大根の育て方まとめ

スポンサーリンク

大根

葉は栄養価の高い緑黄色野菜で、根も葉も食べることができ、むだなくぜんぶ食べられます。

本来20℃前後の冷涼な気候を好む野菜ですが、たくさんの改良品種があり、季節にあった品種を選べば一年じゅう栽培することができます。

もっとも人気の青首大根は、大きさが手ごろで、みずみずしくて味は甘く、生でも煮てもおいしい品種です。

各地で古くから栽培される伝統品種は、丸型の聖護院大根、大きなものは20kgを超える桜島大根、世界最長で150cmにもなる守口大根など、いろいろつくってみるとよいでしょう。

大根の育てやすい品種
大根の育てやすい品種
大根は、大きく青首大根と白首大根に分けられ、現在のスーパーに並ぶ大根はそのほとんどが青首大根の品種です。青首大根は、ス入り、裂根などの発生が少なく、病気にも強く、育てやすいことから、初心者の方からベテランの方まで楽しめる品種です。

詳しく見る

ミニ大根の育て方とコツ
ミニ大根の育て方とコツ
普通の大根の根長が40cmくらいなのに対し、ミニ大根は根長が20~25cmの食べきりサイズです。普通の大根よりも少ない肥料で育ち、条間20~25cmの密植ができ、家庭菜園の狭いスペースでもたくさん作れます。

詳しく見る

大根の育て方とコツ
大根の育て方とコツ
15~20℃の冷涼な気候を好み、暑さには比較的弱いものの、寒さには強く、適期に種をまけば、家庭菜園でもつくりやすい野菜です。もっともポピュラーな大根は青首大根ですが、いろいろとつくってみるのもよいでしょう。

詳しく見る

畑に埋めて保存した大根
大根を畑に埋めて長期保存
大根を畑で長期保存したいときは、霜が降りる前にいったん抜き取って、深い穴に大根を埋めます。この方法で3月ごろまで保存できます。

詳しく見る

収穫した大根
大根の珍しい品種
家庭菜園で育てやすくて人気の大根といえば、耐病総太りやYRくらまなどの青首大根ですが、大根には各地で独自に根づいた伝統品種も数多くあります。定番の青首大根といっしょに、店頭で見かけない個性的な大根も栽培してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

スポンサーリンク