本日、「平成28年度 第2回 日本農業技術検定 3級」を、まったく勉強しないで受験しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルの通りです。

まったく勉強せずに、日本農業技術検定 3級を受験しました。

今思えば本一冊くらい読んでおけばよかったなと思います。

でも、今年は多忙を極め、中途半端に勉強して落ちたら意味ないなと思い、まったく勉強せずに受験しました。

まあ、あわよくば受かったらいいな、なんて思ったりもしてますけど、勉強しないで受かるなんてことはないでしょうね。

で、受験しました。

日本農業技術検定って、野菜の栽培以外に、畜産、食品、環境などの問題も出るのですね。

農業…たしかにそうですよね(汗。

野菜栽培士とかと同じようなものだろうと、勘違いしてました。

で、受験が終わりました。

一つ一つ丁寧に考えていったので、見直す時間がありませんでした。

それと、野菜の栽培以外の問題で躓きまくりました。

酪農や環境に関しても分かりませんでしたが、花についてはサッパリわかりませんでした。

感触は、まあまあってところです。

野菜の栽培についてはほとんどできましたので、半分は確実にできました。

ちなみに、合格ラインは100点満点の60%以上なので、30問/50問中 以上を正解すれば合格です。

問題は持ち帰れましたので、ネットで調べて自己採点してみました。

確実に正解したのは、26問です。

そして、確実に不正解なのが18問で、正解かどうかわからないのが6問です。

6問中で4問を正解すれば合格ですが、、落ちたな。

分からなくて適当に答えたんだから、運よく4問正解なんてことはないでしょう。

問題の一例を挙げておきます。

3級の問題ですので、ご注意ください。

なお、回答は4択からの選択式です。

////////

Q 反すう動物の組み合わせとして、正しいものを選びなさい。

A ①ウシ、ヒツジ、ヤギ ②ウシ、ブタ、ヒツジ ③ブタ、ヒツジ、ウマ ④ブタ、ウマ、ウサギ

////////

Q 乳牛の発情周期と妊娠期間として、最も適切なものを選びなさい。

A ①(発情周期)約28日-(妊娠期間)約285日 ②約21日-約114日 ③約28日-約280日 ④約21日-約280日

////////

Q 発芽適温が高い野菜として、最も適切なものを選びなさい。

A ①ミツバ ②メロン ③レタス ④シュンギク

////////

Q 酸性土壌において生育不良となりやすい野菜として、最も適切なものを選びなさい。

A ①ホウレンソウ ②サトイモ ③スイカ ④ダイコン

////////

Q 畑に施肥をしないで作物栽培した場合、最も早く欠乏する成分として、最も適切なものを選びなさい。

A ①窒素(N) ②亜鉛(Zn) ③マンガン(Mn) ④ホウ素(B)

////////

Q ウイルスを媒介する昆虫として、最も適切なものを選びなさい。

A ①ニカメイチュウ ②アオムシ ③ヨトウガ ④アブラムシ

////////

Q 人体のエネルギー源となる栄養素として、最も適切なものを選びなさい。

A ①ビタミン ②無機質 ③糖質 ④食物繊維

////////

どうです?できました?

受験結果が郵送で届いた!

受験結果

結果…合格!!

なんと、勉強しないで受験して、日本農業技術検定3級に合格しました!

受験結果

しかも、全国平均が56.2点だったのに、76点とれました!

50問だったので、てっきり1問2点かと思いましたが、どうやらそうではなく、点数配分があったのですね。

勉強しないで、しかも1発で合格できてラッキーです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 坊ちゃんかぼちゃ より:

    今日は
    検索したら、日本農業技術検定3級対策ページがありました。
    過去問何年分かあって ゲーム感覚で楽しめます。

  2. トト より:

    坊ちゃんかぼちゃさん、コメントありがとうございます。
    私もこの記事を書き終えて、もしかして、過去問がどこかにアップされてるのでは?と思って調べてみたら、公式サイトに過去問が載ってますね(^^;)。
    接ぎ受けるとしたら過去問を参考にします。
    コメントありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。