知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

菜園で白菜を作ろう

更新日:

白菜

白菜は、クセのない優しい味で、どんな食材とも相性がよく、とくに鍋には欠かせない冬の野菜です。

気温が下がって霜に当たった白菜は、寒さから身を守るためにデンプンがショ糖に変わるため、甘みが強く、そのおいしさは格別です。

食べごたえがあるのに低カロリーなので、たくさん食べられるのも魅力のひとつです。

家庭菜園なら好みの時期に収穫できるので、育ててたくさん食べましょう。

菜園で作った白菜

白菜は春まきと秋まきができますが、春まきは結球しにくいので、家庭菜園では秋まきが育てやすいでしょう。

最初、葉が大きく広がって成長し、冬になる前に葉が立ち上がって球になります。

結球させるポイントは、必ず適期に種をまき、本葉4~5枚の苗を植えつけることです。

白菜はアブラナ科でイモムシなどの害虫がつきやすいので、苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルして防ぎましょう。

[白菜の作り方]

9月初旬に種をまき、本葉4~5枚の苗を作ります。

苦土石灰と元肥を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルし、裾に土をかぶせて隙間がないようにします。

苗を植えつけて2週間ほどしたら、株のまわりに化成肥料を施します。

株の中心の葉が巻きはじめたら、2回目の追肥を施します。

しっかりと結球して、球の頭を押してみてかたくしまっていたら収穫します。

白菜の育て方について、詳しくはこちらのサイトを参照してください。
白菜の育て方とコツ|イチからわかる野菜の育て方

ad




ad




-葉茎を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2018 All Rights Reserved.