ブロッコリーの育て方とコツ|わき芽に出る蕾(側花蕾)も食べられる品種がおすすめ!

ブロッコリーは花芽の部分が大きくなる野生のキャベツを改良したもので、頭頂部の蕾(つぼみ)や茎を食べる野菜です。 イタリアで改良されてヨーロッパ中に広まり、日本には明治時代初期に伝わりますが、本格的に…

ラディッシュの育て方とコツ|二十日大根と呼ばれるほどに生育が早い!

ラディッシュは小型の大根で、一カ月くらいで収穫できることから、二十日大根ともいわれます。 色は定番の赤、ピンク、白、紫、紅白のツートンカラーなど彩がきれいで、形も丸いものや細長いものなど、さまざまな…

【地這い】キュウリの育て方とコツ|2、3回ずらして種をまいて秋までとる!

(昔ながらのみずみずしくおいしい地這いキュウリ) キュウリの原産地はインドのヒマラヤで、3000年以上の歴史があり、日本へは6世紀後半ごろに中国から渡来しましたが、ウリ類の中でも人気がなく、本格的に…

ゴーヤの育て方とコツ|ネットを張れば、勝手によじ登って実をつける!

(苦みの少ない沖縄白ゴーヤ) 沖縄料理のゴーヤチャンプルでよく知られるゴーヤは、ニガウリ、レイシ、ツルレイシとも呼ばれ、古くから栽培されてきた健康野菜です。 沖縄ではゴーヤという呼び名が定着し、独特…

つるなしインゲンの育て方とコツ|手間がかからなくて手軽に栽培できる

つるなしインゲンは、支柱の必要がなくて手軽に栽培でき、初心者でも楽しめます。 しかし、収穫時期を一斉に迎えるので、短期間の栽培となります。 そこで、種まき時期をずらして、長く収穫できるようにするのが…

つるありインゲンの育て方とコツ|作りやすく、短期間で収穫できるのが嬉しい

(作りやすく、短期間で収穫できる) インゲンの由来は諸説ありますが、隠元(いんげん)禅師が中国から日本に持ってきたことから、この名前がついたといわれています。 原産地は中央アメリカからメキシコで、日…