ラディッシュの育て方とコツ|二十日大根と呼ばれるほどに生育が早い!

スポンサーリンク

ラディッシュ

ラディッシュは小型の大根で、一カ月くらいで収穫できることから、二十日大根ともいわれます。

色は定番の赤、ピンク、白、紫、紅白のツートンカラーなど彩がきれいで、形も丸いものや細長いものなど、さまざまな品種があります。

真夏と真冬を除けばいつでも栽培でき、アブラナ科の野菜で多少は虫もつきますが、防虫ネットでトンネルして防除すれば、栽培は簡単です。

初心者でも手軽に栽培できる野菜のひとつで、家庭菜園向きの野菜です。

ラディッシュの育て方

栽培中のラディッシュ

ラディッシュは小型の大根で、種まきは一年中可能ですが、大根同様に冷涼な気候を好むため、夏場や冬場は避けた方がよいでしょう。

二十日大根と呼ばれるように収穫までの期間が短く、収穫が終わった空きスペースや、畝の隅などで育てることも可能です。

概要

生育温度 15~20℃。
連作障害 あまり出ない。できれば1年あける。
おすすめ品種 丸形:コメット(赤色)、レッドチャイム(赤色)など。
長形:アイシクル(白色)、雪小町(白色)、紅白(紅白色)など。
元肥 苦土石灰と元肥を入れる。
種まき時期 春と秋。
種まき方法 畝幅:90cm。
マルチ:しなくてもいいが、した方が管理が楽に行え、防寒対策にもなる。
種まき方法:条(すじ)まき。
条間:10~20cm。
栽培中の管理 害虫対策:防虫ネットでトンネルした方が安心。
間引き:発芽したら込み合ったところを順次間引き、本葉4~5枚になるまでに株間5cmくらいにする。
収穫 根が太ったものから順次収穫する。

ポイント

  • 夏場や冬場の栽培は避ける。
  • 成長に合わせて間引きを行う。
  • 早めに収穫する。

栽培時期

ラディッシュの栽培時期

※品種や地域によって栽培時期は異なります。事前に確認してください。

夏場と冬場を避ければいつでも栽培できますが、秋まきが育てやすくておすすめです。

おすすめ品種

ラディッシュには、色や形など、さまざまな品種があります。

[丸形のおすすめ品種]
コメット(赤色)、レッドチャイム(赤色)など。

[長形のおすすめ品種]
アイシクル(白色)、雪小町(白色)、紅白(紅白色)など。

畑の準備

ラディッシュを栽培する畝

連作が可能ですが、できれば連作せずに1年あけてください。

酸性の土壌を嫌うので、酸性に強く傾いた土壌ではかならず石灰を施し、土壌酸度を調整します。

種まきの2週間前に苦土石灰をまいて耕し、1週間前になったら堆肥と化成肥料を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

ラディッシュの種まきはばらまきや条(すじ)まきで、マルチをしないのが一般的ですが、マルチをすじ状にカットすることで条まきできます。

黒マルチは、雑草の抑制や、地温を上げる効果に期待できます。

種まき

ラディッシュの種まき

マルチを10~20cm間隔ですじ状にカットし、切り込みに支柱などを押し当てて浅い溝を作ります。

溝に2~3cm間隔で種をまき、薄く(1cmほど)土を被せて軽く鎮圧し、水をたっぷりやります。

害虫対策

防虫ネットで害虫対策

ラディッシュは病害虫の発生の少ない作物ですが、アブラナ科なのでアオムシが発生することがあります。

生育初期に葉を食害されると生育が著しく悪くなるので、防虫ネットでトンネルした方が安心です。

発芽するとすぐに葉に卵を産み付けられるので、種まきを終えたらすぐに防虫ネットでトンネルし、ネットの裾は埋めて隙間のないようにします。

間引き

間引き時期のラディッシュ

発芽したら、込み合ったところを順次間引き、本葉4~5枚になるまでに株間5cmくらいにします。

株間が狭すぎると、細長くなってしまうことがあるので注意します。

収穫

収穫適期のラディッシュ

収穫の目安としては、根の直径が2~3cmですが、根が太ったものから順次収穫していきましょう。

収穫が遅れると、スが入ったり、根が割れてしまうこともあるので、とり遅れないように注意します。

収穫したラディッシュ

ばらまきでも育てられる

種をばらまきする方法でも育てられます。

しかし、どうしても厚まきになりやすく、間隔がばらばらのものを間引くのに手間がかかるため、あまりおすすめできません。

雑草を抑制できるマルチ栽培ができ、間引きの作業がしやすく、肥大した根がキレイに整列した姿も楽しめる、条(すじ)まきをおすすめします。

時期をずらしてまく

ラディッシュは収穫までの期間が短く、収穫が終わった空きスペースや、畝の隅などで育てることもできます。

一つの畝でも、時期をずらして種をまくと、長い間収穫を楽しむことができます。

20日では収穫できない

ラディッシュは二十日大根とも呼ばれ、短期間で収穫できる小型の大根ですが、実際は、収穫までに40~50日ほどかかります。

丸くならない

丸くなる品種を選んで栽培したのに、株間が狭かったり、夏に高温が続いて乾燥すると、細長くなってしまいます。

成長に合わせて間引きを行い、乾燥期には敷きわらや水やりをしましょう。

スポンサーリンク