知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

オクラの栄養・効能

更新日:

オクラ

[おもな成分]
ペクチン、ムチン、カロテン、ビタミンCなど。

[おもな効能]
・整腸作用
・コレステロールの上昇抑制
・血糖値の上昇抑制
・胃腸病の予防

スタミナ野菜の代表格であるオクラ。

切ったり刻んだりしたときに生じる独特のネバネバは、水溶性食物繊維のペクチンと、複合タンパク質のムチンなどの成分によるものです。

ペクチンは、血液中のコレステロール値を下げる働きや血糖値の上昇を抑える働きがあります。

ムチンは、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸といった働きがあります。

また、カロテン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウム、葉酸なども豊富に含みます。

独特の青くささが気にならなければ、ビタミンCを破壊しないためにも生で食べるのがおすすめです。

夏は冷たい飲み物をとりすぎて胃腸が弱りがちなので、消化を助けるオクラは夏バテ防止にも役に立ちます。

オクラに酢を加えると、ネバネバ成分が分解されて消えてしまうので注意しましょう。

ad




ad




-実を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2020 All Rights Reserved.