知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

サツマイモの栄養・効能

更新日:

サツマイモ

ビタミンCたっぷり!食物繊維たっぷり!カロリー控えめ!

サツマイモは、女性にうれしい美容食です。

ホクホクで甘いサツマイモの主成分はデンプンで、加熱することによって一部が糖質に変わり甘みが増します。

サツマイモはデンプンが多く、甘みが強いので、太ると思われがちですが、ごはんと比べるとカロリーは約0.8倍と低めです。

サツマイモには食物繊維がジャガイモの2倍も含まれ、腸の働きを活発にして、余分な脂質や老廃物の排除を助けるなど、肌荒れも改善されます。

食物繊維には、水溶性食物繊維も含まれ、腸の中で水を吸って膨らむため、満腹感を感じやすく、食べ過ぎを防ぐことができます。

切ると出てくる白い液は、ヤラピンという成分で、腸のぜん動運動を促進する働きがあるので、腸を刺激する食物繊維との相乗効果で、便秘解消にうってつけです。

ビタミンCはリンゴの5倍以上も含まれ、たっぷり含まれるデンプンによって熱から守られ、加熱しても損失率はわずかです。

デンプンに守られたビタミンCが活性酸素を押さえ、老化防止やアンチエイジング、美肌効果に期待できます。

肉質がオレンジ色のサツマイモにはビタミンAが多く含まれます。

紫芋には、老化に対抗する抗酸化作用のアントシアニンも含まれます。

ほかにも、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウム、銅などのミネラルも多く含まれています。

皮にはカルシウムがたっぷり含まれます。

ad




ad




-根を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2021 All Rights Reserved.