プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでバジルを育てよう

更新日:

バジル

バジルは、ハーブの王様といわれるほどに香りがよく、イタリア料理や地中海料理に多く使われます。

熱帯アジア原産で、日本の高温多湿の夏に向き、生育も旺盛で、プランターでも簡単に育てられます。

摘みたての豊かな香りは格別です。

茎の先端を摘めばわき芽が次々と伸び、花を咲かせないように蕾を摘んでいくと、秋ごろまでたくさん収穫できます。

夏に花芽がつきますが、花が咲くと葉がかたくなるので注意しましょう。

[関連記事]
バジルの育て方(畑)

栽培カレンダー

バジルの栽培時期

バジルの栽培カレンダーです。

バジルは熱帯アジア原産で、寒さに弱いので、気温がじゅうぶんに上がる5月から栽培をスタートします。

栽培メモ

科名
シソ科・メボウキ属
別名
メボウキ、バジリコなど
難易度
やさしい
置き場所
日当たりのよい場所
背丈
50~80cm
種?苗?
種から育てる
生育適温
20~25度
追肥
1回目:摘芯した後
以降:2週間おき
病害虫
うどんこ病など
害虫:アブラムシ、ハダニなど

栽培のコツ!

  • じゅうぶん暖かくなってから種をまく
  • 摘芯してわき芽を伸ばす
  • 茂ってきたら収穫する

おすすめ品種

スイートバジル、レモンバジルなど。

[スイートバジル]
一般的な品種で、香りがよく、育てやすいバジルです。

[レモンバジル]
さわやかなレモンの香りのするバジルです。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)、ラベル、防虫ネットセットなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種まき

寒さに弱いので、気温がじゅうぶん上がってから種をまきます。

バジルの種

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

バジルの株間

条間を15cm、株間を15cm程度の間隔をあけて種をまきます。

バジルの種まき

一か所に3~4粒まいて、薄く土をかけ、軽く手で押さえてからたっぷりと水をやります。

発芽するまでは乾かさないようにします。

[関連記事]
プランターでの種まき

摘芯

草丈が20cmくらい

草丈が20cmくらいになったら、主枝を摘芯します。

本葉約10枚と12枚の間で茎を摘みとります。

主枝を摘芯することで、側枝の伸長が促され、収量を多くできます。

追肥

追肥

摘芯したら、株間とプランターの縁に肥料を施します。

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

収穫

収穫時期のバジル

葉が茂ったら随時収穫します。

収穫したバジル

花が咲くと株が弱るので、花蕾は早めに摘みとります。

気温が高くなると生育旺盛となり、収穫量も増えるので、乾燥させるか、冷凍保存します。

追肥

収穫後、2週間に1回、追肥を行います。

肥料が切れると下葉が黄色くなり勢いがなくなるので注意します。

注意する病害虫

アブラムシやハダニが発生することがあります。

よく観察して、見つけしだい駆除します。

ad

ad

-野菜別の作り方
-,

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2019 All Rights Reserved.