マクワウリの育て方とコツ

スポンサーリンク

マクワウリ

マクワウリは、メロンの仲間で、プリンスメロンの交配の元になっているウリです。

日本に入ってきたのは2~3世紀頃といわれ、古い歴史があります。

シャキッとした口あたりと、あっさりとした甘みが特徴で、メロンが出回るまではよく食べられていました。

マクワウリの育て方

栽培中のマクワウリ

いろいろな品種があり、丸、円筒、俵、扁円などの形があり、黄、緑、白などの色があります。

丈夫で育てやすく、たくさんとれることから、家庭菜園での人気が急上昇しています。

栽培の概要

生育温度 25~30℃
土壌酸度 6.5~7.0
連作障害 あり。できれば3年以上あける
品種 金太郎など
元肥 苦土石灰と元肥を入れる
苗の植える時期 気温がじゅうぶんに高くなってから(5月)
苗の植え方 畝幅:90cm
黒マルチ:有効
株間:1列、80cm~1m
栽培中の管理 ウリハムシ対策:防虫ネットなどでトンネルする
追肥:1つめの実が卵大になったころ
収穫 実からわずかに芳香がしたら
病害虫 害虫:アブラムシ、ハダニ、ウリハムシなど
病気:ベト病、うどんこ病、つる割れ病など

栽培のポイント

  • じゅうぶんに暖かくなってから苗を植える
  • 蔓が伸びはじめたら親蔓を摘芯する
  • 1つめの実が卵大になったら追肥する

栽培時期

マクワウリの栽培時期

生育適温が25~30度と高いので、じゅうぶんに暖かくなってから栽培をスタートしましょう。

育てやすい品種

[金太郎]
昔懐かしい香りと甘みのマクワウリ。
果実の重さは400g程度で、俵型で皮にツヤがあり、果肉は白です。
極早生で生育旺盛、育てやすいです。

畑の準備

畝

マクワウリは連作を嫌うので、マクワウリを含むウリ科の野菜を3年以上育てていない場所を選びます。

また、酸性の土壌に弱いので、酸性に傾いた土壌ではかならず石灰を施し、土壌酸度を調整します。

苗の植えつけの2週間前に、苦土石灰をまいてよく耕し、1週間前になったら、堆肥と化成肥料を施してよく耕し、畝を立ててマルチを張ります。

マルチは、雑草の抑制や、保湿や地温を上げる効果に期待できます。

写真では白黒ダブルマルチを張っていますが、生育初期に地温を上げたい場合は黒マルチを張ります。

苗の用意

マクワウリの苗

種から育てることもできますが、株数の少ない家庭菜園では苗を購入して栽培した方が経済的です。

本葉4~5枚の定植適期の苗を用意します。

苗を植える

マクワウリを植えた畝

生育に適した気温が25~30度と高いので、じゅうぶんに暖かくなってから苗を植えます。

1列で、株間を80cm~1mとり、植え穴を掘り、ポットから根鉢を崩さないように苗を取り出し、丁寧に植えます。

苗の株元に土を寄せ、軽く押さえて根と土を密着させます。

植えつけ後にたっぷりと水をやります。

マクワウリの苗を植えたところ

ウリハムシ対策

防虫ネットでトンネル

マクワウリは、ウリハムシがよく発生し、生育初期に食害されると著しく生育が阻害されます。

そのため、苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルして防除します。

摘芯

摘芯

苗の植えつけから2~3週間たって蔓が伸びはじめたころ、親蔓を摘芯します。

摘芯することで、子づるの発生が促されます。

防虫ネットの裾を開ける

防虫ネットの裾を開ける

マクワウリは雄花と雌花が別々に咲くため授粉が必要です。

防虫ネットをしていると昆虫による受粉が行われないため、昆虫が防虫ネットの中に入れるように裾を少し開けます。

追肥

栽培中のマクワウリ

1つめの実が卵大になったころ、化成肥料を追肥します。

1つめの実が卵大になったころ

収穫

収穫適期のマクワウリ

開花後35~40日くらい経ち、わずかに芳香がしたら収穫適期です。

実のつけ根のところをハサミで切り取って収穫します。

収穫したマクワウリ

マクワウリを切ったところ

病害虫

マクワウリは、アブラムシ、ハダニ、ウリハムシなどの害虫がついたり、ベト病、うどんこ病、つる割れ病などの病気が発生します。

病気は、耐病性のある品種を選びます。

また、風通しが悪いと病気が発生しやすくなるので、水はけをよくし、枯葉をとり除きます。

ウリハムシなどの害虫は、防虫ネットでトンネルして防ぎます。

スポンサーリンク