ナスの更新剪定のやり方【おいしい秋ナスのために】

スポンサーリンク

夏のナスは、高温と乾燥、病害虫によって、株が疲れて実のつきが悪くなります。

そこで、古くなった葉を切り落とし、夏の間は株を休ませて若返りをさせて、秋に再び良質な実を収穫できるようにします。これを更新剪定といいます。

更新剪定のやり方は、7月下旬~8月上旬ごろ、株の1/3~1/2をばっさり切り戻し、株元から30cmほど離れたところにスコップを入れて根を切り、そこに化成肥料を施して追肥して大量の潅水をします。

その後、一カ月ほどすると新しい枝と根が伸びて、秋には再び良質な実がとれるようになります。

ただし、更新剪定すると夏の間に収穫できなくなって収量が減ります。夏の間も元気に育っていて実をたくさんつけているようであれば、更新剪定をしなくてもかまいません。

家庭菜園では、ナスを数本栽培して、半分だけ更新剪定するのもよいでしょう。

スポンサーリンク