プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでミツバを育てよう

更新日:

ミツバ

ミツバは、1本の葉に3枚ずつ葉がつくことからこの名前がつきました。

日本をはじめ、東アジアに広く自生しているセリ科の野菜です。

日本では古くから野草として食べられてきましたが、本格的に栽培されるようになったのは江戸時代からです。

さわやかな香りとシャキシャキとした歯応えがあり、繊維質も豊富です。

山の湿った半日陰に自生しているので、少し日当たりの悪い場所でも育ちます。

逆に、真夏の日差しが強い時期は遮光する必要があります。

乾燥にも弱いので、夏場の水切れに注意します。

栽培方法によって呼び名が異なる

ミズナは栽培方法によって根ミツバ、切りミツバ、糸ミツバに大別されます。

野生のミツバは葉が大きくて茎も短く、香りが強く歯ごたえがあります。

プランターで育てると野生に近いミツバになります。

[根ミツバ]
土寄せをして一部を軟白化させたもので、茎の下部が白くなっています。
風味が強く、根も食べられます。
関東で好まれています。

[切りミツバ]
遮光して軟白したミツバを根元で切り取ったものです。
茎が長くて白く、葉は薄い緑色をしています。

[糸ミツバ]
露地や水耕栽培で密に栽培したものです。
葉も茎も緑色です。
一般的にスーパーなどで売られているミツバです。

栽培カレンダー

ミツバの種まき時期

発芽適温は18~25℃と高めなので、春に種をまく場合はじゅうぶんに気温が上がってから行います。

栽培メモ

科名
セリ科・ミツバ属
別名
ミツバゼリ
難易度
やさしい
置き場所
日の当たる場所~半日陰
背丈
15~20cm
種?苗?
種と苗のどちらでもOK
生育適温
15~20度
追肥
1回目の追肥:最後の間引きの後
以降の追肥:生育の様子を見て
病害虫
病気:ベト病、モザイク病など
害虫:アブラムシ、ハダニなど

栽培のコツ!

  • 好光性の種なので、種まき後の覆土はごく薄くする
  • 夏の直射日光に弱いので、夏場は遮光する
  • 乾燥したら水やりをする
  • 必要な分だけ切り取って収穫する

プランター向きの品種

白茎三ツ葉(関西系)、白茎三ツ葉(関東系)など。

[白茎三ツ葉(関西系)]
関西系の青ミツバです。

[白茎三ツ葉(関東系)]
関東系の青ミツバです。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)、ラベル、防虫ネットセットなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種まき

種まきの準備

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

ミツバの種まきの間隔

ミツバは発芽率があまりよくないので、多めに種をまいて間引きを行います。

3列、条間10cm、深さ1cmの浅い溝をつくり、1~2cm間隔で多めに種をまきます。

ミツバの種まき

ミツバの種は好光性で、種に光が当たって発芽が促進されます。

種にかける土はごく薄くかけて、手のひらで種と土を密着させ、水をやります。

発芽するまで乾燥させないように注意します。

[関連記事]
プランターでの種まき

害虫対策

防虫ネットを被せて虫よけ

ミツバは害虫の少ない野菜ですが、アブラムシやハダニがつくことがあります。

防虫ネットを被せることで被害を軽減できます。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

水やり

ミツバは湿り気のある土を好むので、土の表面が乾いたら水やりをします。

とくに夏場は水切れしやすいので注意します。

間引き・土寄せ

間引きを2回行い、本葉3~4枚までに5cm間隔にします。

密植えぎみにすることで茎が長くなりやわらかくなります。

2回目の間引き菜は、みそ汁やお吸い物の具などに利用できます。

[1回目]
1回目の間引き
双葉が開いたら、2~3cm間隔になるように間引きます。

[2回目]
2回目の間引き
本葉3~4枚で2回目の間引きをして、株の間隔を5cm程度にします。
間引きの後に軽く土を寄せます。

[関連記事]
たくさん発芽させて間引きをしよう

追肥

2回目の間引き後に追肥し、以降は生育を見ながら2週間に1回のペースで行います。

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

収穫

収穫時期のミツバ

種まきから約2か月くらいで収穫できます。

使う分だけハサミで葉を付け根から切り取って収穫します。

収穫したミツバ

再収穫

再生したミツバ

葉を切り取って収穫することで、新しい葉が出て何度でも収穫できます。

長く収穫を楽しむには、肥料を切らさないように注意します。

花が咲くと葉がかたくなるので、早めに花を摘みとります。

注意する病害虫

防虫ネットで覆っていてもアブラムシ、ハダニが発生することがあります。

よく観察して、見つけしだい駆除します。

ad

ad

-野菜別の作り方
-

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2019 All Rights Reserved.