タマネギの苗の作り方|プランターと培養土で簡単に作れる

スポンサーリンク

タマネギの苗

(自分でつくったタマネギの苗)

タマネギの苗は、市販されているものを購入するか、畑に苗床を作って苗を作るのが一般的です。

しかし、畑で苗を作るには病害虫などのリスクが高いため、経験と知識が必要になります。

そこで、200本や300本の苗を自分で作るのであれば、プランターを使った苗づくりがおすすめです。

家でプランターに種をまいて苗を育てれば、病害虫の被害を受けにくく、簡単にタマネギの苗を作ることができます。

この方法であれば、初心者でもよいタマネギの苗を作ることができます。

タマネギの苗を作る時期

タマネギの苗作りの時期

※品種や地域によって栽培時期は異なります。事前に確認してください。

9月15日~20日までに種をまき、11月中旬に畑に植えます。

タマネギは苗のできで収穫がほぼ決まってしまうので、よい苗を作るためには、適期に種をまくことが重要です。

苗を育てる場所

畑にプランターを置いて苗を作ることもできますが、家であれば病害虫の心配があまりありませんので、庭の隅などにプランターを置いて苗をつくります。

雨が当たる、日当たりの良い場所で苗を育てます。

苗を育てるプランターを用意する

タマネギの苗を作るプランター

空いているプランターを使用します。なければ、発泡スチロールでも代用できます。

発泡スチロールを使用する場合は、底にドライバーや鉛筆などでたくさん穴を開けて水はけをよくします。穴を開けないと、水がたまって根腐れします。

土を用意する

タマネギの苗を育てるのに用意する土は、JAで扱われている培養土がおすすめです。必ず肥料が混ぜ込んである培養土を使用してください。

培養土の「元気くん」シリーズがとくにおすすめですが、名称などが変わることがありますので、JAに相談してください。

種まきを行う

タマネギの種まき

プランターの中に培養土を8分目まで入れ、5cm間隔で軽く溝をつけ、溝の中に1cmほどの間隔で種を条まきし、溝の両側の土をつまんで種にかけ、手のひらで表面を軽く押さえます。

最後に水をたっぷりやり、新聞紙をぬらしてかぶせ、発芽までは絶対に乾かさないように注意します。

発芽したら新聞を取り除きます。

苗作り中の管理

生育中のタマネギの苗

種まき後、土が乾いているようであれば水をやります。

発芽して混み合ってきたころに間引きを行い、最終的に株間が2~3cmになるようにします。

植えつけまでに目指す苗の太さ

出来上ったタマネギの苗

植えつけ適期の11月中旬までに、葉の数3~4枚、、茎の太さが5~6mm(鉛筆より少し細いくらい)の苗に育てます。

タマネギの苗

タマネギの苗の太さ

スポンサーリンク