畑の乾燥対策

野菜の種類によりますが、土が乾きすぎると、株がしおれ、生育に影響を与えます。 とくに植えたばかりの苗は乾燥に弱く、枯れてしまうこともあります。 また、肥料は水に溶けないと根が吸収できないため、株の生育…

肥料の与え方

肥料が不足すると、野菜の生育が悪くなり、実が小さくなってしまったり、枯れてしまうこともあります。 だからといって肥料をたくさん施すと、豆類は葉や茎ばかりが茂って、花が咲きにくくなり、実もつかなくなり…

家庭菜園での梅雨対策

6月上中旬~7月中下旬の梅雨時期は、気温が高く、しかも雨や曇りの日が多くなります。 水はけのよい畑であっても、なにも対策しなければ病気や生育障害が発生しやすくなり、蔓延することもあります。 梅雨明け…

家庭菜園での台風対策

台風は、野菜に襲いかかる猛威の一つで、家庭菜園に大きな被害をもたらします。 台風シーズンの9月は秋冬野菜の植え付け時期と重なり、台風の強風で植えたばかりの苗が折れたり、大雨で流されたりします。 また…

防寒対策・防風対策

冬の寒さから野菜を守るには、保温効果の高い素材を使った通気性と保水性のある不織布や寒冷紗などで、畝全体をトンネル状に覆うといいでしょう。 また、春先の遅霜や乾燥した寒風から苗を守るには、ホットキャッ…

野菜の苗の作り方

野菜の種を畑にまいて育てるよりも、苗を作って畑に植えつけた方が、畑を効率よく利用できます。 しかも、自分で苗を作った方が経済的な場合が多く、なによりも収穫の時の喜びはひとしおです。 しかし、いきなり…

家庭菜園での雑草対策

雑草は放っておくと大きくはびこって、養分や水分、光を奪い、野菜が育たなくなります。 雑草は野菜づくりの敵とされ、抜き取って畑から排除するのが普通です。 雑草の予防 野菜づくりは日々雑草との戦いです。…

畑の準備

農園を借りた。さあ、野菜を育てられる場所が決まったはいいが、最初に何をすればいいだろうか? さっそく野菜の種をまいてみようと思われるかもしれません。 しかしながら、野菜は種をいきなりまいたのでは、う…

畑の耕し方

野菜を栽培するうえで基本になるのが、通気性と保水性の良い土づくりです。 土は単に作物を支えるだけではなく、植物の生育に必要な水分や養分を蓄える働きがあり、土を耕すことでその効果が高まります。 良く耕…

畝の立て方

野菜を育てるために畑に土を盛り上げた部分を畝といって、野菜の種をまいたり、苗を植えたりする場所です。 水はけや通気性をよくするために、土を通路より高く盛り上げてつくります。 水はけのよい場所で5~1…

マルチの張り方

わらやポリフィルムなどの資材を使い、畝を覆うことをマルチング(マルチ)といいます。 マルチには、保湿、保温、雑草の抑制などの効果があります。 マルチにはさまざまな種類がありますが、黒マルチは季節を選…

野菜の種のまき方

トマトやナスなどの夏野菜は、数株あればじゅうぶんなので、苗を購入して植えるのが一般的ですが、小松菜やホウレンソウなど、株数の多くなる野菜は、種をまいて育てます。 また、珍しい野菜や珍しい品種など、苗…

野菜の苗の植え方

野菜を育てるには、種をまくか、苗を植えなくてははじまりません。 ほとんどの野菜は種から育てることもできますが、市販の苗を購入して植えるのが手軽です。 最近はいろいろな種類の苗が市販されるようになり、…