家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

野菜栽培レポ

小カブ「はくれい」の栽培レポ

投稿日:

小カブ はくれい

生食でおいしい元祖サラダカブとして有名な「はくれい」を育てました。

はくれいは、肉質は緻密でやわらかく、甘味があるので、サラダでもおいしく食べられます。

中早生の小カブで、耐寒性、低温肥大性に優れ、根の形の崩れもなく、育てやすい品種です。

育てやすさもありますが、おいしいカブとして直売や家庭菜園で人気です。

「はくれい」の種を購入


楽天:はくれい みかど協和交配

楽天の太田のタネさんで種を購入しました。

種まき(2017年9月5日)

はくれいの種まき

畑に元肥、苦土石灰を入れて耕し、畝を立て、黒マルチを張り、マルチを20cm間隔ですじ状にカットし、すじまきしました。

小カブは生育が早いものの、アブラナ科の野菜で害虫がつきやすいので、防虫ネットでトンネルして予防します。

防虫ネットでトンネル

1回目の間引き(9月11日)

1回目の間引き

発芽がきれいに揃いました。

双葉が開いたので、葉が触れ合っているところを間引き、株間を2~3cmくらいにしました。

2回目の間引き(9月25日)

2回目の間引き

本葉が3~4枚になったので、2回目の間引きを行い、株間を5cmくらいにしました。

生育中の様子(10月1日)

生育中の様子

害虫や病気の発生はなく、順調に生育しています。

生育中の様子

根の径が1cmほどにふくらみました。

収穫(10月17日)

収穫適期のはくれい

種まきから一月半足らず、根がぎゅうぎゅうに混み合ってきたので、収穫を始めます。

はくれいは中カブまでとれる品種なので、間引くように1株おきに収穫しました。

収穫したはくれい

根の色は乳白色、扁円形でよく揃ってます。

鶏肉と煮て食べましたが、やわらかくておいしかったです。

広告

広告

-野菜栽培レポ

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.