知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

サツマイモのおいしい食べ方

更新日:

サツマイモ

サツマイモのおいしさで重要なのは、甘さと食感です。

収穫したてのものはみずみずしくフレッシュな味わいですが、貯蔵されて2か月ほど経ったものは甘みが増します。

ベニアズマは、関東地方の代表的な品種で、ほくほくとした食感です。

安納芋は、種子島特産の品種で、ねっとりしています。

用途に応じた品種改良がされており、多くの品種があります。

おいしいサツマイモの見分け方は、皮の色が鮮やかでツヤがあり、傷やシミ(黒い斑点)がなく、ずんぐりと太いものです。

調理するときは、サツマイモはアクが強く、空気に触れると黒く変色するので、皮は厚めにむき、切ったものはすぐに水に浸します。

サツマイモの甘さを引き出すには、じっくり低温加熱してデンプンを糖に変えることです。

約70度でゆっくりと加熱することで、甘みを最大限引き出すことができます。

サツマイモを丸のまま石の熱でゆっくり加熱する焼き芋は、サツマイモの持ち味を堪能できる調理法といえます。

家庭ではオーブンを使い、160℃で90分ほどじっくり焼くとおいしい焼き芋ができます。

ad




ad




-根を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2021 All Rights Reserved.