サツマイモの支柱栽培|わずか一畳の畝でもできる面白い栽培方法

スポンサーリンク

サツマイモの支柱栽培

(サツマイモの支柱栽培)

サツマイモの蔓(つる)は、放っておくと四方へと広がってしまい、栽培には広い場所が必要であると思いがちです。しかし支柱栽培ならば、わずか一畳(90cm×180cm)ほどのスペースであってもサツマイモを栽培することができます。

支柱栽培とは、蔓性の植物を支柱に這わせて生育させたり、支柱に張った紐やネットに蔓を這わせたりするものです。

ただし、支柱栽培は支柱に巻きついて登っていく蔦(ツタ)性の作物、例えばインゲンやキュウリなどの栽培に向く方法です。しかし、サツマイモは蔓性であっても蔦性ではないため、自ら支柱に蔓が巻きつくことはありません。

そこで、支柱に張った紐に蔓を紐に縛りつけてやります。そうやって蔓を高く上へと誘引することにより、狭いスペースでもサツマイモを栽培することが可能になります。

支柱栽培の道具

  • 支柱

支柱栽培の作り方・手順

サツマイモの支柱栽培の手順

Step1:苗を植え付ける

サツマイモの苗を通常通りに植え付けます。

サツマイモを通常通り植えつける

Step2:支柱を立てて紐を張る

畝の四隅に支柱を立て、紐を張ります。

四隅に支柱を立てて紐を張る

Step3:紐に蔓を縛りつける

蔓が伸びてきたら、張っておいた紐に蔓を縛りつけます。

紐に蔓を縛りつける

Step4:さらに紐を張り、蔓を誘引する

蔓が地面に着くほどに伸びましたら、さらに高い位置に紐を張って蔓を縛りつけます。

繰り返し紐に蔓を縛りつける

蔓が伸びる度にこれを繰り返します。

さらに繰り返す

Step5:収穫

収穫の適期や方法は通常と変わりません。

支柱栽培で収穫した紅あずま

(支柱栽培で収穫した紅あずま)

支柱栽培で収穫した安納芋

(支柱栽培で収穫した安納芋)

支柱栽培のポイント

できるだけ太い支柱を使用してください。サツマイモの蔓はとても重く、細い支柱では折れてしまいます。

蔓はこまめに紐に縛ってください。縛らずに放っておくと、蔓が絡んでしまい、ほどくのに苦労します。

スポンサーリンク