種をとろう

育てた野菜から種をとるのは、翌年の節約になるだけではなく、固定化といって、種とりを繰り返すことによってその畑の環境に合った野菜を作ることができます。 野菜の種とりにも挑戦してみましょう。 種をとるには…

おすすめの肥料・資材

葉もの専用液肥 葉もの野菜の追肥には、葉もの専用の液肥、住友液肥1号がオススメです。葉もの野菜は栽培期間が短いので、基本的に追肥はしませんが、葉色が薄くて、肥料が効いていない、または肥料切れして…

余った種の保存方法

家庭菜園では、育てる株数が少ないため、種を使いきるのは難しいことです。 春にまいて、残った種を秋にまくなど、できればその年のうちに使いきってしまいましょう。 それでも種が余ってしまった場合には、袋の口…

ボカシ肥料の作り方

ボカシ肥料とは、米ぬか、おから、油かすなど有機肥料を複数混ぜて醗酵させて作る肥料です。 堆肥と異なり、短期間で手軽に作ることができ、肥料効果が早く現れ、かつ長く続きます。 野菜の根を傷めることもなく、…

堆肥の作り方

手軽な材料で簡単にできる堆肥の作り方を紹介します。 市販の堆肥もたくさんありますが、手作りしたほうがコストが抑えられます。 畑や庭のすみにちょっとしたスペースがあったら、堆肥作りに挑戦してみましょう。…

家庭菜園Q&A

当サイト(イチからわかる野菜の育て方)に寄せられたQ&A(質問回答)を掲載しています。 質問は一部編集させていただき、回答は再編集しています。 土壌改良について [質問] 長く何も作ってなか…

よい土とは?

おいしい野菜をつくるための作業に土づくりがあります。 よい土ができていれば、害虫や病気などのトラブルを軽減できます。 では、よい土とはどういったものでしょうか? 粒が団子状になっている土 畑の土をぎ…

家庭菜園のモデルプラン

家庭菜園の面積は、事情によりさまざまです。 狭いスペースでの家庭菜園では、短期間で収穫できる野菜を育てるのがおすすめです。 広い畑であれば、野菜の種類を増やしたり、品種の違うものを作ってみることもでき…

野菜の分類

野菜は大きく、実野菜、根野菜、葉茎野菜に分類されます。 育て方には共通するものがあります。 実野菜 実や種を食べる野菜です。 多くは春から秋にかけて栽培します。 [実を食べる野菜] トマト、ナス、…

畑の乾燥対策

野菜の種類によりますが、土が乾きすぎると、株がしおれ、生育に影響を与えます。 とくに植えたばかりの苗は乾燥に弱く、枯れてしまうこともあります。 また、肥料は水に溶けないと根が吸収できないため、株の生育…

栽培中の管理

種まきや苗の植えつけの後は、日常的に行う野菜の手入れが必要です。 生育中の手入れのあるなしによって、収穫する野菜の量や質に大きく影響します。 野菜に適した環境を知り、適切な時期に適切な作業を行うことが…

種をまくか?苗を植えるか?

野菜を育てるには、種をまいて育てる方法と、苗を植えて育てる方法があります。 人参やダイコンなどは種から育てます。 トマトやナスなどは一般的に苗を購入して植えます。 キャベツや白菜などは、種と苗の両方が…

鮮度が命の野菜

畑でキュウリを齧ってみれば、キュウリの本来のみずみずしさが分かるでしょう。 枝豆やソラマメ、トウモロコシなどは鮮度が命で、とれたての味は格別です。 ぜひ、採れたての新鮮な野菜を味わってみてください。 …