知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

菜園でオクラを作ろう

更新日:

オクラ

オクラの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。
オクラの育て方を徹底解説!|イチからわかる野菜の育て方

プランターでのオクラの育て方はこちら。
プランターでオクラを育てよう

家庭菜園でオクラを育てれば、ミニオクラを味わうこともできます。

ミニオクラは、長さ2~3cmで若どりしたもので、料亭などで使われる貴重な食材です。

オクラのネバネバのもととなっているのは、食物繊維として働くペクチンと、糖たんぱく質のムチンです。

ムチンには、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸といった働きがあります。

夏バテ防止や胃腸の調子をととのえる働きがあるため、家庭菜園で育てて夏にたくさん食べましょう。

[畑でのオクラの育て方]

畑で育ててるオクラ

オクラは2~4株あれば夏中食べられるので、家庭菜園ではポット苗を利用するのが手軽でおすすめです。

4月下旬~5月上旬に種をまき、本葉2~3枚の苗を作ります。

苦土石灰と元肥を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

苗の植えつけは、2列とし、35~40cm間隔で植えます。

苗の植え付け後、2~3週間に一度のペースで化成肥料で追肥を行います。

実の長さが7~8cmほどになったら収穫します。

とり遅れるとかたくなるので、早めに収穫します。

実を収穫したら、実のついている節の下の葉を1~2枚残し、その下の葉はすべて取り除きます。

詳しくはこちら
オクラの育て方を徹底解説!|イチからわかる野菜の育て方

[プランターでのオクラの育て方]

プランターで育ててるオクラ

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)を用意します。

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

30cm程度の間隔をあけて、一か所に5粒まきます。

本葉が5~6枚になったら、2週間に一度のペースで化成肥料で追肥を行います。

開花してから5~7日で収穫できます。

収穫した実の下にある葉は、枯れ始めたらすぐに取り除きます。

詳しくはこちら
プランターでオクラを育てよう

ad




ad




-実を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2020 All Rights Reserved.