サツマイモの苗の植え方を分かりやすく解説します

スポンサーリンク

サツマイモの苗は、芋から発生した蔓の先端を切りとって使用します。植え方も特殊で他の野菜と異なります。

一度はサツマイモの植え方を調べたことがあるかもしれません。でも、実際にはどうやって苗を植えれば良いのか、分かりにくかったりしませんか?

ここでは、サツマイモの苗の植え方で一般的な「水平植え」を分かりやすく解説します。

サツマイモの水平植え
(水平植え)

準備するもの

  • サツマイモの苗
  • 紐、ロープ、メジャー、ハサミ、カッターから準備できるもの(植え付けの位置を決める)
  • ジョウロ(苗を植え付ける)

Step1:植え付け位置に切り込みを入れる

紐とメジャーとカッター(またはハサミ)を使って苗の植え付け位置に切り込みを入れます。

植え付け位置に切り込みを入れる

Step2:植え穴を作る

切り込みを広げて土を掻き出し、深さ5cm程度の植え穴を作ります。

植え穴を作る

Step3:植え穴に苗を置く

植え穴にサツマイモの苗を置きます。このとき、植え穴が深すぎれば土を戻して調整します。

植え穴に苗を置く

Step4:苗に土を被せる

土を苗にこんもり被せます。必ず葉が地上にでるようにします。

苗に土を被せる

Step5:被せた土を鎮圧する

被せた土を手で強く鎮圧します。

植え付けた苗の周りを手のひらで強く鎮圧

Step6:水をやる

最後にたっぷり水をやります。

植え付けたサツマイモの苗

スポンサーリンク