家庭菜園の準備

スポンサーリンク

畑

家庭菜園でおいしい野菜をたくさん収穫するためには、野菜がすくすく育つ環境をつくることが大切です。

野菜づくりをはじめる前に、畑の準備を念入りに行います。

よい環境であれば、野菜は健康で元気よく育ってくれます。

後片付け

借りた畑

はじめて菜園を利用する場合は、まず、片付けからはじめます。

貸し菜園や市民農園を利用する場合は、前利用者の使った支柱やマルチなどの残留物が畑に残されていることがあります。

あきらかにゴミであったとしても、勝手に処分するのではなく、管理者に確認してから片付けましょう。

また、前の利用者が栽培中の野菜を処分するために地中に埋めていることもあります。

そのままにしておくと、畑を耕すときの障害になったり、病気の発生の原因になったりします。

地中の残留物もすべて取り出して畑の外で処分しましょう。

雑草や石を取り除く

小さな草は手や小鎌を使って取り、大きな草は備中グワ(備中鍬)などを使って根ごと掘り起こして抜きます。

ヨモギやスギナなどの多年草の雑草は、根も残さないように丁寧に取り除きます。

抜いた雑草は通路などに敷きます。

雑草を抜きながら、地上の石も取り除きます。

取り除く石の大きさの目安は、手で拾える大きさです。

地中に埋まった石は、後に耕しながら取り除いていきます。

畑を仕切る

[庭などの小さな菜園の場合]

ブロックや土留めを使って仕切り、畑の場所を明確にします。

庭の植物(芝など)と畑の野菜が混じらないようにすることで、管理が楽に行えます。

植物や野菜によっては浅い仕切りでは越えてしまいますので、出来れば塩ビ板などを利用して地中も仕切っておけば安心です。

[ある程度の広さの菜園の場合]

通路をあらかじめ決めておくと作業が楽に行えます。

通路の位置を決め、防草シートなどを敷いておきます。

防草シートであれば通路の位置をいつでも変更できます。

[畑の一角の大きな菜園の場合]

隣接する区画とトラブルにならないためにも、管理者と相談して、ひもなどを使って仕切って使用する場所を明確にします。

このとき、ビニールひもを使用すると、劣化して土に混入して取り除けなくなってしまうので、ナイロンなどの劣化しにくいひもを使用しましょう。

天地返し

上層30cmぐらいの土と下層30cmぐらいの土を入れ替えます。

これを天地返しといって、病原菌や害虫の卵、雑草の種などが下層に、病害虫や雑草の種が少ない土が上層に変わります。

全面を天地返ししたら、かたまっている土をクワや手で丁寧にほぐします。

[関連記事]
病害虫がひどい場合は天地返しがおすすめ

太陽熱消毒

夏の暑い時期であれば、畑を透明のビニールで覆って土を熱消毒します。

これを太陽熱消毒といって、40~60℃でカビ類が死滅し、70℃を越えると病害虫の多くは死滅します。

[関連記事]
真夏の太陽熱消毒で土をリフレッシュ

スポンサーリンク