野菜の保存方法

野菜がたくさん収穫できたら、上手に保存して無駄なく食べきりたいですよね。 土に埋め直したり、干したり、漬けたり、冷蔵庫に入れたり、それぞれの野菜に合った保存方法があります。 収穫後も野菜は生きており…

種をとろう

育てた野菜から種をとるのは、翌年の節約になるだけではなく、固定化といって、種とりを繰り返すことによってその畑の環境に合った野菜を作ることができます。 野菜の種とりにも挑戦してみましょう。 種をとるには…

余った種の保存方法

家庭菜園では、育てる株数が少ないため、種を使いきるのは難しいことです。 春にまいて、残った種を秋にまくなど、できればその年のうちに使いきってしまいましょう。 それでも種が余ってしまった場合には、袋の口…

ボカシ肥料の作り方

ボカシ肥料とは、米ぬか、おから、油かすなど有機肥料を複数混ぜて醗酵させて作る肥料です。 堆肥と異なり、短期間で手軽に作ることができ、肥料効果が早く現れ、かつ長く続きます。 野菜の根を傷めることもなく、…

堆肥の作り方

手軽な材料で簡単にできる堆肥の作り方を紹介します。 市販の堆肥もたくさんありますが、手作りしたほうがコストが抑えられます。 畑や庭のすみにちょっとしたスペースがあったら、堆肥作りに挑戦してみましょう。…

野菜の分類

野菜は大きく、実野菜、根野菜、葉茎野菜に分類されます。 育て方には共通するものがあります。 実野菜 実や種を食べる野菜です。 多くは春から秋にかけて栽培します。 [実を食べる野菜] トマト、ナス、…

しっかり除草しよう

いつでも雑草が生え、しばらく放っておくと畑一面に雑草が広がってしまいます。 雑草は土の肥料を吸収し、放っておくと野菜の生育が妨げられてしまうので、早めにとり除くことが大切です。 また、病害虫の発生源に…

農具の使い方を知ろう

家庭菜園をはじめるには農具の使い方を覚えましょう。 農具を使うにはそれぞれコツがあります。 クワさえあれば、ある程度の作業はできますが、使い方が難しいため、レーキやホー、スコップなどがあるとたいへん…

野菜づくりで使う資材

資材を活用することで、虫から野菜を守る、保温する、雑草を抑制するなどの効果が上がり、野菜づくりの幅がぐんと広がります。 育てる野菜によって必要なものがやや違ってきますので、少しずつ増やしていけばよい…

家庭菜園の作付け計画

ホームセンターや園芸店に行くと、さまざまな種や苗が売られていて、あれもこれもと、つい衝動買いしてしまいがちですが、それが失敗の原因になることもあります。 というのは、野菜が思っていた以上に大きく育っ…