知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

菜園でサツマイモを作ろう

更新日:

サツマイモ

サツマイモははじめてでも育てやすい野菜です。

5月に市販される葉つきの茎を購入して植えつけます。

収穫は10月下旬から始まります。

サツマイモは低温に弱いので、遅くとも霜が降りる前までに収穫しましょう。

畑でのサツマイモの育て方

畑で育ててるサツマイモ

5月上旬~6月下旬に苗を購入して畑に植えつけます。

苗を植える前に、深く耕し、畝は高めに立てて黒マルチを張ります。

苗の植えつけは、2列とし、30cm間隔でマルチに切れ目を入れ、苗を水平に寝かせ、苗の葉がすべて地表にでるように浅く埋め、水やりをします。

苗を植えつえてから二カ月くらいしたら、伸びたツルを畝の中央や空いているスペースへと動かしてやります。

収穫は10月の下旬から始まります。

茎や葉が黄色くなりはじめたら、試し掘りを行い、イモの大きさを確認してから収穫します。

収穫したサツマイモ

詳しくはこちら
サツマイモの育て方を徹底解説!

プランターでのサツマイモの育て方

プランターで育ててるサツマイモ

サツマイモは土の量が少ないと収穫できないので、大型のプランターを使用します。

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)を用意します。

48Lのプランターでは苗を2本植えます。

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

手で深さ5cmぐらいの溝を作り、苗の茎を水平に伸ばして植え、たっぷり水をやります。

7~8月に葉の色が薄くなってきたら、株のまわりに肥料を施します。

10月下旬以降、葉が黄色くなってきたら収穫できます。

プランターで育てたサツマイモ

詳しくはこちら
プランターでサツマイモを育てよう

培養土袋でのサツマイモの育て方

培養土袋で育ててるサツマイモ

40Lで「元肥(肥料)入り」の培養土を用意します。

袋の中に水がたまらないようにするため、袋の辺の左右の角(地面に接する方の角)を5~10cmの二等辺三角形を作るようにハサミで切り、袋の下から20cmくらいのところに、ドライバーや割りばしで20~30か所ほど穴をあけます。

40Lの培養土では苗を2本植えます。

手で深さ5cmぐらいの溝を作り、苗の茎を水平に伸ばして植え、たっぷり水をやります。

7~8月に葉の色が薄く元気がないようであれば、化成肥料を少量与えます。

10月下旬より、葉や茎が黄色くなりはじめたら、収穫します。

培養土袋で育てたサツマイモ

詳しくはこちら
培養土袋でサツマイモを作ってみよう

ad




ad




-根を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2021 All Rights Reserved.