知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

「葉茎を食べる野菜」 一覧

ツルムラサキを食べよう!

ツルムラサキは熱帯アジア原産で、おもにつる先から15cmくらいまでの若い葉と茎を食用とする野菜です。 つる性の植物で葉のつけ根に紫の実をつけるため、ツルムラサキと名づけられました。 日本では古くから染 ...

小松菜を食べよう!

小松菜は、カブや野沢菜と同じアブラナ科に属する漬け菜の一種です。 原産は南ヨーロッパ地中海沿岸で、中国を経て渡ってきたカブが小松菜の祖先とされています。 江戸時代に下町の小松川(現在の東京都江戸川区) ...

菜園でタマネギを作ろう

一般的なのは黄タマネギですが、生食に適した白タマネギや赤タマネギ、直径が2~3cm程度のミニタマネギ(ペコロス)などがあります。 タマネギは種まきからだと約8か月、苗の植え付けからだと約半年かかります ...

タマネギの皮の活用方法

タマネギの茶色い皮にはポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富に含まれています。 タマネギはもともと白い色をしていますが、光が当たると細胞にダメージを受けてしまうため、茶色い皮に変えて太陽の光から細 ...

タマネギを食べよう!

タマネギの原産地は、中央アジア、西アジアなど諸説ありますが、はっきりしていません。 タマネギの栽培の歴史は古く、紀元前からエジプトで利用され、ピラミッドを造る労働者が食用にしていたという記録があります ...

タマネギの栄養・効能

[おもな成分] 糖質、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、リン、アリシン、ケルセチン、食物繊維 [おもな効能] コレステロールの上昇抑制 動脈硬化、糖尿病、高血圧などの予防 疲労回復 タマ ...

タマネギの黒いすす(黒い粉)はなに?

タマネギの皮をむいたとき、黒いすす(黒い粉)のようなものが点々とついていることがあります。 これは黒色のカビの密生で、黒かび病というものです。 高温や風通しの悪い場所で貯蔵していると発生しやすくなりま ...

タマネギの「辛味抜き」は「水にさらす」

タマネギの辛みは、切るさいに涙を誘発させる刺激成分、硫化アリルによるもので、水に溶けやすい性質を持ちます。 水にさらしたり冷やしたりすることで抑えることができます。 タマネギをサラダで食べるなら、スラ ...

タマネギを加熱すると甘くなる理由

タマネギは、糖質の多い野菜です。 でも、生でかじったり、サラダで食べたときに甘みを感じないですよね。 これは、タマネギには辛みをもつ硫化アリルが含まれており、甘み以上に辛みを感じてしまうからです。 タ ...

タマネギの種類いろいろ

タマネギは、種まきや収穫時期、産地、輸入などによって一年中出荷されており、種類もさまざまです。 おもな種類は、辛みの有無と、色によって分けられます。 日本では、黄色の辛タマネギがほとんどで、貯蔵に向い ...

タマネギの旬はいつ?

春先に多く出回る少し平べったい形をした白いタマネギは、新タマネギといって、辛みが弱く、水分が多くてやわらかいのが特徴です。 新タマネギは、貯蔵性が低く、傷みやすいため、早めに食べます。 茶色いタマネギ ...

タマネギの切り方のコツ

タマネギを切る前に、冷蔵庫で冷やしておくことで、涙を誘発させる硫化アリルを抑えることができます。 タマネギを生で食べるなら、繊維に沿って薄切りにすることで、シャキシャキとした食感を楽しむことができます ...

おいしいタマネギの選び方

春先に出回るタマネギを新タマネギと呼び、扁平で水分が多くやわらかいのが特徴です。 皮にツヤがあり、ずっしりと重たいものを選びます。 通年出回っているものは黄タマネギと呼ばれるもので、日持ちをよくするた ...

タマネギを切ると涙が出るのはどうして?

タマネギを細かくきざんだときなどに出る涙は、刺激臭と辛みをもつ硫化アリルという成分が発散するためです。 硫化アリルは揮発性が高いため、目や鼻の粘膜を刺激し、涙が止まらなくなるというわけです。 調理前に ...

タマネギの上手な保存方法

タマネギは貯蔵性の高い野菜ですが、湿気に弱く、蒸れると腐るので、風通しのよい場所で保存します。 皮付きのままネットに入れて冷暗所に置くか、日の当たらない場所に吊るしておくとよいです。 ビニール袋は湿気 ...

ニンニクを食べよう!

夏バテや風邪予防に欠かせないスタミナ食材といえばニンニク。 原産は西アジアから中央アジアのあたりといわれ、同じくスタミナ食材であるネギやニラと同じユリ科ネギ属に分類される野菜です。 昔から、疲労回復、 ...

ニンニクの原産地

ニンニクの原産地は、西アジアから中央アジアあたりといわれていますが、明らかになっていません。 しかし、ニンニク栽培の歴史は非常に古く、はるか昔の古代エジプト、ギリシャの時代には、ピラミッド建設の労働者 ...

ニンニクの種類

ニンニクの種類は、寒地型と暖地型に大きく分けられ、生育に大きな違いがみられます。 [寒地型] ニンニク1個あたり6片前後と少ないですが、1片が大きいのが特徴です。 生育は遅く、収穫まで時間がかかります ...

ニンニクの旬

ニンニクは、生育の早い暖地型と、生育の遅い寒地型に大きく分けられ、収穫の時期が少し異なります。 寒地型は、1個あたり6片前後と少なく1片が大きいのが特徴で、寒さに強くて生育は遅く、9月下旬に種球を植え ...

ニンニクの栄養・効能

[カロリー] 134kcal/100g [主な栄養] タンパク質、糖質、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシン、C [主な効能] ・疲労回復 ・風邪の予防 ・殺菌作用 ・解毒 ...

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2021 All Rights Reserved.