野菜の保存方法

野菜がたくさん収穫できたら、上手に保存して無駄なく食べきりたいですよね。 土に埋め直したり、干したり、漬けたり、冷蔵庫に入れたり、それぞれの野菜に合った保存方法があります。 収穫後も野菜は生きており…

種をとろう

育てた野菜から種をとるのは、翌年の節約になるだけではなく、固定化といって、種とりを繰り返すことによってその畑の環境に合った野菜を作ることができます。 野菜の種とりにも挑戦してみましょう。 種をとるには…

余った種の保存方法

家庭菜園では、育てる株数が少ないため、種を使いきるのは難しいことです。 春にまいて、残った種を秋にまくなど、できればその年のうちに使いきってしまいましょう。 それでも種が余ってしまった場合には、袋の口…

ボカシ肥料の作り方

ボカシ肥料とは、米ぬか、おから、油かすなど有機肥料を複数混ぜて醗酵させて作る肥料です。 堆肥と異なり、短期間で手軽に作ることができ、肥料効果が早く現れ、かつ長く続きます。 野菜の根を傷めることもなく、…

堆肥の作り方

手軽な材料で簡単にできる堆肥の作り方を紹介します。 市販の堆肥もたくさんありますが、手作りしたほうがコストが抑えられます。 畑や庭のすみにちょっとしたスペースがあったら、堆肥作りに挑戦してみましょう。…

野菜の分類

野菜は大きく、実野菜、根野菜、葉茎野菜に分類されます。 育て方には共通するものがあります。 実野菜 実や種を食べる野菜です。 多くは春から秋にかけて栽培します。 [実を食べる野菜] トマト、ナス、…

畑の乾燥対策

野菜の種類によりますが、土が乾きすぎると、株がしおれ、生育に影響を与えます。 とくに植えたばかりの苗は乾燥に弱く、枯れてしまうこともあります。 また、肥料は水に溶けないと根が吸収できないため、株の生育…

しっかり除草しよう

いつでも雑草が生え、しばらく放っておくと畑一面に雑草が広がってしまいます。 雑草は土の肥料を吸収し、放っておくと野菜の生育が妨げられてしまうので、早めにとり除くことが大切です。 また、病害虫の発生源に…

追肥をマスターしよう

野菜は、土づくりで元肥を施して育てるのが基本です。 生育などによって土壌中の肥料分が失われるため、不足した肥料分を補うために追肥を行います。 とくに生育期間が長い野菜では、生育するにしたがって肥料をた…

肥料の与え方

肥料が不足すると、野菜の生育が悪くなり、実が小さくなってしまったり、枯れてしまうこともあります。 だからといって肥料をたくさん施すと、豆類は葉や茎ばかりが茂って、花が咲きにくくなり、実もつかなくなりま…

農具の使い方を知ろう

家庭菜園をはじめるには農具の使い方を覚えましょう。 農具を使うにはそれぞれコツがあります。 クワさえあれば、ある程度の作業はできますが、使い方が難しいため、レーキやホー、スコップなどがあるとたいへん…

種や苗の入手方法

野菜の種や苗は、近くのホームセンターや園芸店などで購入するのが普通ですが、ネットの通信這売でも購入することができます。 店頭で種を選ぶ際は、種袋の裏に書かれた種まき時期などの表記を確認してから購入し…