家庭菜園に発生する主な病気

スポンサーリンク

植物の病気は、カビや細菌、ウィルスが原因でかかります。植物が病気にかかると、ひどい場合には枯れてしまいます。次に病気の種類と、かかった時の対処方法や予防の仕方を述べます。

青枯れ病

細菌の一種が植物の内部で繁殖するために起きる病気です。元気に育っていた植物が、はじめは水やり不足のように、日中に萎れ、夜になると一時的に回復するという症状を繰り返しますが、その後萎れたままになり、立ち枯れます。病気の進行が早く、まだ青色が残っている状態で枯れるのでこの名があります。トマトや、ナス、ピーマンは特にかかりやすい野菜で、イチゴ、インゲン、ジャガイモ、シュンギク、カブ、ダイコン、キュウリなどもかかることがあります。予防は水はけのよい土を作ることです。水やりは控えめに、高温時は地面の温度が高くならないように、敷き藁などでマルチングします。病気が発生した株は早めに引き抜き、他の株に感染しないようにします。

萎ちょう病

土中の糸状菌(カビの一種)に導管部が侵され、カブが弱って萎れ、ひどい場合には枯れてしまいます。ホウレンソウ、ニンジン、ダイコン、トマト、イチゴ、ネギなどで多発します。発生したら治療法はなく、病気に侵された株を引き抜いて焼却し、他の株への感染を防ぎます。植え付け前に土壌消毒をすると予防効果があります。

ウィルス病、モザイク病

ウィルスが感染して起きる病気です。ウィルスの種類が多く、キュウリ、ネス、トマト、ホウレンソウ、シソ、エンドウ、キャベツ、コマツナ、シュンギク、レタスなど多くの植物に感染します。発病してしまったら薬剤などで治療することは不可能です。ほかの株への感染を防ぐため、株を処分しなくてはならないので、何よりも予防が大切です。ウィルスはアブラムシやコナジラミなどの害虫が媒介します。これらの害虫を駆除することが大切です。また、指やハサミを介して感染することもありますので、消毒します。

うどんこ病

糸状菌(カビの一種)が繁殖することで起きる病気です。新芽や若葉などに白い粉を振りかけたようなカビが発生します。葉や茎の葉面の白い粉は胞子で、菌糸を植物内部に伸ばして栄養分を吸収しているため、茎や葉がねじれたり、萎縮し、ひどい場合には黄化して枯れてしまいます。キュウリやカボチャなどの夏野菜では下葉から発生し、徐々に植物全体が弱り、果実が大きくならず、食味が低下するなどの症状が見られます。夜間の湿度の高い環境で繁殖し、湿度の低い昼間には風に乗って蔓延します。窒素成分が多くカリが不足すると発生しやすいため、窒素過多にならないようにします。発生初期であれば、オルトランCの噴霧が効果的です。病気が進行して変形、黄化などが見られた場合は、治療は不可能ですので、発病部分を除去し、焼却します。ベンレート水和剤などを用いて発病前に予防することも大切です。

菌核病

糸状菌(カビの一種)に茎葉が侵され、軟化して、その茎より上部が枯れてしまいます。病斑部には白いカビが生え、のちに黒い塊ができます。主に茎葉に発生する病気ですが、地際の根や果実に発生することもあります。イチゴ、エンドウ、キャベツ、キュウリ、ピーマン、トマト、ナス、タマネギ、ハクサイ、レタス、ブロッコリー、ニンジンなど多くの野菜に発生します。発病初期にベンレート水和剤などのを1週間おきに2~3回散布します。地面に落ちる前に菌核を切り取って焼却処分します。予防のためには、間隔を空けて栽培するなど、風通しをよくすることが大切です。また、肥料に窒素分が多いと葉が茂りすぎるため、バランスをよくします。

黒星病

糸状菌(カビの一種)が感染することでかかる病気で、葉に淡い褐色あるいは黒い斑点が現れ、徐々に大きく広がってきます。やがて病斑部の周りから黄変し、落葉します。ナシ、リンゴ、ウメ、モモなどの果樹に発生しやすい病気です。比較的暖かく湿度の多い時期に発生します。発病した部位にはオルトランCなどの殺菌剤を散布します。発病予防にはベンレート水和剤を定期的に散布します。冬の休眠期に石灰硫黄合剤を散布し、越冬菌を殺菌すると、翌春の発生を抑制できます。

さび病

糸状菌(カビの一種)の感染で起きる病気で、さびが出たような斑点が広がり、胞子で伝染します。黒さび病、白さび病、褐さび病などがあり、赤星病もさび病の一種です。一般に葉の表面に白い斑点が現れ、やがて斑点は盛り上がって褐色に変わり、表皮が破れて黄色や赤褐色の胞子が飛び散ります。発生しやすい野菜は、シソ、タマネギ、ニラ(さび病)、カブ、コマツナ、ダイコン、チンゲンサイ(白さび病)、モモ、アンズ(褐さび病)、ナシ、リンゴ(赤星病)などです。初期ならマンネブダイセンM水和剤を1週間おきに2~3回ほど散布することで、被害の拡大を抑えることができます。発病した株は早めに抜き去り、焼却処分にします。

立ち枯れ病

土壌中の糸状菌(カビの一種)によって起きる病気で、植物の株全体が弱々しくなって、やがて下葉から黄色く変色し始めます。やがて立ち枯れたり、枯死してしまいます。地際部分の茎が腐敗して細くくびれ、根が腐ってきます。短期間で株が全滅してしまうこともあり、特に野菜では気を付けなければいけない病気です。病気が発生した株は直ちに抜き去り、焼却処分にして他の株への伝染を防ぎます。連作を避けることである程度予防できます。堆肥を使う場合は未熟な有機物を避け、完熟したものを使用します。

炭疽病

糸状菌(カビの一種)の一種である炭疽病菌が原因で、葉や枝葉、果実などに発生する病気です。褐色や黒色のややへこんだ楕円形の病斑が現れます。発生しやすい野菜は、イチゴ、コマツナ、スイカ、カキ、モモ、リンゴなど多数あります。病気が発生した部位は早めに切り取り、焼却処分にします。風通しが悪いと発生しやすいので、込み合った枝葉は剪定します。水やりの際、水が地上近くの葉にかからないようにします。

軟腐病

土中の細菌が傷口から侵入し、地際部分がとろけるように軟化して腐敗します。腐敗した部分は強い異臭を放ちます。キュウリ、ピーマン、ナス、ダイコン、キャベツ、ハクサイ、ニラ、ネギ、レタス、ニンジン、ジャガイモ、トマトなど組織の柔らかい野菜に多く発生します。薬剤による治療は不可能で、病気の見つかった株は早めに抜き取り焼却処分にします。予防は植物に傷をつけないことが一番です。害虫の防除も大切です。日ごろから雑草を駆除し、畑の排水をよくし、水をやりすぎないようにします。

根こぶ病

株に元気がなくなり、日中には萎れ、朝夕には回復するということを繰り返します。次第に生育が悪くなり、のちに枯死します。アメーバ状をした糸状菌が新根や根毛に侵入して、根の細胞が異常増殖し、コブができます。キャベツ、コマツナ、チンゲンサイ、ハクサイ、カブ、ダイコン、ブロッコリー、カリフラワーなどに発生します。防除は不可能で、発病した株をコブが付いた根ごと抜き去り、焼却処分にします。用具はよく洗浄し、消毒します。畑の水はけをよくしたり、石灰を施したりして、土壌酸度を中性にすると発生を減らせます。

灰色かび病

茎、葉、つぼみ、花などあらゆるところに発生する病気で、はじめ淡褐色の斑点が生じ、やがて灰色のカビに覆われる病気です。ボトリチス菌が病原菌で、ボトリチス病と呼ばれることもあります。ナス、キュウリ、イチゴが発病します。見つけ次第、切り取って焼却処分にします。花がらも発病の原因となりますので、こまめに摘み取るようにします。風通しが悪く、湿度が高いと発生しやすいので、込み合ったところを剪定し、密植を避けて通気を図り、乾燥気味に管理します。

べと病

糸状菌(カビの一種)による病気です。葉に黄色い斑点がいくつも現れ、斑点が大きくなって、大きな褐色の病斑となります。病斑部位の葉裏にはカビが生えます。ブドウ、メロン、カボチャ、キュウリ、ホウレンソウ、ネギ、シュンギク、ダイコン、ハクサイなどに発病します。発病した葉は早めに摘み取り、焼却処分します。落葉した葉も翌年の伝染源になりますので、こまめに集めて焼却します。日当たりや風通しが悪いと発生しやすくなりますので、密植を避け、水やりに注意し、葉が乾きやすい環境にします。

スポンサーリンク