べんり菜」、ターサイと掛け合わせた「ちょうほう菜」、さぬき菜と掛け合わせた「食 ...

小松菜の旬

[旬] 冬から春にかけて 1年中出回りますが、旬は冬から春にかけてです。 とくに、霜が降りた後の味は格別で、葉肉が厚くやわらかくなり、甘みが増します。 冬野菜ではありますが、ハウス栽培もさかんで、四季 ...

小松菜の産地

[おもな産地] 埼玉、東京、神奈川、千葉、大阪、京都、福岡など。 小松菜は、江戸時代中期から栽培されてきた在来種で、東京の小松川(現在の東京都江戸川区)周辺で栽培されたいたことから、この名前がつきまし ...

小松菜の栄養・効能

[おもな成分] カロテン、ビタミンC、ナイアシン、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維など。 [おもな効能] ・豊富な鉄分、カルシウムで貧血改善 ・カルシウムの含有量が多いので、骨がもろくなる症状や、骨 ...

おいしい小松菜の選び方

おいしい小松菜といえば、やはり何度か霜にあたり、葉肉が厚くなり甘みが増したものです。 時期的には初冬から春先までは旬にあたり、おいしい時期です。 [葉の色、形、大きさ] 全体的に青々しく、葉の緑色が濃 ...

小松菜の下ごしらえ

小松菜はアクが少ないので、下ゆでせずに、切ったらすぐに炒めたり、煮たり、手軽に調理することができます。 ただし、根元の部分に土がたまりやすいので、茎を広げるようにして流水でよく洗ってから調理しましょう ...

小松菜のおいしい食べ方

小松菜の独特の食感と色を楽しむには、強火で手早く炒めるとよいでしょう。 油やタンパク質との相性がよく、味にクセがないので、炒めもの、おひたし、みそ汁の具、漬物など、幅広い用途で利用できます。 アクが少 ...

小松菜の上手な保存方法

小松菜は日もちが悪く、すぐに使わないときは、冷蔵や冷凍して保存しましょう。 変色した葉は劣化しているため、取り除きます。 冬以外は食べきれる量だけ買うようにしましょう。 [冷蔵保存] 水で湿らせたペー ...

小松菜の雑学

小松菜に関する雑学、話のネタになるかもしれない小松菜に関するさまざまなトリビア(豆知識、雑学)をご紹介します。 [小松菜の祖先] 小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科の仲間に属する漬け菜の一種で、在 ...

菜園で小松菜を作ろう

小松菜は、アクが少なくて食べやすく、日本で古くから食べられてきた、冬を代表する葉もの野菜です。 栄養価の高い緑黄色野菜で、鉄分やカルシウムはなんとホウレンソウ以上! とくにカルシウムの量は牛乳並みで、 ...

白菜の特徴

白菜はアブラナ科の野菜で、一般的に冷涼な気候を好む耐寒力の強い越年性1年草本です。 原産は中国北部で、東洋の代表的な野菜のひとつで、日本での栽培は、日清・日露戦争に出兵した兵士が中国から日本に種を持ち ...

白菜の種類

原産地の中国にはたくさんの種類があり、大きくは山東系、北方系、南方形に分けられます。 一般的に多く出回っているものは山東系を品種改良したものです。 また、結球、半結球、不結球の3タイプに分類されます。 ...

白菜の旬

白菜は20℃前後の冷涼な気候を好み、鍋などの需要が増える冬に収穫量がピークを迎え、十月から三月にかけてが一番おいしい時期になります。 とくに霜に当たった白菜は、霜降り白菜ともいわれ、寒さから身を守るた ...

白菜の産地

日本での白菜の生産量は、大根、キャベツに次いで3番目です。 かつては白菜の漬物を中心に大量に使われてきましたが、食生活の変化から漬物の需要が減り、生産量は減少傾向にあります。 ただし、芯の黄色が強く甘 ...

白菜の栄養・効能

[おもな成分] ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維など。 [おもな効能] ・風邪の予防 ・免疫力アップ ・高血圧予防 ・整腸 ・ダイエット ・美肌作り 白菜は95%が水分で ...

おいしい白菜の選び方

白菜は、外葉が青々としていて、葉先がきれいに巻き込み、お尻が大きくずっしり重いものを選びます。 カットされたものは、切り口が新鮮でみずみずしく、断面が盛り上がっていないものを選びます。 [重さ] 白菜 ...

まずい白菜の原因

白菜は、適期に適した地域で無理なく育てれば、おいしいものが作れます。 しかし、栽培が適期から外れたり、肥料が多すぎたりすると、まずいものができてしまうことがあります。 味や食感がよくない 白菜の頭を押 ...

白菜の部分で使い分けよう

白菜は外側の葉、内側の葉、芯の部分によってそれぞれ特徴があります。料理に合わせて部分を使い分けましょう。 [外側の葉] 少し硬いので、炒めものや煮びたしなどでさっと火を通す料理に適しています。 [内側 ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2017 All Rights Reserved.