大生姜の栽培レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大生姜を栽培してみましたが、手間もかからず、雑草にも負けず、差し上げる分も、家庭で使う分も、十分に収穫できました。

収穫した大生姜

小生姜は、たしかに栽培しやすかったけど…

小生姜は、根が細かすぎて、料理に使うには今一でした。妻が、体温を上げたいとかで、毎朝、紅茶に生姜をすって入れて飲んでます。小生姜は栽培しやすくて、十分な量を収穫できましたが、絡みあった根の間の土を洗い流すのが大変でした。

そこで、今年は大生姜を栽培することにします。スーパーなどで売られているような、一般的な生姜というと、大生姜のことのようです。中生姜というのもあるようですが、大生姜の方が貯蔵に向いてるようです。

去年に収穫した小生姜

これは、去年に収穫した小生姜です。根が絡み合っているのが、見てとれるかと思います。

大生姜の種生姜を植え付け(2014年5月7日)

畝を立てて整備したところ

畝を立てて整備したところです。去年はマルチをして栽培しましたが、今年はマルチをしないで栽培してみます。

大生姜の種生姜

一月くらい前に購入した、大生姜の種生姜です。畑に植え付けることができず、放ってました。

バラしたところ

バラしたところです。芽が2個~3個つくように分けるようですが、どれが芽か分からなくて、適当な大きさに分けてみました。

間をあけて植えてみました

種生姜を畝において、位置を決めたところです。10cm程度に密に植えるようですが、間をあけて植えてみました。

穴に種生姜を入れたところ

大生姜の発芽を確認(6月30日)

大生姜の発芽を確認

マルチをしていないので、雑草が凄い育ってます。種生姜を埋めてから一月あまりが過ぎて、ようやく発芽を確認することができました。

大生姜の畝の除草を行う(1回目)(7月8日)

雑草に埋もれると、生育が悪くなるかと思いまして、雑草を取り除きました。

除草を行う

埋めた種生姜のほとんどが発芽しました。

大生姜の畝の除草を行う(2回目)(8月6日)

また雑草に埋もれる

雑草にまた埋もれました。雑草の勢いが凄くて、手に負えません。

また除草を行う

また除草をしました。

大生姜を収穫(11月8日)

大生姜の地上部

植え付けが遅れたせいか、株間が広すぎたせいか、地上部はそれほど育ちませんでした。

収穫した大生姜

大生姜を収穫したところです。地上部のわりには、地下部の根は育ってました。種生姜と比べて倍くらいの大きさになってます。種生姜は古根生姜といって、これも食べられます。今年にできた分は新生姜で、植え付けた種生姜は古根生姜です。古根生姜は新生姜よりも辛みが強いのが特徴です。

古根を含めると3倍になりましたので、家庭で使うには十分な収穫量となりました。

一度に収穫せず、株元に土を被せて保存してます。必要に応じて掘り上げて消費していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 金山鉄男 より:

    大生姜が沢山取れましたね
    今年チャレンジします
    種芋お多福は1kgを手配しました
    これから畝立てを実施したいと思います、アドバイス下さい
    肥料は何をどの程度しますか
    乾燥に弱いとの事ですので籾殻で畑表面を覆う事を予定しています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。