知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

菜園で長ネギを作ろう

投稿日:

冬の鍋ものや薬味など、食卓に欠かすことのできないネギ。

おもに土の中で白く伸びた部分(葉鞘部)を食べる長ネギと、緑の葉を食べる葉ネギがあります。

じっくり育てる長ネギを家庭菜園で育ててたくさん食べましょう。

菜園で作った長ネギ

長ネギは、種まきから育てると収穫まで長い期間がかかるため、6~7月に市販の苗を購入して庭や畑の菜園に植えるとよいでしょう。

白い部分を長くするには、肥料をしっかり与えることと、土をしっかり寄せることがポイントです。

10月頃から収穫でき、翌年の3月頃まで長く収穫できます。

[長ネギの作り方]

6~7月ごろに、鉛筆くらいの太さ育った市販の苗を購入して植えつけます。

幅15cm、深さ15cmくらいの溝を掘り、溝の中心に株間5cm程度に1~2本ずつ並べて植えます。

植えつけ後30日したら、肥料を与え、土を寄せます。

以降は、30~40日ごとに肥料を与えて土を寄せます。

秋になって気温が下がると甘みと風味が増しておいしくなります。

春になるとネギ坊主が出ると、かたくなって食べられなくなるので、早めに収穫しましょう。

ネギの育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。
長ネギの育て方とコツ|イチからわかる野菜の育て方

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2018 All Rights Reserved.