プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでスイスチャードを育てよう

更新日:

スイスチャード

スイスチャードは、砂糖の原料のテンサイや根を食用にするビートの仲間で、葉を食用にします。

暑さや寒さ、病害虫に強く、ほぼ一年じゅう栽培でき、葉を摘みとっても次々に葉が伸びてくることから、フダンソウ(不断草)の和名がついています。

赤、ピンク、黄色、オレンジなど葉柄と葉脈がカラフルで、濃緑色の葉とのコントラストが美しく、料理に彩りを添えてくれる美しい野菜です。

種まき40日から間引いてベビーリーフとして、60日くらいから外葉をかきとって収穫すると長く楽しめます。

ベビーリーフで収穫したやわらかな若い葉はそのままサラダに、大きく育った葉はおひたしや炒め物など、ホウレンソウと同じように利用できます。

猛暑に栽培できる数少ない葉もの野菜で、葉もの野菜が少なくなる夏場に重宝する野菜です。

栽培カレンダー

スイスチャードの栽培時期

スイスチャードの栽培カレンダーです。

暑さ寒さに強く周年作れますが、初心者には病害虫が少ない秋まきがおすすめです。

栽培メモ

科名
アガサ科・フダンソウ属
別名
不断草
難易度
やさしい
置き場所
日の当たる場所~半日陰
背丈
30cmくらい
種?苗?
種で育てる
生育適温
15~22度
追肥
2回目の間引きのあと
病害虫
病気:ベト病など
害虫:アブラムシ、ハモグリバエ、カメムシ、ヨトウムシなど

栽培のコツ!

  • 秋まきが育てやすい
  • 間引きながら収穫し、株間をしっかり広げる
  • 外葉からかきとって収穫する

プランター向きの品種

アイデアル、ブライトライトなど。

[アイデアル]
7色のカラフルな葉柄と葉脈が特徴の作りやすいスイスチャードです。
カラフルな色を利用してガーデニングでも楽しめます。

[ブライトライト]
葉は光沢のある濃緑色で、葉柄と葉脈が黄・赤・白色などに着色するスイスチャードです。
ベビーリーフや、草丈20cm以上の大株まで、いつでも収穫できます。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)、ラベル、防虫ネットセットなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種まき

スイスチャードの種

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

スイスチャードの株間

条間10cm、深さ1cmの浅い溝をつくり、1~2cm間隔で1~2粒ずつ種をまきます。

※株を大きく育てたい場合は条間を20cmにします。

スイスチャードの種まき

発芽するまで乾かさないように注意します。

[関連記事]
プランターでの種まき

害虫対策

防虫ネットで害虫対策

スイスチャードは害虫の種類が少ない野菜ですが、アブラムシ、ハモグリバエ、カメムシ、ヨトウムシなどの害虫が発生することがあります。

生育初期に葉を食害されると生育が著しく悪くなるので、防虫ネットを被せて育てると安心です。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

間引き・土寄せ

間引きを2回行い、本葉2~3枚までに5~6cm間隔にします。

2回目以降の間引き菜は、ベビーリーフとしてサラダで食べるとよいでしょう。

複数の色が混在しているので、色が偏らないように間引くとカラフルになります。

[1回目]
1回目の間引き
双葉が開いたら、2cm間隔になるように茎が伸びて徒長した株や葉の形が悪いもの、生育の遅い株を間引きます。
間引き後、株のぐらつきと根の乾燥を防ぐために左右から土を寄せ、根が土から出ないようにします。

[2回目]
2回目の間引き
本葉2~3枚で2回目の間引きをして、株の間隔を5~6cm程度にします。

[関連記事]
たくさん発芽させて間引きをしよう

追肥

追肥時期のスイスチャード

2回目の間引きのあと、株間とプランターの縁に少量の肥料を施します。

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

収穫

収穫適期のスイスチャード

草丈が20cm程度になったら、食べる分ずつ収穫します。

外葉からかき取って収穫することで、長く収穫できます。

収穫したスイスチャード

葉が大きくなるほどアクが強くなるので、早めに収穫しましょう。

注意する病害虫

病害虫はほとんどありませんが、アブラムシ、ハモグリバエ、カメムシ、ヨトウムシがつくことがあります。

よく観察して、見つけしだい駆除します。

密に植えてベビーリーフを楽しむ

スイスチャードには、ホウレンソウを泥臭くしたような独特の風味と、独特のえぐみがあります。

えぐみが苦手な人は、ベビーリーフで収穫するとよいでしょう。

プランターに種をばらまき、草丈10~15cmくらいまで育て、抜き取って収穫します。

ad

ad

-野菜別の作り方
-

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2017 All Rights Reserved.