トマトは脇芽の挿し木で苗を作れる

スポンサーリンク

植物によっては挿し木が難しいものもありますが、トマトは比較的簡単に発根しますので、脇から伸びてくる芽を使って簡単に苗を作れます。

病害虫が発生しているものは避けて充実した脇芽を選び、10cm程度の長さに切り取り、切り口を一昼夜水につけておきます。

挿し芽用土は、育苗用土を使用します。ポットやプランターに育苗用土を入れ、たっぷりと水をやり、茎を3~4cm挿し、周りを軽く押さえて茎と土を密着させます。

数日すると発根します。根が出たものは萎れていた先端が立ち、新芽が出てきます。2週間くらいしたら畑に植えます。

なお、脇芽かきしたものを畝の隅に挿しておき、根が出てピンとしたら定植するという方法もあります。ポットやプランターで挿し芽するのと比べると発根の確率は落ちますが、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

[トマトの脇芽の挿し木]

1.脇芽を10cm程度の長さに切る

切ってきたトマトの脇芽

2.脇芽を一昼夜水につける

脇芽を水につけてるところ

3.ポットに植える

脇芽をポットに植えたところ

4.畑に植える

根が出たトマトの脇芽

2週間くらいしたら畑に植えます。

スポンサーリンク