プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでニンニクを育てよう

更新日:

ニンニク

丈夫で育てやすく、いろいろな料理に使われ、疲労回復や滋養強壮などスタミナ野菜としても知られるニンニク。

秋にホームセンターや園芸店で種球を購入して植え付け、冬を越し、翌年の初夏に収穫します。

収穫まで時間がかかりますが、手間がかからず、病害虫も少なく、初心者でも育てやすい野菜です。

[関連記事]
ニンニクを食べよう!
ニンニクの育て方(畑)

栽培カレンダー

ニンニクの栽培時期

プランター向き品種の栽培カレンダーです。

栽培メモ

科名
ヒガンバナ科・ネギ属
別名
大蒜(おおびる)
難易度
ふつう
置き場所
日当たりのよい場所
背丈
50cmくらい
種?苗?
種球から育てる
生育適温
15~20度
追肥
2月上旬と3月上旬の2回
病害虫
病気:さび病、軟腐病、春腐病など
害虫:アブラムシ、ダニ類、アザミウマなど

栽培のコツ!

  • 地域に合った品種を選ぶ
  • 適期に植えつける
  • 鱗片のとがった方を上にして植える

プランター向きの品種

寒地向き:福地ホワイト、富良野など。
暖地向き:壱州早生、上海早生、鳥取ホワイトなど。

寒冷地系の品種と暖地系の品種があり、地域に合った品種を選びます。

ニンニクの種球を入手する

ニンニクは、通常種子ができないため、鱗片(りんぺん)を植えて育てます。

鱗片とは、球を形成している片のことです。

種球は、ホームセンターや園芸店などで入手できます。

極端に小さいものや、形の悪いものは避け、つやのよい形のそろったものを選びましょう。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×1)、ラベルなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種球の植え付け

植え付けが遅れると球が肥大しにくくなるため、適期に植えることが大切です。

ニンニクの鱗片

球の場合は、1片ずつ丁寧にばらしておきます。

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

ニンニクの植え付け間隔

条間を15cm、株間を10~12cmの間隔をあけて、片を包んでいる皮ははがさずに、とがっているほうを上に向けて土の上に置きます。

芽が土から3cmぐらい入るまで押し込み、土を被せ、水をやります。

鱗片を土に押し込む

土を被せる

追肥

追肥

追肥は、越冬後の茎葉が伸び始めるころ(2月上旬)と、球の肥大が始まるころ(3月上旬)の2回行います。

生育の様子を見て適量を与えましょう。

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

芽の摘み取り

ニンニクの芽

4~5月ごろ、トウ立ちして花芽が伸びはじめたら、茎に養分を回すために、手で摘み取ります。

摘み取ったニンニクの芽

摘み取った花芽はニンニクの芽として利用できます。

収穫

収穫適期のニンニク

葉の全体の30~50%が黄変したら収穫適期です。

掘り上げたニンニク

天気のよい日に抜き取ってプランターの上に置き、2~3日天日に干して乾燥させます。

注意する病害虫

越冬後から病害虫が発生しやすくなります。

害虫は、アブラムシ、ダニ類、アザミウマなどが発生することがあります。

病気は、さび病、軟腐病、春腐病などが発生することがあります。

害虫はこまめに観察して見つけしだい駆除し、病気が発生したらすぐに抜き取って処分します。

長く保存するには

吊るして保存

収穫したニンニクを長く保存するには、天気のよい日に抜き取り、プランターの土の上で2~3日乾燥させ、雨の当たらない風通しのよい場所に吊るすか、鱗片をばらしてネットに入れて保存します。

ad

ad

-野菜別の作り方
-,

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2021 All Rights Reserved.