野菜の種のまき方|基本的な種まき方法をマスターしよう

スポンサーリンク

種まき中の様子

(種まき中の様子)

植物の種をまく瞬間は、いくつになっても誰もがワクワクするものです。けれども、「せっかくまいた種の芽が出ない」のでは、その先どうにもなりません。

そこで、発芽からその後の生育へとスムーズに進むために、基本的な種まきの仕方をしっかり身につけましょう。

ここでは、野菜の種まきの「基本」を解説しています。野菜の性質による種まきの違いについては、各野菜の育て方の中で詳しく解説していますので、参考にしてください。

準備するもの

  • 野菜の種
  • 紐、ロープ、メジャーから準備できるもの(種まきの位置を決める)

基本的な野菜の種のまき方

種まきには、「点まき」、「すじまき」、「ばらまき」の3つの方法があります。野菜の性質に適した方法を選択して行います。

3つの種まき方法

Step1:種まきの位置に印をする

作物にはそれぞれ栽培に適した間隔があります。株の間隔を「株間」、列の間隔を「条間」と呼びます。

種まき前に株間と条間を調べておき、紐とメジャーを使って種まきする位置に印をします。

種まきの位置決め

(紐とメジャーを使って種まき位置に印をしているところ)

Step2:種をまく

印をしておいた位置に種をまきます。

[点まき]

点まき

一箇所に数粒ずつ種をまきます。

[すじまき]

すじまき

すじ上(直線)に種をまきます。

[ばらまき]

ばらまき

畝の表面にまんべんなく種をまきます。

Step3:土をかぶせる

種の大きさの2倍~3倍の土を被せるようにします。ただし、発芽に光を必要とする好光性の種の場合(人参、インゲン、春菊など)は、ごく薄く土を被せるだけにします。

Step4:かぶせた土を鎮圧する

かぶせた土を手のひらで軽く押して鎮圧します。それにより、水やりで種が流れ出るのを防止できます。また、発芽に必要な水分を逃げにくくさせる効果もあります。

Step5:水をやる

最後に水をやります。水の勢いが強すぎると、種が流れてしまいます。優しく丁寧に行います。

スポンサーリンク