防虫ネットの張り方|手軽で簡単しっかり設置する方法

スポンサーリンク

防虫ネット

解説書や一般的な家庭菜園では、次のような防虫ネットの張り方が見られます。

  • 紐やゴムを使って支柱とネットを地面にがっちり固定する方法
  • 洗濯バサミでネットを支柱に固定する簡単な方法

ここでは、筆者が実際に行っている、手軽で簡単でありながら、しっかりと設置する方法を紹介します。

必ず揃えておきたい資材と道具

防虫ネットを張るために、必要な資材と道具を事前に揃えておきましょう。作業をスムーズに行えます。

  • ダンポール(グラファファイバーポール)
  • 防虫ネット(虫よけネット)
  • ゴムハンマー
  • プラ杭
  • Uピン
  • クワ

ダンポール(グラファファイバーポール)


Amazon:ダンポール(グラファファイバーポール)

FRPの特性を生かした支柱です。

  • FRPなので軽い。
  • 錆びないから長持ち。
  • 復元力が強くてまっすぐに戻るから、保管がしやすい。

防虫ネット(虫よけネット)


Amazon:防虫ネット(虫よけネット)

飛来する害虫を野菜に寄せ付けません。
透光性や通気性に優れており、また雨風から野菜を守る効果もあります。

防虫ネットの張り方

時間をかけて防虫ネットを張っても、害虫に入られてしまっては、せっかくの作業が無駄になってしまいます。

  1. 種まきのあと、植え付けのあとには、すぐにネットを張ること。
  2. 裾は隙間なく埋めること。

苗を植えて満足してしまうことなく、もう一頑張り。これらを必ず守って、野菜が安心できる環境をつくってください。

Step1:プラ杭を打ち込む

防虫ネットを地面にしっかり固定するために、畝の端の中間の位置に杭を打ち込みます。反対側も同じように行います。杭の打ち込みにはゴムハンマーを使用します。

※鉄製のハンマーを使用したり、横着して足で押し込むと、杭が破損したり折れてしまう恐れがあります。

杭を打ち込む

杭の位置

Step2:支柱でトンネルを作る

  • 支柱の間隔は1mくらい。
  • 一方を10cmから20cmくらいの深さで地面に差し込む。
  • もう一方をアーチ型になるように地面に支柱を差し込む。
  • 一番端の支柱は斜めにさす。

端を斜めにさすことで、支柱に均等に力がかかり、綺麗にネットを張ることができます。

また、手のひらの位置を持って地面に差し込むと、深さを均一に揃えられます。

支柱の位置

端の支柱のさし方

Step3:防虫ネットを被せて両端を地面に固定する

防虫ネットをトンネルに被せ、ネットの端は束ねて杭に回し、Uピンで押さえて地面に固定します。反対側も同じように固定します。ポイントは、防虫ネットをピンと張ることです。

防虫ネットの端を固定

ネットをピンと張る
(ネットをピンと張ります)

Step4:防虫ネットの裾を地面に固定する

Uピンで防虫ネットの裾を地面に固定します。なお、裾を埋めやすくするための固定なので、間隔は大雑把でかまいません。

Uピンで裾を固定

Uピンの位置

Step5:支柱で防虫ネットを押さえる

防虫ネットを上から支柱で押さえます。こうすることで、風が吹いてもバタつかなくなります。

防虫ネットを支柱で押さえる

Step6:防虫ネットの裾を埋める

最後に、防虫ネットの裾を完全に埋めます。これによって、隙間が完全になくなり、害虫の外からの侵入を防ぎます。

裾を土で埋める

これで、害虫の発生が少なくなり、人の手による駆除でも十分にまかなえるはずです。

スポンサーリンク