知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「 春・夏の野菜 」 一覧

オクラの下ごしらえ

うぶ毛があると口当たりが悪くなるため、塩をふってまな板の上でころがしてうぶ毛をとります。 緑のネットに入っていたら、ネットごと流水の中でこすりあわせると、簡単にうぶ毛がとれます。 種には苦みがあるため ...

オクラのおいしい食べ方

くせがなく特有の風味があるオクラ。 オクラのネバネバのもととなっているのは、食物繊維として働くペクチンと、糖たんぱく質のムチンです。 ムチンには、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸と ...

オクラの上手な保存方法

オクラは、鮮度が落ちると風味が落ちるので、できるだけその日のうちに使いきります。 オクラは暑い地方が原産の野菜です。 暑すぎなければ常温でも日のあたらない場所で保存できます。 5℃以下の場所だと低温障 ...

菜園でオクラを作ろう

オクラの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。 ⇒ オクラの育て方を徹底解説!|イチからわかる野菜の育て方 プランターでのオクラの育て方はこちら。 ⇒ プランターでオクラを育てよう ...

ルバーブのおいしい食べ方

ルバーブは、強い酸味と独特の香りが特徴のタデ科の野菜です。 漢方薬として知られる大黄(だいおう)の仲間で、ビタミンCや食物繊維を多く含みます。 砂糖との相性がよく、ジャムや砂糖漬けにするとさわやかなお ...

菜園でルバーブを作ろう

ルバーブの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。 ⇒ ルバーブの育て方とコツ|イチからわかる野菜の育て方 ルバーブは、シベリア南部が原産地で、フキに似た太い葉柄を食用にします。 日 ...

ツルムラサキの種類(赤茎種と青茎種)

ツルムラサキは英名で「インドのホウレンソウ」ですが、ホウレンソウとはまったくの別種で、栄養価はホウレンソウ以上といわれてます。 食用として扱われるようになったのは最近で、長い間観葉植物として知られてい ...

ツルムラサキの旬はいつ?

[旬の時期] 旬の時期:6月~10月 ツルムラサキは、熱帯アジアが原産で、暑さに非常に強く、葉もの野菜には珍しく真夏に旬を迎えます。 主産地はおもに東北地方で、じゅうぶんに暖かくなってから栽培がスター ...

ツルムラサキの産地はどこ?

ツルムラサキは野菜としては比較的新しく、栄養価の高さから、近年野菜として注目されています。 暑さを好む夏野菜で、福島、宮城、徳島、山形がおもな主産地です。 とくに福島、宮城、徳島での生産が盛んで、一二 ...

ツルムラサキの栄養・効能

[おもな成分] カロテン、ビタミンC、B2、カリウム、カルシウム、、マグネシウム、鉄など。 [効能] ・骨粗鬆症 ・風邪の予防 ・美容 葉ものが少ない真夏が旬で、カロテン、ビタミンA、C、B2、カリウ ...

おいしいツルムラサキの選び方

葉の色が濃く、肉厚で、茎の切り口がみずみずしいものを選びましょう。 [葉] 葉の色が濃くて鮮やかなもの。 また、肉厚でツヤとハリがあるものを選びましょう。 [茎] 切り口がみずみずしくて新鮮で、茎がま ...

ツルムラサキのおいしい食べ方

ツルムラサキは生でも食べられますが、風味にクセがあるため、加熱調理が一般的です。 油が合うので、オリーブオイルやゴマ油でさっと炒めたり、天ぷらにするとおいしく食べられます。 独特なぬめりが苦手な人は、 ...

ツルムラサキの上手な保存方法

ツルムラサキの保存は冷蔵庫の野菜室が基本ですが、寝かせてしまうと鮮度が落ちやすいため、立てて保存します。 乾燥に弱いので、水気をよく切り、茎にしめらせたキッチンペーパーなどを巻き、ポリ袋に入れて冷蔵庫 ...

ツルムラサキの大量消費レシピ

ツルムラサキをたくさん食べたいときにおすすめのレシピをご紹介します。 ツルムラサキのワサビマヨ和え [材料] ツルムラサキ 1/2束 マヨネーズ 大さじ1 醤油 大さじ1/2 練りワサビ 小さじ1/2 ...

シンツルムラサキとは?

ツルムラサキは、茎と葉柄が紫紅色で、明治時代に日本に伝わりました。 それよりも以前の江戸の徳川時代に伝わったのが、茎と葉が緑色の品種で、シンムラサキと呼んでいます。 国によって好みが分かれ、シンガポー ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2022 All Rights Reserved.